amerikansyo-tohea-i

アメリカンショートヘアの寿命とは?体重でわかる病気のサインと予防法

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【アメリカンショートヘア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アメリカンショートヘアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アメリカンショートヘアのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アメリカンショートヘアの画像

アメリカンショートヘアの平均寿命は?

アメリカンショートヘアの平均寿命は、12年から13年といわれており、ほかの猫種と比べると平均して2年から3年ほど短命だといえます。

また雄と雌とでは、雌の方が寿命が長く、雄より1年くらい長生きだといわれています。

アメリカンショートヘアの寿命と長生きするコツ

アメリカンショートヘアの平均寿命は、12年から13年といわれており、ほかの猫種と比べると平均して2年から3年ほど短命だといえます。

また雄と雌とでは、雌の方が寿命が長く、1年くらい長生きだといわれています。

アメリカンショートヘアを少しでも長生きさせるためには、放し飼いより室内飼いが断然長生きできます。

室内飼いの方が平均すると2年長生きできるといいます。

これは、なぜかというと、放し飼いだと他の猫から感染症やウイルスの感染の危険性が高まるからです。

感染経路は多々あって、他の猫とのケンカでできた傷口からの侵入、飛沫感染、他の猫の排泄物などがあります。

また、アメリカンショートヘアは生活習慣病が多く、食事管理をして肥満にならないように注意したり、筋肉が衰えないように十分な運動をさせたりしましょう。

他に、狩猟本能を満たしてあげるためにおもちゃで遊んでストレスを溜めさせない、毎日ブラッシングをする、毎日ボディチェックをするなど、毎日スキンシップを行いながらケアしましょう。

Sponsored Link

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気は?

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気として、急性腎不全、関節疾患、糖尿病、皮膚疾患、肥満などがあります。

急性腎不全は、尿路結石が進行してなることもあるようです。

症状としては、下痢、嘔吐、脱水症状などで、急速に悪化していくことが多い病気です。

アメリカンショートヘア―の場合、腎不全は先天性・後天性どちらも可能性があります。

脱水が原因でなってしまう事も多いので、予防として、猫が好きな時にたくさん水を飲めるように水飲み場は多めに用意しておきましょう。

関節疾患は、症状としては、動きが不自然になった、ジャンプできないなどが挙げられます。

アメリカンショートヘアーの場合は、特に肥満によって体を支えられなくなって起こると考えられます。

食事制限と運動を組み合わせて肥満にならないように気をつけましょう。

糖尿病は、アメリカンショートヘアに限らず、家猫の多くがなりやすいと言われています。

原因はさまざまですが、運動不足による肥満やストレスによる発症が多いとされています。

予防法は、肥満を防止することです。

肥満を防止することは、他の生活習慣病予防にも良いので、食事管理や適度な運動をさせることによって、アメリカンショートヘアの生活習慣病を予防しましょう。

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気のサイン

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気として、急性腎不全、関節疾患、糖尿病、皮膚疾患、肥満などがあります。

急性腎不全は、一時的に腎臓の機能が機能しなくなる病気です。

急性腎不全のサインとしては、口臭が臭くなる、おしっこの量が少なくなるなどがあります。

最悪、おしっこが出なくなり、体の毒素を排出できなくなります。

関節疾患は、太りやすい猫種ならではの病気です。

太ると関節がすり減り、重症になると歩けなくなります。

糖尿病は、肥満や老化からくることも多く、いろいろな病気の元にもなるので注意しましょう。

肥満は、その他の病気の原因となることも多いので、体重の管理をきちんと行ってあげてください。

病気の予防法と対処法

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気として、急性腎不全、関節疾患、糖尿病、皮膚疾患、肥満などがあります。

急性腎不全は、尿路結石が進行してなることもあるようです。

症状としては、下痢、嘔吐、脱水症状などで、急速に悪化していくことが多い病気です。

アメリカンショートヘア―の場合、腎不全は先天性・後天性どちらも可能性があります。

脱水が原因でなってしまう事も多いので、予防として、猫が好きな時にたくさん水を飲めるように水飲み場は多めに用意しておきましょう。

関節疾患は、症状としては、動きが不自然になった、ジャンプできないなどが挙げられます。

アメリカンショートヘアーの場合は、特に肥満によって体を支えられなくなって起こると考えられます。

食事制限と運動を組み合わせて肥満にならないように気をつけましょう。

糖尿病は、アメリカンショートヘアに限らず、家猫の多くがなりやすいと言われています。

原因はさまざまですが、運動不足による肥満やストレスによる発症が多いとされています。

予防法は、肥満を防止することです。

肥満を防止することは、他の生活習慣病予防にも良いので、食事管理や適度な運動をさせることによって、アメリカンショートヘアの生活習慣病を予防しましょう。

アメリカンショートヘアの老化のスピード

個体差はありますが、猫の年齢が1歳のとき、人でいうとすでに15歳になっています。

その後、6歳のときに人でいうと40歳、11歳になったときには人でいうと60歳になる計算になります。

アメリカンショートヘアの老化に伴う外見の変化

猫は老齢になってくると、被毛のツヤがなくなったり、体が汚れがちになったりします。

それは、若い時と比べてグルーミング(毛づくろい)をしなくなるためです。

また、トイレ以外の場所で粗相してしまうこともあります。

他に、老齢の猫は寝ている時間が長くなります。

いつも出迎えに来てくれていた猫が来てくれなくなったりするとそれは老化のサインといえます。

アメリカンショートヘアの外見の変化

老猫におすすめのの食べ物は?

アメリカンショートヘアに限らず、老猫は、腎臓や心臓の機能が低下してくるので、腎臓や心臓に負担をかけない食事に気を配ることが必要です。

良質なたんぱく質を適度に摂るようにしましょう。

また、ナトリウムやリンを過剰に摂取しないようにすることで、腎臓や心臓の負担を減らすことが出来ます。

高齢猫期(7歳~10歳)は、食欲は以前と同じように見えても、運動量が低下し、消費するカロリーが減ることから、肥満になりやすい時期なので、成猫の頃よりも摂取カロリーを低くしてあげましょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アメリカンショートヘアのストレスを溜めないためには、部屋の中でしっかりと運動できる環境を整えてあげることです。

もともとねずみ捕りなどの狩猟をして生きてきた猫種なので、アメリカンショートヘアは活発で運動するのが大好きです。

成長してくると、ジャンプ力も高くなってくるので、しっかりとしたキャットタワーやキャットウォークを用意してあげてください。

狭いところに閉じ込めたり、窮屈な環境は、運動不足になるので控えてください。

運動不足は、ストレスを溜めるだけでなく、肥満の原因にもなります。

アメリカンショートヘアは、ただでさえ太りやすい猫種だといわれており、他の猫種と同じ量のエサを与えても太る場合があります。

肥満になると、糖尿病や関節疾患になりやすくなります。

飼い主がエサの量や運動量を管理して、未然に予防できるようにしてあげてください。

他に、狩猟本能を満たしてあげるためにおもちゃで遊んでストレスを溜めさせない、毎日ブラッシングをする、毎日ボディチェックをするなど、毎日スキンシップを行いながらケアしましょう。

アメリカンショートヘアの寿命に関するまとめ

アメリカンショートヘアは、もともとねずみ捕り用の猫として飼われていた猫です。

平均寿命は、10歳から13歳程度といわれています。

好奇心旺盛で人懐っこい猫で、鳴くことも少ないので、一人暮らしでも飼いやすい猫だといわれています。

他の猫種と同じように、急性腎不全、関節疾患、糖尿病、皮膚疾患、肥満などになりやすいです。

特に、肥満は、アメリカンショートヘアに多いといわれています。

アメリカンショートヘアの生活習慣病を予防するには、”運動”がカギとなってきます。

部屋の中でも十分な運動ができるようにしてください。

運動不足は、肥満だけでなく糖尿病や関節疾患など他の病気とも繋がってきますので、注意しましょう。

コメントを残す

*