amerikanringuteiru-i

アメリカンリングテイルの寿命とは?体重でわかる病気のサインと予防法

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【アメリカンリングテイル】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アメリカンリングテイルの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アメリカンリングテイルのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アメリカンリングテイルの画像

アメリカンリングテイルの平均寿命は?

アメリカンリングテイルの平均寿命は、普通の猫と同じくらい、約16年といわれています。

少し前までは、室内で飼うと10年生きると言われていました。

猫の寿命が延びたのは、ペットフードの充実、動物医療の進歩など、飼育環境が年々向上しているからと考えられています。

特に室内猫は外へ自由に出入りできる室外猫より2年ほど寿命が長いです。

アメリカンリングテイルの寿命と長生きするコツ

アメリカンリングテイルは室内で飼うことをおすすめします。

それは、猫を飼育する環境が猫の寿命に深く関係していることが分かっているためです。

自由に外に行ける猫は室内猫に比べ、けがや事故のリスクが高く、感染症などにもかかりやすいため、平均寿命が短いと考えられています。

また、メス猫のほうが寿命が長いと言われています。

さまざまな説がありますが、メスは老化を予防する効果がある染色体が、オスより1本多いことや、出産をすることで細胞が若返ることなどが関係していると考えられています。

愛猫を長生きさせるために、定期的に病院につれていきましょう。

病気を未然に防ぐことが、長生きのコツといえます。

ストレス発散も長生きのコツです。

一緒に遊んであげたり、おもちゃを与えるなどが効果的と言われています。

愛猫といつまでも仲良くすごすためにも、健康に気を使ってあげてください。

Sponsored Link

アメリカンリングテイルのかかりやすい病気は?

癌への対応として、防腐剤などの一切入っていない自然な食事を与えること、充分な水分をとること、おしっこは我慢させないことが大切です。

治療法として、外科手術、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。

癌は手術で完全に取り切れればとりあえず完治ということですが、その他の治療では、一時的に癌細胞が小さくなることはあっても、癌体質そのものを改善できるものではありません。

腎臓病としては、腎不全があります。

腎不全は治療をしても完治することはなく、腎機能は低下していくばかりです。

機能低下をできるだけ遅くする、腎臓に負担をかけない食事療法をするという2点が対処法で、食事が腎不全の予防にもつながります。

猫の心臓病として、心筋症があります。

心臓病の予防法は、残念ながらありません。

しかし、日頃から猫をよく観察することが大切です。

普段と違っておかしいところがあったら心音の確認をしてください。

後足をひきずっていたら、肉球が冷たくないかチェックしてください。

早期に発見することが重要になってきます。

糖尿病の予防として、適度な食事とストレスをためないことがあります。

人間と同じで、食事と運動が大事だということです。

治療法として、インスリンの投与があります。

アメリカンリングテイルのかかりやすい病気のサイン

アメリカンリングテイルは1998年に発見された、比較的新しい猫です。

まだ、これといってかかりやすい病気が見つかっていません。

他の猫と同じような病気になるようです。

癌、腎臓病、心臓病、糖尿病などです。

癌は35%の確率で発症するそうです。

老化以外にも化学物質の影響、ホルモン、遺伝、ウイルスなどが原因として考えられています。

腎臓病も25%と高率です。

猫はあまり水を飲まない動物なので、腎臓で濃縮した尿を作るのに時間がかかります。

それで腎臓に負担がかかるようです。

心臓病は10%、糖尿病は7%で発症するということです。

病気の予防法と対処法

癌への対応として、防腐剤などの一切入っていない自然な食事を与えること、充分な水分をとること、おしっこは我慢させないことが大切です。

治療法として、外科手術、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などがあります。

癌は手術で完全に取り切れればとりあえず完治ということですが、その他の治療では、一時的に癌細胞が小さくなることはあっても、癌体質そのものを改善できるものではありません。

腎臓病としては、腎不全があります。

腎不全は治療をしても完治することはなく、腎機能は低下していくばかりです。

機能低下をできるだけ遅くする、腎臓に負担をかけない食事療法をするという2点が対処法で、食事が腎不全の予防にもつながります。

猫の心臓病として、心筋症があります。

心臓病の予防法は、残念ながらありません。

しかし、日頃から猫をよく観察することが大切です。

普段と違っておかしいところがあったら心音の確認をしてください。

後足をひきずっていたら、肉球が冷たくないかチェックしてください。

早期に発見することが重要になってきます。

糖尿病の予防として、適度な食事とストレスをためないことがあります。

人間と同じで、食事と運動が大事だということです。

治療法として、インスリンの投与があります。

アメリカンリングテイルの老化のスピード

アメリカンリングテイルは、生後6か月で14歳になります。

1年で18歳になり、そのあとは1年ごとに4歳づつ歳をとっていきます。

10年で56歳。

20年で96歳です。

アメリカンリングテイルの老化に伴う外見の変化

老化によって、次のように外見が変化していきます。

歯に黄ばみがある、茶色っぽくなってきた。

太ももなどが細くなった。

被毛の色が薄くなる、顔まわりに白髪が増えた。

被毛のつやがなくなってきた、パサつきやすくなった。

爪がよく伸びる

おなかがたるんできた。

口臭がでてきた。

目ヤニが増えた、などが挙げられます。

アメリカンリングテイルの外見の変化

老猫におすすめのの食べ物は?

癌にかかってしまった場合、まずは食事の改善が一番です。

できれば手作りで食事を作ってあげてください。

鶏肉、七面鳥、馬肉、羊肉、イワシなどのたんぱく質と新鮮な野菜を1対1の割合で混ぜて、それに加え豆腐やおから、納豆などの発酵食品や、シイタケやマイタケ、きくらげなどのキノコ類と海藻を一緒に混ぜて与えます。

これが食事の基本になります。

愛猫の好みに合わせて改良してください。

腎臓病には白身魚が良いでしょう。

心臓病には心臓に負担のかからない食事が良いです。

糖尿病には、糖の吸収をコントロールしたごはんに切り替えると良いでしょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アメリカンリングテイルのストレス解消は運動です。

猫には狩猟本能があるので、おもちゃで狩りごっこをするなどです。

よく猫じゃらしで、飼い主と猫がじゃれている場面を見ると思いますが、あれも狩りごっこの一種です。

猫は高いところが好きです。

よく塀などの上を猫が歩いているのを見かけることかと思います。

しかし屋内で飼うのであれば、都合よく高いところはありません。

そこで、キャットタワーの購入を考えてみてください。

キャットタワーがあれば高いところにも行けるし、運動にもなるので一石二鳥です。

猫は、爪とぎも習性の1つです。

適当な場所がないと、部屋の壁で爪とぎを始めるので、ダンボールでできた爪とぎを与えてください。

猫の居場所をつくることも、ストレスをかけないうえで大事です。

猫が好きな素材でできた居場所を作ってあげましょう。

アメリカンリングテイルの寿命に関するまとめ

アメリカンリングテイルは活発な猫です。

猫には珍しく指の間に水かきがあるので、水遊びも大好きです。

しっぽがくるんと丸まって、愛嬌のある猫です。

発見されてまだ間もない猫なのでめずらしいです。

運動量に合わせて、適度な食事を与えることで、愛猫との生活を健康で、楽しいものとなることを願っています。

また、定期的に病院にも連れて行ってあげてください。

病気を未然に防ぐことで、猫は長生きします。

また、事故にあわないように、飼い主が気を付けてあげることも大事です。

コメントを残す

*