yo-ropiansyo-tohea--i

ヨーロピアンショートヘアーの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ヨーロピアンショートヘアー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ヨーロピアンショートヘアーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ヨーロピアンショートヘアーのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ヨーロピアンショートヘアーの画像

ヨーロピアンショートヘアーの平均寿命は?

ヨーロピアンショートヘアーの平均寿命は16~19年くらいになります。

一般的な猫が15年くらいなので、長生きだと言えます。

人間による交配で生まれた猫種と違って、自然に生息していた土着猫であるため、遺伝性疾患が少ないことも寿命が長い要因かもしれません。

ヨーロピアンショートヘアーの寿命と長生きするコツ

ヨーロピアンショートヘアーは日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは最も古い猫種だと言われており、とても人気があります。筋肉質でがっちりした体と、ぽっちゃりとした丸顔が特徴です。

遺伝的にかかりやすい病気がほとんどなく丈夫なので、一般的な猫よりも平均寿命は長いようです。16~19年だと言われています。しかし、個体差や飼育環境によっては、長くも短くもなります。長生きのコツは、「ストレスをためないこと」「病気に気を付けること」「室内飼いをすること」の3つです。

ストレスはいろいろな病気の原因となってしまいます。縄張り意識の強い猫のために、落ち着ける環境作りが大切です。運動不足もストレスになるので、上下運動ができるようにキャットタワーを置いてあげたり棚にのぼれるような工夫をしてあげましょう。

高齢になってくると病気にかかりやすくなります。予防法のない病気や遺伝によるものもありますが、飼い主さんが小さな異変に気付くことができれば、早期発見・早期治療につながります。また、定期的に健康診断を受けることも重要です。

野良猫に比べて室内飼いの猫は平均して5~10年長生きします。室内飼いであれば、他の動物との接触によるウイスル感染や交通事故のリスクが減ります。

Sponsored Link

ヨーロピアンショートヘアーのかかりやすい病気は?

「糖尿病」はインスリンの働きが悪くなったり生成されなくなり、血糖値が高くなる病気です。食事のバランスが悪いことや、食べ過ぎや運動不足からくる肥満が原因のこともあります。高たんぱく質のフードを選ぶとよいでしょう。一度にたくさん食べるより、少ない量を何度かにわけて食べるように食事の回数を調節してあげると、血糖値の上りが緩やかになります。また、ストレスを感じると血糖値が急激に上がることもあるので注意が必要です。治療法は血糖値のコントロールをするために、食事療法やインスリン投与を行います。

「尿路結石」は腎臓、尿道などに結石ができる病気です。猫はもともと砂漠出身の生き物なので、あまり水を飲まない子が多く、水分不足から結石ができてしまうことがあります。おしっこを我慢することで膀胱炎になり、尿路結石を引き起こすこともあります。トイレが汚れていたり、多頭飼育でテリトリーを気にしておしっこを我慢することもあるので、環境に気を配ってあげましょう。この病気になってしまったら、食事療法や手術が行われます。

「肥大型心筋症」は、心筋が肥大し、心室が狭くなることで、体に血液を送れなくなってしまう病気です。はっきりとした原因はわかっていません。遺伝による場合や、他の病気から併発する場合もあります。また、はっきりとした予防法もありません。定期的な健康診断と早期発見が最も効果的です。今のところ治療法はなく、症状に合わせて酸素吸入や胚に溜まった水を抜き、利尿剤や抗不整脈剤などを投与します。

「皮膚疾患」は、バランスが崩れたことによる常在菌の増殖、マラセチアやカンジダなどカビの繁殖、ノミやダニなどの寄生、などの原因によって起こる病気です。人間と同じで花粉や食べ物によるアレルギーが原因のこともあります。予防法としては、ブラッシングと体を清潔にすることです。ブラッシングはフケや汚れを落とす他に、血行促進の効果もあります。シャンプーは月1回程度にしましょう。洗いすぎると猫にとって必要な脂分も落としてしまうので、濡れたタオルで拭くだけでも十分です。ブラッシングもタオルで拭くことも、体を触るので早期発見につながります。症状が出たら受診をして原因を突き止めてもらい、ステロイド剤などの軟膏を塗ったり、寄生虫を退治するなど、それぞれの症状に合わせた治療法を行います。

ヨーロピアンショートヘアーのかかりやすい病気のサイン

「糖尿病」にかかっている猫は、多飲多尿や食欲増進などの症状が見られます。初期のうちは、よく食べていて元気なので気づくのが遅れがちです。症状が進むと食欲不振になり嘔吐をしたり体重が減少します。

「尿路結石」になると、おしっこが赤茶っぽい色をしていたりキラキラしている、トイレの回数が多くなる、おしっこをするときに痛がる、などの症状が見られます。この段階ですぐに受診しましょう。進行すると尿が出なくなります。多頭飼育だとおしっこの回数がわかりづらいので、トイレを分けたり下腹部をさわったりしてチェックしましょう。

「肥大型心筋症」は全く症状が出ずに突然死に至ることもある怖い病気です。症状が現れる場合、呼吸が荒くなる、口で呼吸する、後ろ足に麻痺が見られる、失神、食欲低下、嘔吐、などが見られます。

「皮膚疾患」はさまざまな原因によって症状もそれぞれ違ってきます。毛が抜ける、かゆがる、発疹・かさぶたができる、毛がべたつくなど、普段と違う様子が見られたら受診しましょう。

病気の予防法と対処法

「糖尿病」はインスリンの働きが悪くなったり生成されなくなり、血糖値が高くなる病気です。食事のバランスが悪いことや、食べ過ぎや運動不足からくる肥満が原因のこともあります。高たんぱく質のフードを選ぶとよいでしょう。一度にたくさん食べるより、少ない量を何度かにわけて食べるように食事の回数を調節してあげると、血糖値の上りが緩やかになります。また、ストレスを感じると血糖値が急激に上がることもあるので注意が必要です。治療法は血糖値のコントロールをするために、食事療法やインスリン投与を行います。

「尿路結石」は腎臓、尿道などに結石ができる病気です。猫はもともと砂漠出身の生き物なので、あまり水を飲まない子が多く、水分不足から結石ができてしまうことがあります。おしっこを我慢することで膀胱炎になり、尿路結石を引き起こすこともあります。トイレが汚れていたり、多頭飼育でテリトリーを気にしておしっこを我慢することもあるので、環境に気を配ってあげましょう。この病気になってしまったら、食事療法や手術が行われます。

「肥大型心筋症」は、心筋が肥大し、心室が狭くなることで、体に血液を送れなくなってしまう病気です。はっきりとした原因はわかっていません。遺伝による場合や、他の病気から併発する場合もあります。また、はっきりとした予防法もありません。定期的な健康診断と早期発見が最も効果的です。今のところ治療法はなく、症状に合わせて酸素吸入や胚に溜まった水を抜き、利尿剤や抗不整脈剤などを投与します。

「皮膚疾患」は、バランスが崩れたことによる常在菌の増殖、マラセチアやカンジダなどカビの繁殖、ノミやダニなどの寄生、などの原因によって起こる病気です。人間と同じで花粉や食べ物によるアレルギーが原因のこともあります。予防法としては、ブラッシングと体を清潔にすることです。ブラッシングはフケや汚れを落とす他に、血行促進の効果もあります。シャンプーは月1回程度にしましょう。洗いすぎると猫にとって必要な脂分も落としてしまうので、濡れたタオルで拭くだけでも十分です。ブラッシングもタオルで拭くことも、体を触るので早期発見につながります。症状が出たら受診をして原因を突き止めてもらい、ステロイド剤などの軟膏を塗ったり、寄生虫を退治するなど、それぞれの症状に合わせた治療法を行います。

ヨーロピアンショートヘアーの老化のスピード

猫は生後1年で人間の20歳くらいまで急激に成長します。

そのあとは緩やかになりますが、平均しても人間の5倍以上のスピードで成長していることになります。

ヨーロピアンショートヘアーは平均寿命が16~19歳と言われています。

一般的な猫に比べてやや長めですが、病気や環境によって左右されるでしょう。

ヨーロピアンショートヘアーの老化に伴う外見の変化

白髪が出てくる、被毛のツヤがなくなる、抜け毛が増える、体にたるみが出てくる、筋肉が落ちてお尻や太ももが細くなる、歯が黄ばんでくる、目やにが増えた、などの変化が見られます。猫は人間ほど顕著な外見の変化がないので、気づきにくいものですが、高齢になってくるとさまざまな病気のリスクが高まります。

老化のサインに気づくことは病気の早期発見にもなるので、一番近くにいる飼い主さんが普段からチェックしてあげましょう。

ヨーロピアンショートヘアーの外見の変化

老猫におすすめの食べ物は?

高齢になってくると運動量が減るため、必要なカロリーも少なくなってきます。食べる量も減ってくるので、少ない量でも必要な栄養が摂れるフードを選ぶことが大切です。

尿路結石は低マグネシウム、高タンパク質、グレインフリーのフードで予防することができます穀物は消化しにくく、アレルギーの原因物質とも言われているので皮膚病などを防ぐためにもグレインフリーはおすすめです。

関節が弱ってくるので、オメガ3脂肪酸、DHAなどが含まれているフード、またはサプリメントなどで補ってあげるとよいでしょう。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ヨーロピアンショートヘアーは活発で遊び好きな猫種です。

人懐こく、人とコミュニケーションをとることで喜びを感じます。

運動不足を解消するためにも、毎日15~20分程度、おもちゃなどを使って一緒に遊んであげましょう。

そして、遊んでほしくて寄ってくるとき以外は、自由にさせてあげることがストレスをためないポイントです。

ヨーロピアンショートヘアーは人が大好きですが、縄張り意識や自立心が強い一面もあります。

ほどよい距離を保つことで、猫にとって居心地のよい空間になります。縄張り争いでストレスをためやすいので多頭飼育には向きません。

他に猫や動物を飼っている場合は、それぞれのスペースを確保して上手に住み分けをしてあげましょう。

ヨーロピアンショートヘアーの寿命に関するまとめ

ヨーロッパ最古の猫だと言われているヨーロピアンショートヘアーは、とても社交的で人懐こく、子どもがいる家庭でも飼いやすい子が多いようです。

遺伝的疾患がほとんどなく、丈夫で長生きな点も人気の理由かもしれません。

しかし、平均寿命が長いと言われていても、日々の健康管理と飼育環境次第では病気になることもあります。

ストレスや病気のリスクを減らしてあげて長生きしてほしいですね。

日本ではまだあまり見かけませんが、初めて猫を飼う人にとってもきっと素敵なパートナーになってくれるでしょう。

関連記事

コメントを残す

*