pi-ta-bo-rudo-i

ピーターボールドの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ピーターボールド】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ピーターボールドの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ピーターボールドのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ピーターボールドの画像

ピーターボールドの平均寿命は?

ピーターボールドの平均寿命は15年程といわれており、猫の平均寿命と同じです。

しかし生活環境や飼い主の食事の管理によりさらに長生きする子も増えてきました。

個体差もありますが私たち飼い主がサポートすることによって寿命を延ばすことができるでしょう。

ピーターボールドの寿命と長生きするコツ

ピーターボールドは陽気で活発な性格で、人懐っこく飼い主には依存する傾向があります。

他の動物や誰かと一緒にいることを好み、多頭飼いや小さなお子様がいる家庭でも飼いやすい猫種です。

被毛があるタイプと無いタイプの子がおり、どちらも皮膚が敏感なため皮膚病に気を使う必要があります。

特に被毛が無いこの場合直射日光に当たるだけでも皮膚病を発症する可能性があるため、日焼け止めやレースカーテンをつけるといった対策が必要となってきます。

被毛がない子は汚れがたまりやすいのでこまめに蒸しタオルで体を拭いたり、シャンプーで洗ったりして皮膚を清潔に保つと皮膚病を防ぐことができます。

ケガもしやすく先の尖ったおもちゃや置物に注意しましょう。

寒さに弱いので服を着せたり部屋の温度調節をしたりして暖房対策をしてください。

また、授乳中の母猫や発情を迎えたメス猫は乳汁分泌障害を発症しやすくなるため体調の変化に気づけるように気を配りましょう。

元気であっても定期的な健康診断をすることで病気を防いだり悪化することができ、愛猫を長生きさせることができます。

Sponsored Link

ピーターボールドのかかりやすい病気は?

ピーターボールドのかかりやすい病気の予防法と対処法について解説します。

乳汁分泌障害の原因となる乳腺炎は、ん授乳や偽妊娠がきっかけで発症するといわれています。

授乳中は乳汁が過剰に分泌されて目詰まりをおこしたり細菌に感染する可能性があります。

メス猫のなかには発情がはじまりしばらくしてから妊娠有無に関わらずホルモンの分泌が起こり乳腺が張って乳汁が分泌されるこがいます。

妊娠していないのに妊娠しているかのように変化をみせるこを偽妊娠とよばれ、この現象に伴い乳腺に炎症を起こしてしまいます。

治療法としては投薬やホルモン剤の投与、悪化している場合は外科手術で患部を切除してしまいます。

そして被毛がないために起こりやすい皮膚病やケガは、日頃のお手入れや生活環境で予防することができます。

直射日光にあたらないようレースカーテンをつけたり、日焼け止めや蒸しタオルで体を拭くなどして清潔に保てるようにしましょう。

角が尖ったものは怪我の原因にもなるのでなるべく手の届かないところに設置することをおすすめします。

異常がみられたらすぐ病院で診てもらいましょう。

ピーターボールドのかかりやすい病気のサイン

ピーターボールドがかかりやすい病気のサインについて解説します。

乳汁分泌障害の原因となる乳腺炎は、発熱や乳腺の腫れ、元気がないといった症状が見られます。

授乳中の母猫や発情を迎えたこに発症しやすいのでメス猫には特に注意しましょう。

乳腺の腫れがみられたら元気であっても1度病院で診察してもらうことをおすすめします。

被毛が無い子はケガをしやすく傷ができた場合は見分けやすいでしょう。

皮膚が赤く炎症を起こしている場合はアレルギーや皮膚病の可能性があるので、かさぶたができていたり炎症を起こしているのを見つけたら早めに病院で診てもらいましょう。

病気の予防法と対処法

ピーターボールドのかかりやすい病気の予防法と対処法について解説します。

乳汁分泌障害の原因となる乳腺炎は、ん授乳や偽妊娠がきっかけで発症するといわれています。

授乳中は乳汁が過剰に分泌されて目詰まりをおこしたり細菌に感染する可能性があります。

メス猫のなかには発情がはじまりしばらくしてから妊娠有無に関わらずホルモンの分泌が起こり乳腺が張って乳汁が分泌されるこがいます。

妊娠していないのに妊娠しているかのように変化をみせるこを偽妊娠とよばれ、この現象に伴い乳腺に炎症を起こしてしまいます。

治療法としては投薬やホルモン剤の投与、悪化している場合は外科手術で患部を切除してしまいます。

そして被毛がないために起こりやすい皮膚病やケガは、日頃のお手入れや生活環境で予防することができます。

直射日光にあたらないようレースカーテンをつけたり、日焼け止めや蒸しタオルで体を拭くなどして清潔に保てるようにしましょう。

角が尖ったものは怪我の原因にもなるのでなるべく手の届かないところに設置することをおすすめします。

異常がみられたらすぐ病院で診てもらいましょう。

ピーターボールドの老化のスピード

ピーターボールドの平均寿命は15年程ですが、人間でいうと76歳でかなりの高齢だといえます。

一般的な猫と大きな差はないので、病気や怪我に気をつけていれば更に長生きしてくれるかもしれません。

ピーターボールドがなりやすい病気には特に気をつけていきましょう。

ピーターボールドの老化に伴う外見の変化

ピーターボールドは体を覆う被毛がないためケガをしやすく、歳をとると免疫力が下がってくるためケガの治りが遅くなってきます。

そのためケガをしにくい環境を作ってあげる必要があります。

また目ヤニが増えたり歩くスピードが遅くなったりしてくるので、目ヤニはこまめに濡れたタオルなどでふき取ってあげましょう。

どの猫種でもそうですが、白内障になる可能性もあるのでアイコンタクトをとって変化に気づけるようにしましょう。

ピーターボールドの外見の変化

老猫におすすめの食べ物は?

猫は肉食動物なため高たんぱく高脂肪、低炭水化物といったフードの特徴がありますが、ピクシーボブは皮膚が敏感なためそのほかにも皮膚に優しい成分が含まれているかにも注目してご飯を選んであげるといいと良いでしょう。

サーモンやラム肉などにはオメガ3脂肪酸がふくまれており、皮膚や涙やけに良い成分です。

またアレルギーになりやすい穀物があまり使用されていないご飯もおすすめです。

グレンフリーのフードが増えてきたので愛猫と相性がいいものを選んであげると良いです。

どんな猫種でも歳をとると泌尿器系の病気に気をつける必要があるためphをコントロールしてくれるものを選んだり、カリウムやマグネシウムの値をよく確認して過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ピーターボールドは陽気で活発であり、人が好きで飼い主に対してはやや依存心が高めです。

1人でいるよりも他の動物でいることを好む傾向があり、お留守番が長い家庭の場合は多頭飼いをすることをおすすめします。

寂しがりやなため長時間1人にさせてしまうとストレスをかかえてしまいます。

一緒にいる時間を増やしたり他のペットを飼うなどしてストレスの負担を減らしてあげましょう。

ピーターボールドには被毛がないタイプと被毛があるタイプの子がいますが、どちらも皮膚病に注意する必要があります。

被毛がある子はブラッシングをし、被毛がない子は汚れがたまりやすいので蒸しタオルなどで定期的に体をふき取ることをおすすめします。

直射日光に当たらないようレースカーテンをつけたり、ケガをしにくいよう角の尖ったおもちゃや置物には注意しましょう。

また寒さに弱いので部屋の温度の調整をしたり服を着せたりして暖房管理を整えることが大切です。

ピーターボールドの寿命に関するまとめ

賢くしつけがしやすく、小さなお子様がいる家庭や多頭飼いにもむいているピーターボールド。

日本ではあまり知られていない猫種ですが、その性格や守ってあげなきゃと思わせる容姿に引き寄せられる方も多いでしょう。

ピーターボールドを是非家族に迎え入れたい!と思っている飼い主様は是非今回解説したことを参考にしてみてください。

新しく家族をむかえいれる前にピクシーボブが生活しやすい環境を整え、楽しい時間をすごせる準備をしましょう。

少しの知識であっても愛猫の寿命をのばすことができると思います。

関連記事

コメントを残す

*