burithissyusyo-tohea-i

ブリティッシュショートヘアの寿命や病気のサイン、予防法は?

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ブリティッシュショートヘア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ブリティッシュショートヘアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ブリティッシュショートヘアの画像

ブリティッシュショートヘアの平均寿命は?

ブリティッシュショートヘアは中型の猫種で、平均寿命は14歳~17歳であり、通常の猫に比べると長い寿命になります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ブリティッシュショートヘアの寿命と長生きするコツ

ブリティッシュショートヘアは中型の猫種で平均寿命は14歳~17歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分な運動をさせること」「ストレスを与えないこと」「被毛の手入れをすること」などが挙げられます。

ブリティッシュショートヘアは遊び好き、穏やかで賢い、寂しがり、褒められることが好きな性格をしています。

運動能力が高くネズミ対策として持ち込まれたという経歴があるため、猫じゃらしや小動物を模したおもちゃなどで遊んであげると十分な運動ができます。

また、キャットタワーを設置することもブリティッシュショートヘアは喜びます。

時間としては毎日10分程度遊んであげることで、愛猫とのコミュニケーションを取ることもできます。

寂しがりやですが、それを表に出すことはあまりなく我慢することがよくありますので、積極的に構ってあげることでストレスのない日常を過ごすことができます。

ブリティッシュショートヘアの被毛の手入れは換毛期は毎日1回、それ以外は週に2~3回ブラッシングをする必要があります。

また、定期的にシャンプーやトリミングを行い体を清潔にしてあげることが必要です。

Sponsored Link

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気は?

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気として尿路結石症、皮膚疾患、糖尿病、胃腸炎などがあげられましたが、その予防法や対処法として、尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

皮膚疾患では、お風呂でシャンプーを使うことなどで乾燥を引き起こし体が痒くなります。

体が痒くなることは換毛期でも起こりますが、換毛期の場合は問題ありません。

シャンプーなどによるものの場合では皮膚がきちんと濡れている状態でシャンプーを使う、お湯だけでも十分洗い流すことができるのでシャンプーを使いすぎないということで予防することができます。

糖尿病はストレスを感じると血糖値が上がるため、ストレスのない日常を送らせてあげる、高たんぱく、低炭水化物を心がけた食生活を行うことが挙げられます。

胃腸炎では定期的に病院に行き、血液検査や抗体検査、エコー検査などを行うことや内服薬を飲むこと、免疫が落ちるようなことをしないなどをすることで胃腸炎を予防・治療することができます。

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気のサイン

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気のサインは尿路結石症では「排尿をする回数が増える」「排尿をする時に時間がかかる」「排尿時に尿に血液が混じっている」というような症状がみられるようになります。

皮膚疾患では「体の痒みや痛みを感じるようになる」「発疹や脱毛が出るようになる」「やたら体を掻くようになったり擦りつけたりするようになる」というような症状がみられるようになります。

糖尿病では「水分をとる量が増え、それに伴って尿の量が多くなる」「食欲がなくなり食事の量が少なくなる」「活発だった動きがなくなり元気が消失する」「嘔吐などがみられるようになり、少しずつ痩せていく」「被毛の艶などがなくなっていく」というような症状がみられるようになります。

胃腸炎では「旺盛だった食欲がなくなる」「活発だった動きがなくなり元気が消失する」「体重がみるみる減少する」「嘔吐をするようになる」「下痢(時には血便)が出るようになる」というような症状がみられるようになります。

病気の予防法と対処法

ブリティッシュショートヘアのかかりやすい病気として尿路結石症、皮膚疾患、糖尿病、胃腸炎などがあげられましたが、その予防法や対処法として、尿路結石症では小さい結石ならば超音波を与えて粉砕し自然に排出されるのを待つ方法と専用のフードを与えて溶かす方法があり、結石が大きくなると手術をして摘出しなければならなくなります。

皮膚疾患では、お風呂でシャンプーを使うことなどで乾燥を引き起こし体が痒くなります。

体が痒くなることは換毛期でも起こりますが、換毛期の場合は問題ありません。

シャンプーなどによるものの場合では皮膚がきちんと濡れている状態でシャンプーを使う、お湯だけでも十分洗い流すことができるのでシャンプーを使いすぎないということで予防することができます。

糖尿病はストレスを感じると血糖値が上がるため、ストレスのない日常を送らせてあげる、高たんぱく、低炭水化物を心がけた食生活を行うことが挙げられます。

胃腸炎では定期的に病院に行き、血液検査や抗体検査、エコー検査などを行うことや内服薬を飲むこと、免疫が落ちるようなことをしないなどをすることで胃腸炎を予防・治療することができます。

ブリティッシュショートヘアの老化のスピード

ブリティッシュショートヘアの老化のスピードは平均寿命が14歳~17歳ということから人間の4倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で4歳年をとることになります。

生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ブリティッシュショートヘアの老化に伴う外見の変化

ブリティッシュショートヘアの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、遊びに興味がなくなってくる、活発だった動きが鈍くなるというような外見の変化が現れるようになります。

普段からの遊びなどを通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

ブリティッシュショートヘアの外見の変化

老猫におすすめのの食べ物は?

ブリティッシュショートヘアは遊び好き、穏やかで賢い、寂しがり、褒められるのが好きな性格ですが、年をとるにつれて元気がなくなったりします。

この症状が出てくるくらいの老猫になってきた時にはシンプリーというキャットフードがオススメです。

このキャットフードは遊び好きで運動量が豊富なブリティッシュショートヘアに必要な良質な栄養素がたくさん含まれています。

また、一般的なキャットフードも低カロリーですが、このキャットフードはさらに低カロリーなので、体形維持をすることもできます。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ブリティッシュショートヘアにストレスをかけないために飼い主としてできることは、遊びが好きで、ハンターとしての血があり、猫じゃらしや小動物を模したおもちゃを見ると狩猟態勢にはいります。

なので、飼い主が猫じゃらしや小動物を模したおもちゃなどを使って遊んであげるととても喜び、運動不足も解消でき、ストレスのない日常を過ごすことができます。

時間は毎日10分程度を目安に遊ぶようにしてあげると良いです。

ブリティッシュショートヘアの被毛の手入れは換毛期では毎日1回、それ以外では週に2~3回のブラッシングが必要で定期的なシャンプーやトリミングなどで体を清潔に保つことも必要です。

ブリティッシュショートヘアの寿命に関するまとめ

ブリティッシュショートヘアは遊び好き、穏やかで賢い、寂しがりや、褒められることが好きな性格です。

平均寿命は14歳~17歳であり、生活環境や個体差、食生活などにより差はありますが、日々の生活習慣に気を付けることで長生きをすることができます。

ハンターとしての血があり、猫じゃらしや小動物を模したおもちゃをみると狩猟態勢をとることがあります。

なので、猫じゃらしや小動物を模したおもちゃなどで遊んであげるととても喜びます。

時間としては10分程度を目安に遊んであげると良いです。

被毛の手入れは換毛期では毎日1回、それ以外では週に2~3回のブラッシングをする必要があります。

また、定期的にトリミングやシャンプーなどをして皮膚を綺麗にすることで皮膚病などを予防することができます。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*