neko-i2

バーレイニディルムンキャットの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【バーレイニディルムンキャット】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

バーレイニディルムンキャットの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、バーレイニディルムンキャットのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

バーレイニディルムンキャットの画像

バーレイニディルムンキャットの平均寿命は?

バーレイニディルムンキャットの平均寿命は10歳から16歳前後と言われています。

猫の平均寿命が15歳位と言われているので、バーレイニディルムンキャットの寿命は平均的と言えるでしょう。

近年では栄養バランスの良いフード等が沢山売っているので、平均寿命を超える猫は沢山います。

バーレイニディルムンキャットの寿命と長生きするコツ

バーレイニディルムンキャットの平均寿命は10歳から16歳前後と言われています。

バーレイニディルムンキャットはもともとが野生であったために、飼い主とのベタベタした関係はあまり好きではないので、適度な距離を保つようにしましょう。

一人の留守番も平気で出来るので、長時間の留守が多い飼い主さんには向いている猫です。

ただし、社交的な部分もあるのでたまには遊んであげると良いでしょう。

バーレイ二ディルムンキャットは、猫では珍しく水を怖がらないという特徴があります。

怖がらないのでシャンプーをする際は割りとスムーズに出来ますが、水回りで遊ぶため、お風呂やトイレなどのドアを閉めておかないと思わぬ事故に繋がるので注意が必要です。

猫は平均15歳位まで生きると言われていますが、近年ではフードの種類も栄養も豊富なので長生きをする猫が多いです。

栄養バランスや、バーレイニディルムンキャットの特徴、性格、なりやすい病気などを知っておくと長寿に繋がっていくでしょう。

Sponsored Link

バーレイニディルムンキャットのかかりやすい病気は?

バーレイニディルムンキャットの病気の予防法と対処法をご紹介致します。

まずは、「毛球症」です。

この病気は、毛づくろいで飲み込んだ毛がうまく排出されずに胃の中で飲み込んだ毛が大きくなってくると発症してしまうので、毎日のブラッシングでなるべく毛を取ってあげましょう。

また、排出しやすいような食物繊維の多く入っている毛玉対策用のフード等で、排便時に一緒に排出されるようにしてあげるのも予防法の一つです。

次は、「腎臓病」です。

猫はもともと腎臓病にかかりやすい生き物だと言われています。

歳を取れば取るほど発症する確率は高くなります。

予防法ですが、猫の場合栄養バランスの良いフードを与えて気を付けていても腎臓病にかかる猫は沢山居ます。

なので、これと言った予防法は今のところありません。

腎臓病は慢性型と急性型があります。

慢性型は時間をかけて徐々に進行していき、急性型は今まで何ともなかったのに急に症状が進みます。

慢性型はかかってしまうと完治しない病気です。

しかし早期発見、早期治療で進行を遅らせることも可能なので病院で定期的な健康診断を受けることをお薦めします。

バーレイニディルムンキャットのかかりやすい病気のサイン

バーレイニディルムンキャットのかかりやすい病気のサインについてご紹介致します。

まずは、「毛球症」です。

この病気は、毛づくろいで飲み込んだ毛がうまく排出されずに胃の中で飲み込んだ毛が大きくなってくると発症します。

毛が長い猫種に多いようです。

サインとしては、便秘や食欲不振など、お腹を触られるのを嫌がる事が増えたら注意が必要です。

次は、「腎臓病」です。

猫はもともと腎臓の病気にかかりやすい生き物だと言われています。

慢性型と急性型がありますが、慢性腎臓病と急性腎臓病のどちらも症状大体一緒です。

サインとしては、普段よりも水を大量に飲むようになるために尿の量が増えます。

また、体に毒素が溜まってしまうので、嘔吐したりします。

重症になると死に至ることがあるので早期発見がとても大事です。

病気の予防法と対処法

バーレイニディルムンキャットの病気の予防法と対処法をご紹介致します。

まずは、「毛球症」です。

この病気は、毛づくろいで飲み込んだ毛がうまく排出されずに胃の中で飲み込んだ毛が大きくなってくると発症してしまうので、毎日のブラッシングでなるべく毛を取ってあげましょう。

また、排出しやすいような食物繊維の多く入っている毛玉対策用のフード等で、排便時に一緒に排出されるようにしてあげるのも予防法の一つです。

次は、「腎臓病」です。

猫はもともと腎臓病にかかりやすい生き物だと言われています。

歳を取れば取るほど発症する確率は高くなります。

予防法ですが、猫の場合栄養バランスの良いフードを与えて気を付けていても腎臓病にかかる猫は沢山居ます。

なので、これと言った予防法は今のところありません。

腎臓病は慢性型と急性型があります。

慢性型は時間をかけて徐々に進行していき、急性型は今まで何ともなかったのに急に症状が進みます。

慢性型はかかってしまうと完治しない病気です。

しかし早期発見、早期治療で進行を遅らせることも可能なので病院で定期的な健康診断を受けることをお薦めします。

バーレイニディルムンキャットの老化のスピード

バーレイニディルムンキャットに関わらず、猫が本格的な老化が始まるのは11歳頃と言われています。

バーレイニディルムンキャットは野生の血が多く残っているので活発な猫ですが、歳を取れば運動量も減ってきます。

その頃から徐々に筋力も衰え、病気も発症しやすくなるので、病院で定期的な健康診断をしてもらいましょう。

バーレイニディルムンキャットの老化に伴う外見の変化

バーレイニディルムンキャットは年齢を重ねると、被毛がパサつきやすくなり色が薄くなって白髪が増えてきたり、目やにが増えたり、足が細くなったり、歯が黄ばんできたりします。

バーレイニディルムンキャットは野生の血が多く入っているため、活発で高い所が好きな猫種です。

ですが、シニア期に入ると筋力も衰えてくるので、当然運動量も減ってきます。

どの猫にも言えることですが、シニア期に入れば病気も発症しやすくなるので、普段の動きを観察したり、コミュニケーションを今まで以上にとってあげると早期発見にも繋がります。

バーレイニディルムンキャットの外見の変化

老猫におすすめの食べ物は?

バーレイニディルムンキャットが老猫になった時のおすすめの食べ物をご紹介致します。

バーレイニディルムンキャットはスレンダーで筋肉質な体型をしています。

運動量も多いので、その美しい体型を維持するためにも高たんぱく質、高カロリーのフードがおすすめですが、歳を取れば運動量も減ってきます。

高齢になると食欲は減ってきますが、ジュニア期と同じようなフードを与えていたらあっという間に肥満になり病気の原因となるので、低カロリー、低脂肪のフードを与えましょう。

また高齢になると、内蔵機能が落ちてきてしまいます。

消化吸収の良いフードや、市販のフードをお湯でふやかしたり、すりつぶしてあげるのも良いでしょう。

タンパク質ですが、良質な物が必要です。

猫は肉食の動物なので、タンパク質と言っても、動物性のタンパク質が必要です。

例えば鳥のささ身ですと手に入りやすいですし、消化吸収率も高いので特にお薦めです。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

バーレイニディルムンキャットは、野生の血が多く残っているので、飼い主とのベタベタした関係はあまり好きではありませんので、構いすぎはバーレイニディルムンキャットにとってストレスがたまってしまうので、適度な距離を保つようにしましょう。

狩りをして自ら食料を得ていたため、キャットフードを食べない子も多いようです。

子猫の頃からキャットフードに慣れさせておくと食べてくれるので、出来るだけ子猫のうちに慣れさせておくと良いでしょう。

とても活発な猫なので、十分に運動出来るスペースが必要になってきます。

現代では昔と違い、猫は完全な室内飼いの家庭も多いでしょう。

しかし室内だけではバーレイニディルムンキャットにとってどうしても運動不足になり、ストレスの原因となるので、上下運動の出来るキャットタワーや猫が一人でも遊べるような玩具などを使い、適度な運動をさせることが大切です。

猫には珍しく水が苦手ではないので、思わぬ事故に繋がらないよう水回りには気をつけてあげましょう。

バーレイニディルムンキャットの寿命に関するまとめ

もともとが野生であったため、なかなか人には懐きずらいバーレイニディルムンキャット。

ベタベタした関係も好きでは無いため長時間の留守番も平気なようです。

忙しくて構ってあげる時間がないけど猫が飼いたいって人にはとてもピッタリな猫種です。

現在バーレイニディルムンキャットは絶滅危惧種であるため、ペットショップで見かける事はおろか入手も非常に困難です。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

ブラッシングや遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

*