burarijiansyo-tohea-i

ブラジリアンショートヘアーの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ブラジリアンショートヘアー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ブラジリアンショートヘアーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ブラジリアンショートヘアーの画像

ブラジリアンショートヘアーの平均寿命は?

ブラジリアンショートヘアーは中型の猫種で、平均寿命は12歳~15歳であり、通常の猫と同じ程度の寿命になります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ブラジリアンショートヘアーの寿命と長生きするコツ

ブラジリアンショートヘアーは中型の猫種で平均寿命は12歳~15歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分な運動をさせること」「ストレスを与えないこと」「被毛の手入れをすること」などが挙げられます。

ブラジリアンショートヘアーは愛情深い、社交的、活発、遊び好き、寂しがり屋な性格をしています。

ブラジリアンショートヘアーは遊ぶことが好きなので、広いスペースや自由に行動できる空間の確保や上下運動ができるキャットタワーなどを設置してあげると十分な運動をさせることもでき、運動不足になることもなく過ごすことができます。

時間としては毎日10分~20分ほど猫じゃらしなどで遊んであげることで、愛猫とのコミュニケーションを取ることもできます。

ブラジリアンショートヘアーは孤独が苦手なので一人にしないことや甘えてくる時は十分に構ってあげる必要があります。

また、多頭飼いにも問題ないため多頭飼いをしても問題ありません。

ブラジリアンショートヘアーの被毛の手入れは週に1回ブラッシングをする必要があります。

また、定期的にシャンプーやトリミングを行い体を清潔にしてあげることが必要です。

Sponsored Link

ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気は?

ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気として膝蓋骨脱臼、尿路結石症、角膜炎、膀胱炎などがあげられましたが、その予防法や対処法として、膝蓋骨脱臼では転倒や落下により発症していく病気なのでフローリングなどの滑りやすい床の場合はカーペットを敷くなどして転倒防止を行うこと、落下の衝撃によるものもあるので段差が激しい箇所では飼い主が抱っこしてあげるなどの対策をする必要があります。

尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

角膜炎では内服薬や目薬などの点眼薬による治療が一般的になります。

発見が遅れてしまい病気が進行していると、点眼薬や内服薬では進行を遅らせることはできても治すことはできなく、完治させるためには外科手術をすることになります。

ですが、外科手術はカリフォルニアスパングルドにとって負担になります。

予防としては家具などはぶつかっても怪我をしないように保護する、自分の爪で目を傷つけないようにこまめに爪を切るというようなことがあります。

膀胱炎はいつでも清潔な水が飲める環境を整えてあげて、水分をたくさん摂取して新鮮な尿をたくさん作らせてあげることが基本的な治療法や予防法になります。

また、細菌性による場合には抗生剤、炎症が強い場合はそれを抑えるための消炎剤を飲ませます。

結晶の場合は尿のPH値をコントロールする薬や食事を与える必要があります。

ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気のサイン

ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気のサインは膝蓋骨脱臼では「足を後方に蹴るような仕草をするようになる」「寝起きに歩行に違和感がある」重症になれば「足を着くことができず歩行困難になる」といった症状がみられるようになります。

尿路結石症では「排尿をする回数が増える」「排尿をする時に時間がかかる」「排尿時に尿に血液が混じっている」というような症状がみられるようになります。

角膜炎では「通常よりも頻繁に瞬きをするようになる」「激しい目の痛みを感じ鳴くようになる」「目をやたら頻繁に引っ掻くようになる」「涙がよく流れるようになる」「瞳が濁ってくる」というような症状がみられます。

膀胱炎では「残尿感などにより頻尿になる」「頻繁に尿をするようになるが、1回の量が少ない」「排尿姿勢になってから、排尿までの時間が長い」「排尿痛により、排尿時に鳴くようになる」「排尿時にごった尿が出るようになる」「血尿になって赤い尿が出るようになる」というような症状がみられるようになります。

病気の予防法と対処法

ブラジリアンショートヘアーのかかりやすい病気として膝蓋骨脱臼、尿路結石症、角膜炎、膀胱炎などがあげられましたが、その予防法や対処法として、膝蓋骨脱臼では転倒や落下により発症していく病気なのでフローリングなどの滑りやすい床の場合はカーペットを敷くなどして転倒防止を行うこと、落下の衝撃によるものもあるので段差が激しい箇所では飼い主が抱っこしてあげるなどの対策をする必要があります。

尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

角膜炎では内服薬や目薬などの点眼薬による治療が一般的になります。

発見が遅れてしまい病気が進行していると、点眼薬や内服薬では進行を遅らせることはできても治すことはできなく、完治させるためには外科手術をすることになります。

ですが、外科手術はカリフォルニアスパングルドにとって負担になります。

予防としては家具などはぶつかっても怪我をしないように保護する、自分の爪で目を傷つけないようにこまめに爪を切るというようなことがあります。

膀胱炎はいつでも清潔な水が飲める環境を整えてあげて、水分をたくさん摂取して新鮮な尿をたくさん作らせてあげることが基本的な治療法や予防法になります。

また、細菌性による場合には抗生剤、炎症が強い場合はそれを抑えるための消炎剤を飲ませます。

結晶の場合は尿のPH値をコントロールする薬や食事を与える必要があります。

ブラジリアンショートヘアーの老化のスピード

ブラジリアンショートヘアーの老化のスピードは平均寿命が12歳~15歳ということから人間の4倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で4歳年をとることになります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ブラジリアンショートヘアーの老化に伴う外見の変化

ブラジリアンショートヘアーの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、筋肉質な体が衰えてくる、活発だった動きが鈍くなるというような外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びなどを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

ブラジリアンショートヘアーの外見の変化

老猫におすすめの食べ物は?

ブラジリアンショートヘアーはとても活発で遊び好きな性格ですが、年をとるにつれて元気がなくなったりします。

この症状が出てくるくらいの老猫になってきた時にはアカナというキャットフードがオススメです。

このキャットフードは運動量が豊富なブラジリアンショートヘアーに必要な良質な動物性たんぱく質が多く含まれているニシンを主原料に使われているものです。

また、骨も取り除かれているため老猫でも安心して食べることができます。

このキャットフードにはカモミールも含まれているのでストレスを緩和する効果もあります。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ブラジリアンショートヘアーにストレスをかけないために飼い主としてできることは、上下運動の遊びが好きなのでキャットタワーや猫じゃらしを準備してあげて、ブラジリアンショートヘアーが遊べる環境を整えてあげることが必要です。

時間は毎日10分~20分程度を目安に遊ぶようにしてあげると良いです。

多頭飼いとしても向いているので余裕があるのであれば多頭飼いをしても良いです。

ブラジリアンショートヘアーの被毛の手入れは週に1回のブラッシングが必要で定期的なシャンプーやトリミングなどで体を清潔に保つことも必要です。

ブラジリアンショートヘアーの寿命に関するまとめ

ブラジリアンショートヘアーは活発、遊び好き、愛情深い性格です。

平均寿命は12歳~15歳であり、生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、日々の生活習慣に気を付けることで長生きをすることができます。

上下運動をする遊びが好きなのでキャットタワーや猫じゃらしで遊んであげるととても喜びます。

10分~20分程度を目安に遊んであげると良いです。

被毛の手入れは週に1回のブラッシングをする必要があります。

また、定期的にトリミングやシャンプーなどをして皮膚を綺麗にすることで皮膚病などを予防することができます。

関連記事

コメントを残す

*