habanaburaun-i

ハバナブラウンの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ハバナブラウン】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ハバナブラウンの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ハバナブラウンのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ハバナブラウンの画像

ハバナブラウンの平均寿命は?

元々はチェスナットフォーリンショートヘアという名称だったハバナブラウンの平均寿命は11年~14年と言われています。

しかし平均寿命はあくまでも1つの目安なので飼育環境や猫の体質、病気などで寿命は大きく変化します。

愛猫が長生きできる様に飼育環境などを整えましょう。

ハバナブラウンの寿命と長生きするコツ

ハバナブラウンの平均寿命11年~14年を延ばすにはいくつかのポイントを参考にする必要があります。

「運動と食事のバランス」、「お手入れ」、「病気の予防」です。

運動不足は愛猫にとって大きなストレスとなります。

しっかりと運動をしないと落ち着きが無い状態になり家の中でも悪戯をしたり破壊的行動が増えたりします。

俊敏なため部屋の中に怪我をしそうなものがあったら片づけておきましょうね。

室内飼いの猫にはキャットウォークやおもちゃなどを与えてあげましょう。

食事は与え過ぎると肥満の原因になります。

いつも食事が取れる状態は避けて時間と量を決めて与えるようにしましょう。

食事時間以外でお腹が減った様子ならおやつを与えても良いですよ。

短毛種の猫なので週1~2回のブラッシングで十分です。

頻繁なブラッシングや強く毛をとかす行為は被毛や皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。

綺麗好きな猫なのでシャンプーなども1ヶ月に1度程で良いでしょう

シャム猫の血を引いている為遺伝性の疾患にかかりやすい可能性があります。

定期的な健康診断を忘れない様にしましょう。

普段の健康チェックも忘れずに行いましょうね。

Sponsored Link

ハバナブラウンのかかりやすい病気は?

ハバナブラウンがかかりやすい病気は様々ですが、予防できるものは予防し、予防できないものは早期発見と治療が必要となります。

先天性心疾患は遺伝や加齢によって起こる疾患です。

予防法が無い病気なので定期的に動物病院での健康診断が必要になります。

ウィルス性呼吸器感染症はワクチン接種で防ぐこ事ができる病気です。

発症した場合は症状に応じて抗生物質やインターフェロンなどを投与したり飼育環境を整えて食事療法を行い免疫力が上がるのを待ちます。

肺炎はウィルス感染以外はアレルギー、異物の誤飲、刺激性のガスや薬品を吸い込むなどを避ける事で予防につながります。

発症した場合は抗生物質などの投与で治療を行います。

尿酸塩尿石症の予防として食事はマグネシウムが少ないフードを選んで与える様にしましょう。

冬場の季節は猫の活動性が低くなる為、飲水量が減り結石の原因を作ります。

尿結石を発症した場合カテーテルを尿道から挿入し尿道内を洗浄したり、食事を改善する治療法があります。

しかし、尿結石になって尿が出なくなってから2~3日経過すると尿毒症という病気を発症している可能性があります。

その場合結石の治療より尿毒症の治療が最優先となります。

毛玉球は毛玉除去剤を舐めさせたり、タンパク質分解酵素剤を投与して治療を行います。

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌の関連が疑われている事から皮膚細胞検診などで菌が確認されて診断が下されます。

抗菌薬の投与や抗菌作用を持った薬剤によるシャンプーがメイン治療となります。

真菌症は接触感染、間接感染、母子感染が主な原因です。

しかし、発症しても知らない間に完治している猫もいる為、主な原因は免疫力の低下と言えるでしょう。

発症すると抗真菌薬の内服、抗真菌薬入りのローションや軟膏を塗布、抗真菌薬入りのシャンプーなどで治療をします。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンを体内に取り込まない事が重要です。

発症した場合は内服薬、塗布薬、薬用シャンプーなどで治療します。

舐性皮膚炎はまずストレスとなっている原因を取り除く事から始めましょう。

体を舐めてしまう場合は洋服を着せてあげると舐めすぎてしまう事を予防できます。

疥癬はダニが疥癬トンネルといって皮膚の中に潜って炎症を起こす為に非常に強い痒みを引き起こします。

ダニが寄生していると感じた場合はすぐに動物病院で受診しましょう。

糖原病はビタミンやミネラルなどの適切な栄養素が含まれたフードを与える様にしましょう。

血糖値の維持が治療の目標になるので食事療法尿酸降下剤の投与などがあります。

ハバナブラウンのかかりやすい病気のサイン

ハバナブラウンがかかりやすい病気には様々な初期症状があります。

飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。

先天性心疾患は運動をすると疲れやすかったり、咳が出たり、元気が無くなったり、食欲が低下したりします。

ウィルス性呼吸器感染症は鼻汁やくしゃみ、鼻づまりなどの鼻炎症状や発熱や食欲不振、などの症状が見られます。

肺炎は咳、努力性の呼吸、呼吸が速い、すぐ疲れるなどの症状があります。

尿酸塩尿石症は結石ができた場所により症状が違います。

ただ排尿回数が少なくなったり排尿時の痛みで鳴いたりするのでおかしいと感じたら動物病院へ連れて行きましょう。

毛玉球は食欲不振、下痢、便秘、何も出ない嘔吐、腹部への接触拒絶などがあります。

脂漏性皮膚炎は脂っぽい滲出物ができたり、カビに似た悪臭、被毛のべたつき、フケの増加、発疹、紅斑、掻き毟り、脱毛、外耳炎などがあります。

真菌症は脱毛、脱毛周辺のフケやかさぶた、ぶつぶつ発疹、痒みなどの症状が現れます。

アレルギー性皮膚炎や疥癬は激しい痒みを伴う事があるので愛猫が体を激しく掻き毟っていたら注意して様子を見ましょう。

舐性皮膚炎はいつもよりグルーミングが多いな、また同じ所えお何度も舐めていると感じたら要注意です。

糖原病は筋力低下、筋委縮、心筋障害、運動時痛、などが症状に現れます。

病気の予防法と対処法

ハバナブラウンがかかりやすい病気は様々ですが、予防できるものは予防し、予防できないものは早期発見と治療が必要となります。

先天性心疾患は遺伝や加齢によって起こる疾患です。

予防法が無い病気なので定期的に動物病院での健康診断が必要になります。

ウィルス性呼吸器感染症はワクチン接種で防ぐこ事ができる病気です。

発症した場合は症状に応じて抗生物質やインターフェロンなどを投与したり飼育環境を整えて食事療法を行い免疫力が上がるのを待ちます。

肺炎はウィルス感染以外はアレルギー、異物の誤飲、刺激性のガスや薬品を吸い込むなどを避ける事で予防につながります。

発症した場合は抗生物質などの投与で治療を行います。

尿酸塩尿石症の予防として食事はマグネシウムが少ないフードを選んで与える様にしましょう。

冬場の季節は猫の活動性が低くなる為、飲水量が減り結石の原因を作ります。

尿結石を発症した場合カテーテルを尿道から挿入し尿道内を洗浄したり、食事を改善する治療法があります。

しかし、尿結石になって尿が出なくなってから2~3日経過すると尿毒症という病気を発症している可能性があります。

その場合結石の治療より尿毒症の治療が最優先となります。

毛玉球は毛玉除去剤を舐めさせたり、タンパク質分解酵素剤を投与して治療を行います。

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌の関連が疑われている事から皮膚細胞検診などで菌が確認されて診断が下されます。

抗菌薬の投与や抗菌作用を持った薬剤によるシャンプーがメイン治療となります。

真菌症は接触感染、間接感染、母子感染が主な原因です。

しかし、発症しても知らない間に完治している猫もいる為、主な原因は免疫力の低下と言えるでしょう。

発症すると抗真菌薬の内服、抗真菌薬入りのローションや軟膏を塗布、抗真菌薬入りのシャンプーなどで治療をします。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンを体内に取り込まない事が重要です。

発症した場合は内服薬、塗布薬、薬用シャンプーなどで治療します。

舐性皮膚炎はまずストレスとなっている原因を取り除く事から始めましょう。

体を舐めてしまう場合は洋服を着せてあげると舐めすぎてしまう事を予防できます。

疥癬はダニが疥癬トンネルといって皮膚の中に潜って炎症を起こす為に非常に強い痒みを引き起こします。

ダニが寄生していると感じた場合はすぐに動物病院で受診しましょう。

糖原病はビタミンやミネラルなどの適切な栄養素が含まれたフードを与える様にしましょう。

血糖値の維持が治療の目標になるので食事療法尿酸降下剤の投与などがあります。

ハバナブラウンの老化のスピード

平均寿命が11年~14年と言われているハバナブラウンは老齢化が始まると寝ている時間が増えたり、行動が鈍くなったり、外出していた猫は外出回数が減ったり、耳が遠くなったり、グルーミングをあまりしなくなったり、体にハリが無くなりお腹に弛みが出たりします。

この様な症状が出るまでには個体差がありますが、7歳を過ぎたら愛猫の様子を注意して見る様にしましょう。

ハバナブラウンの老化に伴う外見の変化

ハバナブラウンは元より活発な猫なので老齢化が進んでも見た目では気が付かない事が多いでしょう。

老齢化が進むと猫の外見は筋肉のハリがなくなったり、皮膚が下がったりします。

グルーミングをあまりしなくなるので若い時と比べると体が汚れがちになる事があるでしょう。

関節も弱り、歩行もゆっくり歩くようになります。

ハバナブラウンの外見の変化

老猫におすすめのの食べ物は?

ハバナブラウンの老齢化が進むと、いつものフードを残したり全く食べなくなる日もあります。

その場合フードを変える必要があるので老描に必要な栄養素が含まれたフードを選びましょう。

今までは老描には低タンパクのフードを与えると良いとされてきましたがそれは間違いで、老描こそ多くのタンパク質を必要とする事がわかりました。

内臓への負担を考え無添加なものを選ぶ事も忘れてはいけません。

そして歯が弱くなってくるのでドライフードよりウェットフードを与える方が良いでしょう。

高品質なタンパク質が多く含まれていて、適度に脂質とミネラルが含まれ、添加物が少ないフードを愛猫に与える様にしましょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ハバナブラウンに限らず、猫は繊細な生き物で少しの事ですぐストレスを感じてしまいます。

触って欲しくない時に触られたり、理解ができない大きな音や同居している動物との相性、餌が足りなかったり、引っ越しや衣替え、新しい家具の購入などでの環境の変化、隠れる場所が無かったり、カーテンを閉め切っていたり、来客、香りが強い芳香剤、不清潔なトイレ、スキンシップ不足などがあります。

ストレスが溜まり過ぎると攻撃的になったりするので気をつけましょう。

ハバナブラウンの寿命に関するまとめ

ハバナブラウンは賢く、愛情深い性格です。

人間に対しても友好的で物分りの良さとわがままのバランスをうまく使い分けて飼い主を魅了します。

好奇心が強く家族が何かをしようとしていると参加しようと寄ってきます。

他の動物や小さい子供とも問題なく付き合えるので家族が多いご家庭でも安心して飼育する事ができますよ。

そんなハバナブラウンの飼育環境をしっかりと整えて長生きを目指しましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*