neko-i

トイボブの性格や特徴、詳しい飼い方と寿命や値段について調査

トイボブの性格や正しい飼い方・寿命・歴史など、基本的な情報を解説します。愛猫の特徴や性格を知って、毎日一緒に楽しく過ごしましょう!トイボブを飼おうと考えている方やすでに飼っている方、興味のある方もご覧ください

トイボブを飼っている、飼いたいと思っている方や興味のある方必見!
トイボブというねこちゃんはいったいどんな猫なのでしょうか?

猫は猫種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

今回はトイボブという猫種について詳しくご紹介!

特徴から性格、寿命や飼い方・しつけの方法については勿論、トイボブの出生の歴史や名前の由来など意外と知らないねこちゃんの情報を大公開します!

Sponsored Link

トイボブの基本情報

トイボブの画像


  • 原産国、地域ロシア
  • 一般的な体重1~2.5kg
  • 一般的な体高15~22cm
  • 平均寿命16年前後
  • 平均値段100万円以上

トイボブの名前の由来

ロシア原産の小型のボブテイルで「スキフトイボブテイル」とも呼ばれています。

トイボブの歴史

意外と知らない猫ちゃんの歴史。
猫ちゃんの出生の歴史を知ると、何となく性格や体の模様・体型などの謎が解けるかもしれません。

また、出生地の歴史が分かれば、飼い方についてもわかるようになりますね。

トイボブにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

トイボブの歴史は1988年ロシアで「メコンボブテイル」のブリーダーが拾った2匹の猫から始まりました。

その猫は「体が小さいメス」と「尻尾の短いオス」のシャム猫でした。

1988年に産まれた小猫の小ささが人々の目にとまり、小さい猫を作ろうと本格的に繁殖が行われるようになりトイボブが誕生しました。

ですが頭数がかなり少なかったため世界的に認定はされませんでした。

そして世界最小の猫として認定されたのはごく最近で、2011年にWCLに猫種認定をされました。

認定されてからまだ日が浅いので知名度も低いようです。

トイボブの性格や特徴

トイボブには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。
猫ちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになります。

また、性格や猫種の特徴を知る事で適切なしつけ方が見えてきたり、病期の前兆に気づきやすくなり寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

単頭飼いや、多頭飼いなどで多少性格は変わってきますが、大まかには同じなのでトイボブの性格について知っておくことがいい飼い主の必須条件になります。

トイボブの特徴や性格にはどんなものがある?

トイボブは「スキフトボブテイル」と呼ばれています。

シャム猫の間から生まれた猫種ということで見た目もシャム猫にそっくりです。

トイボブの1番の特徴は小さな体です。

尻尾は「ポンポンテイル」とよばれている3cm~8cmくらいの短さで、体重は成猫になっても1kg~2.5kgほどにしかならず他の一般的な子猫の4か月程度と同じ位のサイズです。

猫の中で最も小さいと言われていた「シンガプーラ」よりもトイボブの方が小さいです。

被毛は固めで、全体が白色で目、口、足の先、尻尾が濃い色で印象的でとても美しい品種になっています。

目はアーモンド型で青色をしています。

猫は警戒心の強い子のほうが多いですが、トイボブは警戒心が薄く人懐こく犬のような猫種です。

攻撃性もなく、飼い主さんが大好きで飼い主さんの近くに居たがる甘えん坊な性格です。

飼い主以外には人見知りということもなく誰に対してもフレンドリーです。

また猫らしくなく留守番などで独りぼっちになることが苦手です。

小さい体ですがとても活発で運動や遊ぶことも大好きです。

正式な猫種として認められたのがごく最近なのでまだ知名度も低く、世界最小なので1回の出産で生まれる子猫の数が少ないこともありとても希少価値のある猫種になっています。

トイボブのオスとメスの違い

猫種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や特徴は変わってきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんな飼い方しつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

トイボブの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:メスに比べると体格がよくメスよりも激しい遊びを好みます。

好奇心もオスのほうが旺盛です。

オスのほうが縄張り意識が強いです。

メス:オスよりも落ち着いています。

オスよりも周囲の警戒心が強いです。

マイペースで自分のペースを大事にします。

トイボブをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったねこちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

トイボブの価格相場は、100万円以上です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

トイボブの特徴

猫種によって色や柄、外見はそれぞれ違いがあります。
またそのような外見の特徴を掛け合わせたミックス猫も今人気が高くなっています。

トイボブの毛色やミックス猫にはどのような子がいるのか、見ていきましょう。

トイボブの毛色にはどんなものがある?

トイボブの毛の色や柄にはどんなものがあるのでしょうか?

ホワイトです。

トイボブのミックス猫

最近増えているミックス猫。
ミックス猫はお母さん・お父さんの猫種の性格や愛らしい部分、美しい部分を引き継いでいるため人々を魅了しています。

また、純血種はその猫特有の遺伝病を受け継ぎやすいのですが、ミックス猫の場合そのような遺伝的な病気のリスクが改善されていたり、病気になりにくくなったりと寿命が純血よりも長いという特徴もあります。

トイボブのミックス猫にはどのような種類があるのでしょうか。

なし

トイボブに似た猫種

うちの子の種類は本当にトイボブ?そんな疑問を持ったことはありませんか?

交配の段階で枝分かれした同じ血を分かち合っているかもしれない似ている猫種もご紹介!

性格や体格、特徴がなんとなく違うかも?と思ったらこちらの猫ちゃんたちも確認してみてください。

シャムトンキニーズ、バーマン

Sponsored Link

トイボブの飼い方としつけ方

猫種によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

もちろん、個体の性格によってしつけ方も全く変わってくるので、目安になります。

適切な飼い方をしてあげることで、猫ちゃんの健康寿命を延ばすことができます。

トイボブに適切な飼い方・しつけ方をご紹介!

トイボブの飼い方

トイボブは飼い主さんが大好きで飼い主さんの姿が見えないと大変寂しがります。

そのことがストレスになるので、留守番は短い時間が理想的です。

寂しい思いをさせてしまったらたくさん遊んだり撫でたりしてスキンシップをとってあげましょう。

ブラッシングをすることは被毛の清潔を保つことはもちろんトイボブとのコミュニケーションにもなります。

賢く利口なので、しつけも難しくなくわりとすぐに理解をしてくれます。

体の大きさに似合わずアクティブで遊びが大好きなのでキャットタワーなどを用意してあげるとよく遊びます。

トイボブは、室内で飼うことに適しています。

昔は室外で飼う事が猫本来の自由のためと言われていましたが、不運な事故や病気・怪我を防ぐため必ず室内飼いしてあげるようにしましょう。

寿命を延ばしてあげるためにも、飼い方や環境は適切なものを選んであげてください

トイボブにおすすめのエサ

猫ちゃんのエサというのは数えきれないほど販売されており、どれが適切なのかわからなくなってしまいますよね。

主に、体重や年齢、毛の長さや猫種ごとにも販売されています。

トイボブの体質に合った、健康的に寿命を延ばしてくれるエサの種類を紹介します。

消化がよく抗酸化に優れているサツマイモ。

抗菌、抗炎症を促進し免疫力を高める効果のあるマリーゴールド。

ストレスの軽減の効果がみられるカモミール。

穀物を使用していないグレインフリー。

ミネラルをたくさん含む海藻。

泌尿器系のケアに効果があるクランベリー。

これらが配合されているエサがおすすめです。

また、一度病気をしてしまったことがある子は予防に効果的な餌や体調に合わせて適切な餌を与えることが重要です。

猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。

猫ちゃんの好みの味を理解してあげてその子に合った餌を用意するようにしましょう。

トイボブの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

トイボブの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約2000円~7000円程です。

トイボブのお風呂のペース

トイボブのお風呂のペースは、猫は綺麗好きで毛づくろいを頻繁にするので基本的に定期的にシャンプーは必要ありません。

汚れが目立っているときなどにシャンプーをしてあげれば大丈夫です。

濡らしたタオルで拭いてあげるだけでも十分綺麗になります。

トイボブは短毛種で抜け毛はさほど多くはありませんが換毛期にはそれなりに抜けますのでしっかりと抜け毛を取り除いてあげましょう。

怠ると皮膚病や毛玉症(飲み込んだ毛玉が体内に溜まる病気)になってしまうリスクが高まります。

トイボブにおすすめのグッズ

トイボブを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

食事の時の姿勢が悪いと内臓などに負担がかかってしまうのでエサ台のようなエサのお皿の高さを調整できるものがあると良いでしょう。

猫は爪を研ぐことでストレス発散になりますので爪とぎがあると部屋の壁でされることもなく安心です。

また動物病院に連れて行くときなどにキャリーがあると便利です。

トイボブは遊び好きなので、おもちゃやキャットタワーを用意してあげると喜んでくれます。

平均寿命はどのくらい?いつまで一緒にいられる?

ペットとしての猫の歴史を見てみると室内外や適切な飼い方によって、飼い猫の平均寿命は延びていると言われています。

猫種によって大まかな平均寿命はありますが、適切なしつけや餌の与え方、飼い方をすることで猫の寿命は左右されます。

トイボブの平均寿命

人間よりもとても寿命が短いねこちゃん。

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した猫全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。
ですが、猫種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

トイボブの平均寿命は16年前後です。

トイボブのかかりやすい病気

猫種の体質によって、かかりやすい病気や平均寿命は様々です。
愛猫のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

スキンシップや、ご飯の食べるスピード・おトイレの状態など、猫ちゃんの健康状態を確認できるタイミングは多数あります。

動物は言葉を離せませんし、猫という生き物は痛みを我慢できてしまう動物です。

普段の生活に気を配り、少しでも体調が悪そうと感じたらすぐに病院へ行くようにしましょう。

トイボブがかかりやすい病気

トイボブがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

現在調査中

トイボブのよく使う薬・サプリ

お腹の調子を整えてあげるプロバイオティクス、目の健康にルテイン、Bカロチン、アスタキサンチン、老化防止にコエンザイムQ10、DHA、皮膚の健康にビオチン、セサミン、免疫力アップにアガリスク、スピルリナ、ラクトフェリン、乳酸菌、肥満防止にはLカルニチン、アルギニン、関節疾患予防にグルコサミン、コンドロイチン、肥満防止にはLカルニチン、アルギニン、が使われます。

トイボブの治療平均的な値段

猫を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

治療費など値段を確認し満足に払えるか吟味した上でねこちゃんをお迎えするようにしましょう。

目安として、初診料・1000円~2000円、往診料・2230円、輸血料・10000円、・レントゲン・3000円~10000円、全身麻酔・10000円~25000円かかります。

トイボブを飼っている主な著名人

現在調査中

トイボブに関するまとめ

トイボブの歴史が分かると性格やしつけ方についても何となく見えてくる気がしませんか?

ねこちゃんの特徴や性格が分かるとより愛着も沸くものです。

トイボブが日本に初めてやってきたのは2012年でまだまだ日が浅く知名度も低い猫種です。

日本でも徐々に頭数が増えつつありますが、大変希少でお値段は数百万は当たり前といわれている高額な猫種です。

とても友好的で飼い主さんが大好きで常に一緒に居たがる甘えん坊です。

一般的な猫とは違い見知らぬ人や猫にもとってもフレンドリーで、まるで猫のような性格をしています。

鳴き声も小さいので集合住宅などでの飼育もおすすめです。

この猫種は高額なお値段となかなか出会えないことがネックなところなので、繁殖が進み頭数が増えてくる今後に期待していきたいところです。

コメントを残す

*