ja-manrekkusu-i

ジャーマンレックスの寿命とは?体重でわかる病気のサインと予防法

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ジャーマンレックス】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ジャーマンレックスの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ジャーマンレックスのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ジャーマンレックスの画像

ジャーマンレックスの平均寿命は?

ジャーマンレックスは1940年代のドイツまで遡ることができます。

第二次大戦が終わった直後、東ベルリン放浪中のある野生の黒猫がたまたま、ある博士によりレスキューされました。

博士はその黒猫が波状毛の遺伝子を持っていることに気がつきました。

そこから新たな品種を誕生させよう研究が始まりました。

そして1951年にジャーマンレックスとして認められた新種猫が登場しました。

しかしほぼ同時期にコーンウォールレックス猫も誕生しており、この2つの品種は遺伝的に非常に酷似しています。

しかし前者の方が人気に火がついたため、後者のジャーマンレックスは大規模に普及せず、今日では稀な存在です。

その貴重なジャーマンレックスの平均寿命は12年から17年と幅広いものとなっています。

ジャーマンレックスの寿命と長生きするコツ

ジャーマンレックスが持っている遺伝子病は特にはありません。

しかし皮膚のケアには気をつけるべきです。

皮膚から分泌される油脂を吸収するための十分なコート(毛)がないため、放置すると油脂が蓄積する事もあるのです。

よって定期的に入浴させたりホットタオルなどで身体全体を拭き取ってやる必要があります。

ブラッシングは週に一回程度で構いません。

ブラッシングの際には細かい櫛や柔らかい毛ブラシがお薦です。

柔らかい布や手袋をはめた手で優しくマッサージをしてやるのも、毛皮を滑らかに美しく保つのに効果的です。

ついでに毎回目や耳の中のチェックもしてやるようにしましょう。

Sponsored Link

ジャーマンレックスのかかりやすい病気は?

ジャーマンレックスはとても珍しい品種のため、乱繁殖にならず逆に遺伝子病はありません。

しかし猫全般がかかりやすい病気には気をつけるべきです。

とりわけ腎不全は多くの猫がかかる病気です。

若い時から水分を摂らせ添加物が多く含まれたフードや味付けの濃い人間の食べ物を与えないようにしてください。

またジャーマンレックスは基本的に子どものいる家族や他の犬猫との多頭飼育環境にうまく適応できる猫です。

しかし非常に甘やかされることを好むため、自分だけないがしろにされているまたは毎日留守番ばかりさせられている、と感じてしまうととても落ち込みます。

その強い孤独感やストレスからさまざまな病気を引き起こす事もあります。

もしジャーマンレックスを飼いたいのならば毎日最低一時間は相手をしてやれるか、長時間留守番にさせずにいけるのかどうかなどの自分のライフスタイルをしっかり考えて判断しましょう。

さらにジャーマンレックスは皮膚が弱い傾向があります。

最低でも週に二回は優しくブラッシングをしてあげたり、タオルや手袋をはめた手で猫の身体をさするなどのマッサージをしてあげてください。

ジャーマンレックスのかかりやすい病気のサイン

ジャーマンレックスが持っている遺伝子病は特にはありません。

しかし皮膚のケアには気をつけるべきです。

皮膚から分泌される油脂を吸収するための十分なコート(毛)がないため、放置すると油脂が蓄積する事もあるのです。

よって定期的に入浴させたりホットタオルなどで身体全体を拭き取ってやる必要があります。

ブラッシングは週に一回程度で構いません。

ブラッシングの際には細かい櫛や柔らかい毛ブラシがお薦めです。

柔らかい布や手袋をはめた手で優しくマッサージをしてやるのも、毛皮を滑らかに美しく保つのに効果的です。

ついでに毎回目や耳の中のチェックもしてやるようにしましょう。

病気の予防法と対処法

ジャーマンレックスはとても珍しい品種のため、乱繁殖にならず逆に遺伝子病はありません。

しかし猫全般がかかりやすい病気には気をつけるべきです。

とりわけ腎不全は多くの猫がかかる病気です。

若い時から水分を摂らせ添加物が多く含まれたフードや味付けの濃い人間の食べ物を与えないようにしてください。

またジャーマンレックスは基本的に子どものいる家族や他の犬猫との多頭飼育環境にうまく適応できる猫です。

しかし非常に甘やかされることを好むため、自分だけないがしろにされているまたは毎日留守番ばかりさせられている、と感じてしまうととても落ち込みます。

その強い孤独感やストレスからさまざまな病気を引き起こす事もあります。

もしジャーマンレックスを飼いたいのならば毎日最低一時間は相手をしてやれるか、長時間留守番にさせずにいけるのかどうかなどの自分のライフスタイルをしっかり考えて判断しましょう。

さらにジャーマンレックスは皮膚が弱い傾向があります。

最低でも週に二回は優しくブラッシングをしてあげたり、タオルや手袋をはめた手で猫の身体をさするなどのマッサージをしてあげてください。

ジャーマンレックスの老化のスピード

ジャーマンレックスの老化のスピードは他の一般的な猫のそれと何も変わりません。

若い時は中程度の活動力がありますが、7,8歳を過ぎれば落ち着いて静かな猫になります。

ただし甘えん坊であることは変わりなく、飼い主が家の中のどこに行こうがどこにいようがずっとついてきたり、目や耳で確認したりします。

ジャーマンレックスの老化に伴う外見の変化

ジャーマンレックスは中型の身体と細身の長い脚を持ち、顔は丸くて大きな耳を持っています。

毛質は絹のような触り心地の縮毛の短いコートです。

コーンウォール猫のそれよりウールに見えます。

毛の色は白、黒、茶色、赤色、ホワイトゴールド、ラベンダー、シャンパンカラーなどまちまちです。

年老いても容姿はさほど変化がありません。

もしかしたら毛の光沢が若干鈍り口髭が下がって顔つきが非常に乏しくなることでしょう。

しかし飼い主への強い愛情と依存は変わらないため、相変わらず飼い主の姿を目で追い続けることでしょう。

ジャーマンレックスの外見の変化

老猫におすすめのの食べ物は?

とりわけ高齢のジャーマンレックスは、炭水化物を食べてもうまく消化ができないことが多いと言われています。

肥満や下痢嘔吐を引き起こすことがあるのです。

そして実際に大きく肥り過ぎたジャーマンレックスは、炭水化物のような重い食事を与えられたからそのような身体になってしまった可能性が高いです。

またジャーマンレックスに新たな種類のフードを与える時は、最初にその味覚テストをせてください。

あなたのジャーマンレッようなストライキは特に年老いた猫の健康に有害です。

食べるのを拒否するストライキを犯すと、ジャーマンレックスは肝不全死亡のリスクが高くなってしまいます。

よって食べ物であまり厳しくしてはなりません、命に繋がります。

また一度肥るとこの品種の猫は痩せるのがなかなか難しいです。

よって若いうちから肥満にはくれぐれも用心しておきましょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ジャーマンレックスはとても活気に満ちた性質なので、ストレスを与えないように存分に相手をしてやる必要があります。

またこの品種の猫は辛抱強く忠実であり、飼い主と触れ合う時間を喜んで過ごします。

飼い主とできれできるだけ多くの時間を費やすことが大好きです。

ジャーマンレックスの寿命に関するまとめ

ジャーマンレックスはとても珍しい品種の猫です。

遺伝子病を持っておらずむしろ長生きできる可能性が高い猫だと言われています。

この猫の毛質は素晴らしく、抱っこした時の感触が格別です。

そして丸い顔と大きな耳がなんともユーモラスで可愛いです。

基本的に大人しい性格ですが、若いうちは毎日最低でも一時間はおもいっきり遊び回る必要があります。

とても賢い猫なのでさまざまな頭脳を使った遊びもすることができます。

集合住宅の賑わいのある家庭環境でも十分飼育できる猫です。

しかし非常に寂しがりなので、孤独な時間が長いとストレスから皮膚炎などの病気を引き起こす事もあります。

コメントを残す

*