赤とらの猫

モグニャンは尿路結石になりやすい危険フード?安全性を成分表で徹底確認!

モグニャンは尿路結石になりやすいから危険?逆に尿路結石予防になる?バラバラな情報が飛び交っているモグニャンを成分表から徹底的に調べてみました!また、おすすめの100円サンプルや原材料からみる栄養についてもまとめています。

今、愛猫家の中で話題になっているグレインフリーフードのひとつである「モグニャン」に注目してみました。

口コミでは「尿路結石になりやすいから危険」や「むしろ尿路結石予防になる」などとバラバラな情報が飛び交っています。

今回はモグニャンの成分表に基づいて、実際の安全性はどうなのか?グレインフリーってどうなの?といった疑問にお答えします。

Sponsored Link

グレインフリーフードとは

肉

グレイン=穀物(とうもろこし・小麦・米など)が使われていないキャットフードのことです。

猫は肉食動物なので穀物を使用しているフードは身体に悪い、栄養が偏って危険という意見があるので、まずはよくあるグレインフリーについての疑問にお答えします。

猫は穀物を消化出来ない?

結論から言うと、猫はきちんと穀物を消化することが出来ます

人間も、生米や小麦をそのまま食べるのではなく加工・加熱して食べますよね。

キャットフードに含まれる穀物も調理されているので十分消化吸収することが出来ます。

それよりも猫は炭水化物(糖類)を代謝するのが苦手なため、炭水化物40%以下のものを選ぶのが良いとされています。

穀物を食べて下痢などの消化器症状が出る場合は穀物アレルギーの可能性が考えられます。

その場合は動物病院でのアレルギー検査やモグニャンのようなアレルギーの危険性が少しでも少ないフードの使用をおすすめします。

穀物はアレルギーを起こす?

穀物を食べているとアレルギーを引き起こすので、グレインフリーが良いという情報も広まっています。

確かに、小麦に含まれるグルテンに反応してアレルギー症状が出る子がいることには間違いありません。

ですがそれはその子の体質であり、それ以上に肉や魚に対するアレルギーを持つ猫も多いのです。

グレインフリーフードが危険だと言う訳ではないので与えても良いのですが、穀物アレルギーのない猫に穀物を避けるメリットは特にありません

ただし、コスト削減のために穀物ばかりを使用した低品質なフードがあるのも事実です。

そういった面ではモグニャンは安心ですが、肉や魚、穀物、野菜など様々な食材をバランスよく摂るのも大切なことです。

モグニャンの原材料を分析

キャットタワーと猫

グレインフリーについては分かりましたが、本題のモグニャンはどのような製品なのか、まずは原材料を見てみましょう。

白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

魚を中心に、野菜や果物が豊富に使われているのでとてもヘルシーですし、気になる添加物や香料、着色料も不使用で安心出来る内容です。

使われている食材について、更に詳しく見て行きます。

白身魚

モグニャンの63%を占める白身魚(鱈)は良質なタンパク質で、高タンパクな食事を必要とする猫に適した食材です。

白身魚は消化にも良いので、成長段階のベビーから消化機能の衰えたシニアまで使えるオールステージ対応が謳われているのでしょう。

更にフィッシュスープも入っているので魚の風味が猫の食欲をそそる内容です。

さつまいも

さつまいもは食物繊維やカリウムが豊富な良質な炭水化物です。

大腸の運動を促進して便秘予防になるほか、腸内の善玉菌を増やしてくれる効果もあります。

また、ゆっくりと消化・分解されるため血糖値の上昇が緩やかで、腹持ちも良いというメリットがあります。

エンドウ豆

豆類にはビタミンB群が多いのですが、エンドウ豆は特にビタミンB1が豊富で、糖質をエネルギーに分解するための重要な栄養素となります。

疲労回復のビタミンとも呼ばれており、猫は人や犬よりも多くのビタミンB1を必要とするのでエンドウ豆は優れた食材です。

そして、他の豆には少ないビタミンAが多く視覚機能や皮膚・被毛の健康に役立ちます。

ひよこ豆

犬と違って体内合成が出来ないため、食事から摂取しなければならない葉酸が多く含まれています。

また、タンパク質をアミノ酸に分解するのに必要なビタミンB6が特に豊富で皮膚の健康や筋肉・血液を作るのにも役立っています。

骨や歯の健康に欠かせないカルシウムや他のミネラル類も多い栄養満点の食材です。

レンズ豆

脂質の代謝を促進し、成長を助けてくれるビタミンB2が豊富です。

老化の原因となる過酸化脂質の分解をする働きもあります。

また豆類の中でも鉄分が多く、その鉄分の吸収・造血を助けるのに必要な銅も含まれています。

サーモンオイルとアマニ

サーモンオイルとアマニには、オメガ3脂肪酸と言って、α-リノレン酸・DHA・EPAが豊富に含まれています。

これらは脳や眼の機能、心臓や血液系の健康、被毛の艶、関節の維持などの働きがあります。

ヒマワリオイル

ヒマワリオイルはオメガ6脂肪酸と言って、リノール酸が豊富に含まれている油です。

コレスレロールや中性脂肪を抑制したり、皮膚のバリア機能に必要なセラミドを作る働きがあります。

欠かせない栄養素ですが、過剰摂取による炎症の発生や発ガン促進作用があるため適度な摂取が必要です。

ミネラル類

原材料に硫酸○○などと見慣れない名前が並んでいますが、これらは食品添加物として認められている化合物です。

モグニャンに配合されている鉄・亜鉛・マンガン・銅・セレンは「微量必須ミネラル」と言って、量は少ないながらも体を正常に働かせるために必要なミネラルです。

酸素の運搬や、酵素・細胞・代謝機能などに関わっています。

ビタミン類

モグニャンにはビタミンA・ビタミンD・ビタミンEが配合されています。

これらは「脂溶性ビタミン」と言う脂に溶けやすいビタミンで、脂肪と一緒に摂取することで効率よく吸収されます。

過剰摂取すると体の脂肪組織に蓄積するため適度な摂取が必要です。

猫はビタミンAやビタミンDを体内合成出来ないため、食事から摂取しなければなりません。

また、ビタミンEは老化防止や黄色脂肪症の予防などの効果がある重要なビタミンです。

ビール酵母

ビール酵母とはビールの醸造に欠かせない発酵菌のことです。

麦汁の栄養を吸収しながらアルコール発酵さるためタンパク質・食物繊維・ビタミンB群・アミノ酸・ミネラルなどが豊富に含まれています。

消化不良や食欲不振にも効果があり、胃腸の調子を整える働きがあります。

オリーブオイル

オリーブオイルにはオイレン酸が豊富に含まれており、悪玉コレステロールを減らしてくれる作用があります。

また毛艶を良くしたり、便秘解消にも効果があります。

アルファルファ

アルファルファは、高タンパクかつカルシウムなどのミネラルなどが豊富な野菜です。

毒性があるとされていますが、植物には少なからず毒性がありますので、適量の摂取であれば良い栄養源となります。

バナナ

バナナには食物繊維が豊富で、腸内環境を整えたり便秘解消の効果があります。

またカリウムも多く含まれており、これには塩分を排出して高血圧を防ぐ作用が期待されます。

リンゴ

リンゴポリフェノールという抗酸化作用のある物質があり、

アレルギーの抑制

にも効果的です。

他にもコレステロールや糖の吸収を抑えたり、整腸作用もあると言われています。

クランベリー

クランベリーは泌尿器の健康維持に有効な果物です。

尿を酸性に傾けて細菌の増殖を抑えたり、膀胱を綺麗に保つ作用があります。

カボチャ

カボチャにはβカロテンやビタミンC、ビタミンEが豊富で、眼や皮膚、歯、骨などの健康維持に効果があるとされています。

腹持ちが良く、整腸作用や便秘予防も期待出来ます。

セイヨウタンポポ

ハーブティーやサプリメントにも使われている西洋タンポポは肝臓の働きや胆汁分泌を促して消化をサポートしてくれます。

利尿作用もあるため、老廃物を排泄してくれる効果もあります。

モグニャンの成分表を分析

メガネをかけた猫

原材料の質も勿論ですが、食べたものをどう代謝するかと言うのが更に重要です。

代謝とは、食べ物を消化・分解して吸収した栄養素を身体に必要な物質に変えることで、どんな働きの栄養素をどれだけ食べるかが大切なのです。

細かな全ての数値は分かりませんが、栄養バランスや、尿路結石との関連を知るには成分表が参考になります。

Sponsored Link

5成分の栄養素量

まずは、ペットフードに表示することが義務付けられている、粗タンパク質・粗脂質・粗繊維・粗灰分・水分の栄養素量です。

モグニャン の5成分は以下のようになっています。

粗タンパク質30.00%
粗脂質16.00%
粗繊維3.50%
粗灰分8.00%
水分7.00%

この成分表の表示や栄養基準はAAFCO(米国飼料検査官協会)という機関で制定されていて、日本を含め世界的な基準として認められています。

AAFCO基準をクリアしている=良質なフードだとは限りませんが、基本的な安全性の目安になります。

モグニャンはAAFCO基準をクリアしていますし、科学的研究や栄養学に基づいた製造を行っている大手メーカーのフードと比較しても大きな差はありません。

しかし成長期の子猫用として考えるとタンパク質・脂質・カロリーが控えめだなという印象です。

まだ離乳食を食べるような時期の赤ちゃん猫には、子猫用ミルクでふやかしたりなどすると良いでしょう。

とてもヘルシーなので、太りやすくなる避妊・去勢後の猫や、成猫〜老猫にはおすすめ出来ます。

ミネラル類

記事の冒頭で挙げた尿路結石にはこのミネラル類のバランスも関与して来ます。

なお、ホームページやパッケージには表記がなかったためメーカーに問い合わせて確認しました。

リン0.50%
カルシウム0.70%
マグネシウム0.20%
ナトリウム0.90%

まずリンとカルシウムは正常値で、AAFCOで定められているカルシウム:リン=1:1〜1:2のバランスもばっちりです。

他メーカーのフードと比較するとナトリウム・マグネシウム量が多めなのは確かですが、健康な猫には問題ない値でしょう。

モグニャンで尿路結石が出来たという噂は、元々の体質や飲水量など尿路結石が出来やすい素因を持っていた猫だった可能性が高いです。

ちなみに、動物病院で処方されている尿路結石用の療法食5種を調べるとマグネシウム0.06〜0.08%、ナトリウム0.24〜0.54%と市販フードよりも更に抑えられています。

すでに尿路結石のある猫や、過去に出来たことのある猫には療法食を与えましょう

必須脂肪酸

動物に欠かせない栄養素「脂質」の中でも食事から摂らなければならない「必須脂肪酸」で、必須脂肪酸にはオメガ6脂肪酸とオメガ3 脂肪酸があります。

モグニャンのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の配合はこのようになっています。

オメガ6脂肪酸1.00%
オメガ3脂肪酸2.10%

人では約「4:1」の比率が推奨されていますが、犬猫にとっての理想の比率ははっきりとは分かっていません。

現状ではオメガ6:オメガ3=5:1〜10:1が良いとされる意見が多いのですが、モグニャンはこのバランスが逆転しています。

問題になる数値ではありませんし、摂取が難しく不足しがちなオメガ3脂肪酸を摂れるというメリットにもなる反面、モグニャンのみを与える場合を考えると少し気になる比率です。

モグニャンが合うのはどんな猫?

ウトウトする猫

基本的にはどんな猫にでも与えることが出来るモグニャンですが、特にこんな子におすすめ!という特徴をご紹介します。

また「うちの子に合うかどうか心配…」という方には、1日1000名限定で行われている100円お試しサンプルがおすすめです。

アレルギー体質の猫

穀物不使用かつ、アレルギーになりにくい白身魚をメインに作られているモグニャンは、穀物アレルギーやその他アレルギー体質な猫にも与えることが出来ます。

アレルギーになりにくいとは言っても中にはもちろん魚アレルギーの子もいますので、まずはサンプルを試してみてアレルギー症状が出るようなら動物病院で検査を受けることをおすすめします。

好き嫌いが多い猫

香りと味わいを追及して、白身魚とフィッシュスープを配合し魚風味の強いモグニャンは好き嫌いの多い子、特にお肉より魚派!という子の食い付きが良いようです。

また粒の大きさが7mm程と小さく、小粒好きの子や老猫も食べやすいサイズになっています。

反対に大粒を好む子や、丸呑み・早食い癖のある子は少し注意が必要なので1度サンプルを試されることをおすすめします。

下痢をしやすい猫

モグニャンは消化に良い食材や、腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富で下痢をしやすい子や消化機能の衰えた老猫にも向いています。

口コミの中にはには「下痢や軟便になった」という意見もありますが、モグニャンに限らず食べ慣れないフードに変更したことで起こる下痢は珍しくありません。

まずはサンプルを少量ずつ、いつもの食べ慣れたフードに混ぜてみることから始めるのをおすすめします。

慎重な切り替えをしても下痢をしてしまう場合は、なんらかの病気やストレス、アレルギー反応である可能性も考えられます。

まとめ

長毛の猫

原材料には良質な食材がたっぷり使われていて、成分表に大きく外れている値もなく、危険性のないことが分かりました。

尿路結石は元々の体質や尿の濃さ、その他様々な物質の重なりで出来るため、モグニャンが原因となる訳ではなさそうです。

ただし、マグネシウム量が少し多めであることは確かですので尿路結石が出来やすい体質の子には合わない可能性はあります。

療法食の必要がない健康な猫には安心して与えられるフードだと言えるでしょう。

数に限りはありますが、100円で50gのサンプルを試せるモニターを募集していますので、気になる方は是非試してみて下さい。

コメントを残す

*