猫の片目がなんかおかしい?開かない時や涙が溜まっている時の対処法

猫が片目を閉じたままいると、あれ?なんかおかしいな、と思いますね。猫の片目が開かない時や、片目にだけ涙が溜まっているのは病気が原因かもしれません。猫の片目がおかしい時に考えられることや、対処法をしっかり理解しておきましょう!

猫が片目だけ涙を流していたり、片目が開かないなど、猫の片目がおかしいと感じることがありますね。

しばらくしたら治ってしまった、なんてこともあり、猫の片目がおかしくても自宅で様子を見ている方も多いでしょう。

しかし、猫の片目がおかしい時には、様々な原因が考えられるため注意が必要です。

そこで今回は、猫の片目がおかしいと感じた時に疑う病気と、片目が開かない時や涙が溜まっている時の対処法をご紹介します。

Sponsored Link

猫の片目が開かない時や涙が溜まる原因と対処法

顔を伏せる猫

そもそも、猫の片目がおかしいと感じる時には、必ず何らかの原因があります。

猫自身も目に違和感を感じることもあり、前足でしきりに目をこするといった行為をすることがありますね。

ここでは、猫の片目が開かない時や涙が溜まる原因について見ていきましょう。

目に異物が入った

猫の目に異物が入った場合に、猫の片目がおかしいと感じることがあります。

ホコリチリ、花粉排気ガス、抜け毛食べもののカスなど、異物となるものはたくさんあります。

人間でもよくあることですが、異物が入ると痛くて目が開けられなくなったり、異物を押し出すために涙が出ます。

猫も同様で、異物による違和感で片目が開かない、涙が出る、片目を気にしてこするといったことが起こるのです。

病気

猫の片目がおかしいと感じる原因には、病気によるもののこともあります。

病気といっても様々で、目の病気鼻の病気、気管支系の病気、中には歯周病リンパ種といった、あまり目には関係がないように思える病気もあります。

目やにで片目が開かない、涙が溜まる、涙を流し続ける、目を気にする、などの症状のほかに目の充血や目が腫れる、鼻水やくしゃみなど様々な症状が表れますが、自己判断はせずに動物病院を受診しましょう。

ケガ

猫の片目がおかしいのは、ケガが原因となることがあります。

顔をどこかにぶつけた、猫同士でケンカをしたなどのケガによって、目が腫れたり目の周りに傷ができる、もしくは眼球を傷つけてしまい、それらの痛みや違和感で片目が開かない、涙が溜まる、といったことも考えられるのです。

特に眼球を傷つけてしまった場合では、失明や感染症などのリスクも考えられますので、ケガをした場合は動物病院で治療を受けましょう。

猫種によるもの

猫の片目が開かない、涙が溜まりやすいという時に、その猫の生まれ持った特徴が影響していることがあります。

猫には、猫の目の上あたりに涙腺、目の下あたりに涙小管、鼻筋あたりに涙腺と涙小管を繋ぐ鼻涙管が左右にありますが、ペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどの鼻ぺちゃな猫種は、鼻涙管が狭いために詰まりやすく、涙がたくさん出てしまいます。

猫の片目がおかしいと感じた時に疑うべき病気

猫の片目が開かない時や、涙が溜まっている時の原因はお分かり頂けたと思いますが、ここでは猫の片目がおかしい時に、特に多く見られる病気についてご紹介します。

流涙症

猫の片目がおかしい時は、まず流涙症が疑われます。

涙が目に溜まり、溢れて流れ出してしまうほか目やにが大量に出るため、目が開かなくなってしまうことがあります。

流涙症の原因となるのは結膜炎角膜炎で、結膜炎は白目が充血するため分かりやすいですが、まぶたの裏側を覆っている結膜に炎症が起こっている状態で、結膜が赤く腫れるだけでなく、炎症によるかゆみや痛みを伴います。

また、角膜炎は目に異物やウイルスなどが入り込み、眼球の表面にある角膜に炎症を起こしてしまうことです。

異物を気にして目をこすりすぎてしまったり、猫同士のケンカで眼球に傷がついてしまうと角膜炎になりやすいため、注意が必要です。

猫風邪

猫の片目がおかしいだけでなく、ほかにくしゃみ鼻水などの症状が見られれば、猫風邪が疑われます。

猫風邪は猫にとって珍しい病気ではありませんが、1度猫風邪になった猫はウイルスが体内から消えることはほとんどなく、何かのきっかけで猫風邪の症状が表れます。

猫風邪は目やにが大量に出たり、結膜炎や角膜炎を併発することも多々あるため、目が開かない、涙が溜まるといった症状が起こるのです。

副鼻腔炎

猫の片目がおかしい、くしゃみや鼻水も出る、という猫風邪に似た症状ですが、副鼻腔炎も多く見られる病気です。

鼻の奥で炎症が起こり、鼻涙管が詰まりやすくなって涙が溜まる、涙が流れるという症状が表れます。

猫の片目が開かない時や涙が溜まっている時の対処法は?

昼寝中の猫

猫の片目が開かない時や、涙が溜まっている時に、どうにかしてあげたいと思う方もたくさんいると思います。

猫の目はとてもデリケートで、目の周りには細かい毛がたくさん生えているため、眼球を傷つけないためにも細心の注意が必要です。

涙が溜まっている、流れ出ている場合ではそっとティッシュで拭いてあげてもいいですが、ほかにどんな対処法があるのかみていきましょう。

Sponsored Link

猫の片目が開かない、涙が溜まっている時の基本的な対処法

猫の片目がおかしく、原因が異物でない場合では必ず動物病院を受診してください。

目の異変は様々な病気が考えられ、そのままにしておくと重病化し、失明二次感染、更には命に係わる重篤な症状が出ることもあります。

元気そうだから、食欲があるから、と様子を見てしまいたくなる気持ちもわかりますが、早期発見、早期治療が愛猫のためでもあります。

片目に異物が入って開かない、涙が溜まる時の対処法

通常であれば、涙によって目から異物が押し出されるため、片目がおかしいことはすぐに治りますが、猫がずっと片目を気にしているようであれば、異物が出ていないことが考えられます。

異物によって眼球を傷つけてしまうことがあるため、角膜炎予防のためにも猫用の目薬をさして異物を洗い流してあげる必要があります。

猫の目やにがひどくて片目が開かない時の対処法

目やにがひどくて片目が開かない場合には、人肌に温めたお湯でティッシュやコットンをたっぷり湿らせ、猫の目に優しく当てて目やにをふやかしてから、撫でるように拭きとってあげましょう。

また、頑固でなかなか目やにが取れない場合では、猫用の抗炎症目薬抗生物質の目薬を目のまわりに垂らし、目やにをふやかしてから目薬液も一緒に拭きとります。

猫の片目がおかしい時はきちんと対処してあげよう!|まとめ

今回は、猫の片目がおかしい時に考えられる原因や病気、片目が開かない時や涙が溜まっている時の対処法についてご紹介しました。

猫の目はとても繊細で、ちょっとしたことでも症状に表れます。

猫が片目を気にしていたり、開かない、涙が溜まるなどのことがあれば、自己判断せずに動物病院を受診しましょう。

コメントを残す

*