tori-i

ヨーロッパコノハズクの正しい飼い方や性格・寿命・歴史を解説

ヨーロッパ出身の「ヨーロッパコノハズク」の性格・特徴や平均寿命などをまとめました。平均寿命15年前後のヨーロッパコノハズクの長生きの秘訣は、飼い方や育て方にあります。意外と知らないヨーロッパコノハズクの歴史や名前の由来なども紹介します!

ヨーロッパコノハズクの基本情報

ヨーロッパコノハズクの画像

  • 原産国、地域 ヨーロッパ
  • 一般的な体重 0.92kg
  • 一般的な体高 体高16~21cm
Sponsored Link

ヨーロッパコノハズクの名前の由来

ヨーロッパコノハズクは名前にもある通り、ヨーロッパの地中海付近に生息しているフクロウです。
ヨーロッパコノハズクのコノハズクとは「木の葉のように小さなミミズク」という意味があるそうです。

ヨーロッパコノハズクの歴史

ヨーロッパコノハズクにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

現在調査中

ヨーロッパコノハズクの性格や特徴

ヨーロッパコノハズクには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。

それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことでペットが長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。

意外と知らないヨーロッパコノハズクの性格が見えてくるかもしれません♪

ヨーロッパコノハズクの性格

ヨーロッパコノハズクは大きく立つ耳羽が特徴的な小型のフクロウです。
体の色や模様は樹皮や木の葉によく似ていて、自然界では体の模様を生かし、木等にカモフラージュする事で天敵から見つかりにくくします。
フクロウは一般的に人間に懐き難い動物だと考えられていますが、このヨーロッパコノハズクは人間に懐きやすく、慣れさせれば手乗りを覚えさせる事もできます。
その小さくて可愛らしい容姿と人懐こい性格でフクロウの中でも大変人気の高いフクロウです。

ヨーロッパコノハズクの毛色

ヨーロッパコノハズクの毛の色や柄はこんな種類があります。

茶色

ヨーロッパコノハズクに似ているのは?

ヨーロッパコノハズクに似ている種類のペットはこちら!

なし

Sponsored Link

ヨーロッパコノハズクの飼い方としつけ方

種類によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

室内で飼う方が適しているペットもいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせるペットもいます。

もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。

ヨーロッパコノハズクに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。

ヨーロッパコノハズクはまるで木の葉のような色のとても小型のフクロウです。
その小さな体はとても可愛らしく重さは生卵1~2個分程にしかなりません。
その小さな体でちょこちょこと動き回る姿はとても愛らしいのですが、小さいからこその困った行動をしてしまう事があります。
その困った行動とは、狭い隙間に入り込んでしまう事です。
人間が気にしないようなほんの少しの隙間でもヨーロッパコノハズクからしてみれば冒険心をくすぐる遊び場、または隠れ家になってしまいます。
ですのでフクロウを部屋の中で自由に行動させる時は、家具の間の隙間を塞ぎ、フクロウが触れる位置に危ない物を置かないように注意し、絶対に目を離さないようにしましょう。

ヨーロッパコノハズクの飼い方

室内と屋外どっちで飼うのに適している?

ヨーロッパコノハズクは、室内で飼うことに適しています。

ヨーロッパコノハズクのオスとメスの違い

ヨーロッパコノハズクオス・メスそれぞれの性格の違いや行動はあるのでしょうか?

ヨーロッパコノハズクの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

現在調査中

ヨーロッパコノハズクのおすすめのエサ

ペットのエサは数えきれない種類があります。

何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサもペットによって様々です。

ヨーロッパコノハズクの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。

ヨーロッパコノハズクの食事はウズラやマウス、ヒヨコ等の生肉が主で、おやつにはコオロギ等の昆虫も食べます。
病気や偏食等で上手く栄養摂取ができない場合には栄養価の高いピンクマウスを適量与えると良いでしょう。
ただしヨーロッパコノハズクは大変小型のフクロウで、体重管理がシビアな為いずれも与えすぎには注意しましょう。
食事は1日1~2回で、体重の10分の1~5分の1くらいの量を目安に与えましょう。
生肉を与える時は臓器や糞、骨等を取り除き小さく切ってから与えるようにしましょう。

ヨーロッパコノハズクの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

ヨーロッパコノハズクの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約現在調査中です。

ヨーロッパコノハズクのお風呂のペース

ヨーロッパコノハズクは他のフクロウ同様暖かいお風呂に浸かったり、シャンプーで体を洗ったりはしませんが、お風呂やシャンプーの代わりに水浴びをします。
特にヨーロッパコノハズクは水浴びが大好きな個体が多く、水浴び姿も大変可愛らしいです。
出来れば何時でも水浴びができるように、常温の水をヨーロッパコノハズクのお腹が少し付くくらいの高さに溜めた水入れを用意してあげましょう。
水入れの大きさはヨーロッパコノハズクの体がすっぽり入るくらいが丁度良いです。
溜め水意外にも霧吹きを用意し体にかけてあげても喜んでくれますよ。

ヨーロッパコノハズクにおすすめのグッズ

ヨーロッパコノハズクを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

ヨーロッパコノハズクは水浴びが大好きな個体が多いので、ヨーロッパコノハズクの好きな時に水浴びができるようにケージやフクロウ用の部屋に水場を作ってあげましょう。
水場にはヨーロッパコノハズクの体がすっぽり入る大きさのタライ等を使用し、常温の水をヨーロッパコノハズクのお腹に少しつくぐらいの高さまで溜めてあげましょう。
深く水を溜めてしまうとヨーロッパコノハズクが溺れてしまう危険性があるので注意が必要です。
そしてこの水場は水浴びと水飲み用を兼ねているので常に清潔に保てる様定期的に中の水を替えてあげてください。

ヨーロッパコノハズクのかかりやすい病気

体質によって、かかりやすい病気は様々です。

自分のペットのかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

ヨーロッパコノハズクがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

趾瘤症、アスペルギルス症、オウム症、食中毒

ヨーロッパコノハズクのよく使う薬・サプリ

ヨーロッパコノハズクは肉食なので野菜や果物から栄養を補給する事ができません。
ですので1種類の食事ばかり与えていると栄養が偏ってしまいます。
そんな時はビタミンやミネラル、カルシウム等のサプリメントを適量与え、足りない栄養を補ってあげると良いでしょう。

ヨーロッパコノハズクの治療平均価格

ペットを飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

そして、治療費はペットの種類によってさまざまです。

現在調査中

ヨーロッパコノハズクの平均寿命と価格

ヨーロッパコノハズクの平均寿命

人間よりもとても寿命が短いペットたち。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

ですが、種類によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ヨーロッパコノハズクの平均寿命は15年前後です。

ヨーロッパコノハズクの価格相場

ヨーロッパコノハズクの価格相場は、25万円前後です。

ヨーロッパコノハズクを飼っている主な著名人

現在調査中

ヨーロッパコノハズクに関するまとめ

ヨーロッパコノハズクは木の葉の様な色のとても小さいフクロウです。
その小さい見た目は大変可愛らしいですが、小さい分とてもデリケートで他の種類のフクロウに比べて体調や体重の管理が難しくなります。
ですのでフクロウを初めて飼う方には不安も多く、あまり向かないかもしれません。
ですが、フクロウを飼う為の知識と環境がきちんと整っている方であれば、小型のフクロウなので女性の方でもお世話がしやすいと思います。
ヨーロッパコノハズクは人間に慣れにくい動物だと言われているフクロウの中では比較的慣れやすく、人懐こい種類のフクロウなので慣れさせれば手乗りや指乗りも覚えさせる事ができ、とても癒やされます。
通常のフクロウのお世話に加え、毎日の体調・体重のチェックが必要になりますので、1人暮らしの方よりは家族で飼育して常に誰かが一緒にいられる環境を作ってあげた方がフクロウ、飼い主共に安心できるのでオススメです。

関連記事

コメントを残す

*