rosianburu--i

ロシアンブルーの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!

猫の寿命は種類によってさまざまです。今回は【ロシアンブルー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛猫とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ロシアンブルーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、ペットにはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ロシアンブルーのかかりやすい病気やその予防法、猫種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ロシアンブルーの画像

ロシアンブルーの平均寿命は?

ロシアンブルーの平均寿命は、10歳~12歳とされています。

なかには、健康な個体だと17歳~18歳まで生きる個体もいるようです。

少しでも長く一緒に過ごすために、中年齢以上になったら、こまめに健康診断を受けるようにしましょう。

ロシアンブルーの寿命と長生きするコツ

ロシアンブルーの平均寿命は、10歳~12歳とされています。

なかには、健康な個体だと17歳~18歳まで生きる個体もいるようです。

純血猫種としては遺伝性の疾患がとても少ないとされています。

眼病、膀胱炎、尿結石はシニアになるとかかりやすいようです。

若猫の頃までは、大変活発で運動量も多く、人に対して遊びを要求することもあるくらいです。

ですが、年を取ってくると運動量も落ちてきて、関節も弱くなってきます。

そのため、肥満になることもあり、体を支える足に大変な負荷がかかってしまいます。

そうならないためにも、運動量が落ちてきたなと感じたら、食事の内容を変えてみましょう。

できる限り無理のない運動をさせてあげて、食事も年齢に合わせたものを用意してあげましょう。

日頃から、食事や健康管理をきちんと行い、スキンシップやコミュニケーションの中で、変化がないか観察するようにしてください。

また、中年齢以上になれば、こまめに健康診断を受けるようにしてください。

少しでも長く一緒に過ごせるようにしたいものです。

Sponsored Link

ロシアンブルーのかかりやすい病気は?

ロシアンブルーは純血種としては遺伝性の疾患がとても少ない猫種ですが、シニアになると眼病や膀胱炎、尿結石などにかかりやすく、特に気を付けたいのが、糖尿病、関節疾患、猫エイズです。

もともと活発で運動量の多い猫種のため、運動不足などで、肥満になり糖尿病や関節疾患を引き起こしやすくなります。

肥満になることで、体を支える足の関節に負担がかかり、関節痛を引き起こしてしまいます。

予防としては、日頃から十分な運動をさせてあげることや、食事の管理をきちんと行うことが大切です。

また、膀胱炎や尿結石などの泌尿器疾患にもかかりやすく、普段の水分補給は少し多めに摂取させてあげることで、泌尿器疾患の予防になります。

また、年を取ることで白内障などにかかることもあり、こまめに健康診断を受けるようにしてください。

日頃のコミュケーションの中で、少しでも変化があるようなら早めに病院を受診しましょう。

ロシアンブルーのかかりやすい病気のサイン

ロシアンブルーは純血種としては遺伝性の疾患がとても少ない猫種ですが、運動不足などによる肥満を引き起こしやすく、糖尿病や関節疾患を起こしやすいです。

そのため運動をあまりしなかったり、寝ていることが多かったり、歩くときに痛がっていたりしたら、早めに病院を受診してください。

また、おしっこの回数が普段より多かったり、血尿がある場合は、泌尿器疾患の可能性もあるため病院を受診し、処方薬をもらってください。

また、まっすぐ歩かずふらふらしていたり、段差でつまずいたり、壁などにぶつかるようでしたら、白内障などの可能性もあるので、放っておかず早めに病院を受診してください。

病気の予防法と対処法

ロシアンブルーは純血種としては遺伝性の疾患がとても少ない猫種ですが、シニアになると眼病や膀胱炎、尿結石などにかかりやすく、特に気を付けたいのが、糖尿病、関節疾患、猫エイズです。

もともと活発で運動量の多い猫種のため、運動不足などで、肥満になり糖尿病や関節疾患を引き起こしやすくなります。

肥満になることで、体を支える足の関節に負担がかかり、関節痛を引き起こしてしまいます。

予防としては、日頃から十分な運動をさせてあげることや、食事の管理をきちんと行うことが大切です。

また、膀胱炎や尿結石などの泌尿器疾患にもかかりやすく、普段の水分補給は少し多めに摂取させてあげることで、泌尿器疾患の予防になります。

また、年を取ることで白内障などにかかることもあり、こまめに健康診断を受けるようにしてください。

日頃のコミュケーションの中で、少しでも変化があるようなら早めに病院を受診しましょう。

ロシアンブルーの老化のスピード

ロシアンブルーの平均寿命は、10歳~12歳とされていますが、なかには、健康な個体だと17歳~18歳まで生きる長寿な個体もいるようです。

若猫の頃まではとても活発で十分な運動を必要としますが、年を取ってくると運動量は落ちてきて、足腰も弱ってきますので、肥満と関節痛には気を付けてあげてください。

ロシアンブルーの老化に伴う外見の変化

ロシアンブルーの被毛は青灰色のため、白髪が混じり少し抜けた感じの色に見えることがあります。

また、被毛のつやも少し落ちてくるため、抜け毛がひどくなる場合もあります。

年を取ってくると病気にかかりやすくなるため、こまめに健康診断を受けてください。

ロシアンブルーの外見の変化

老猫におすすめの食べ物は?

ロシアンブルーは年を取ると、運動量が格段に落ちてきて、1日中動かずにじっとして過ごすことが多くなります。

そのため、成猫のときの食事量ではなく、食事の量を減らして様子を見るようにしましょう。

また、運動不足で肥満になりやすいのですが、肥満だけでなく加齢による病気にも気を付けてあげてください。

肥満対策に加えて、おいしく食べながら病気の対策もできる「シンプリー」や、シニア用に成分を調整してある『ナウフレッシュ シニアキャット&ウェイトマネジメント」などもおすすめです。

また、硬いキャットフードなどは、お湯を加えてふやかしてあげるなど工夫が必要です。

Sponsored Link

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ロシアンブルーは純血種としては遺伝性の疾患がとても少ない猫種ですが、シニアになると眼病や膀胱炎、尿結石などにかかりやすく、特に気を付けたいのが、糖尿病、関節疾患、猫エイズです。

もともと活発で運動量の多い猫なので、運動不足などで肥満になり、糖尿病や関節疾患を引き起こしやすくなります。

肥満になることで、体を支える足の関節に負担がかかり、関節痛を引き起こしてしまいます。

肥満になることで、思うように運動できず身体を支える足に負担がかかり、痛みも伴うことからストレスを溜めてしまします。

そうならないためにも、運動量が落ちてきたりしたら、食事の内容を考えて食事管理や健康管理をしっかり行いましょう。

また、繊細な性格のため日常の些細なことでもストレスを感じて体調を崩してしますこともあります。

十分に運動できるスペースやキャットタワーを置いたり、一緒に遊んであげることなど、環境を整えてあげることでストレスを溜めることなく元気に過ごすことができるでしょう。

少しでも長く一緒に過ごせるといいですね。

ロシアンブルーの寿命に関するまとめ

とても活発で遊び好きなロシアンブルー。

ですが、性格は繊細で日常の些細なことからストレスを感じてしまい、体調を崩してしまうことがあります。

若猫の頃までは運動量が多く、運動量が足りないとストレスを感じ、少し狂暴になることもあり、十分に運動できるスペースとキャットタワーを置くなど環境を整えてあげてください。

また、運動不足などによる肥満には注意が必要で、肥満が原因で糖尿病や関節疾患を引き起こす場合があり、少しでも変化に気が付いたら、病院を受診してください。

少しでも長く一緒に過ごせるように、落ちついて過ごせる環境を用意し、食事の管理や健康の管理をしっかり行いうことで元気に過ごせるかと思います。

関連記事

コメントを残す

*