inufukui

実はいいことも?!犬に服を着せるメリットや服選びの注意点をご紹介

今回は犬の服やファッションに関して、犬に服を着せるメリットや服の選び方、注意点について詳しく調査しました。「犬には服は必要ないんじゃない?」などの疑問を持っている方も是非参考にしてください。

家族の一員である犬も本来は野生で生活していた動物なため、人間が服を着させる必要性は無いように思われます。

しかし、服を着させることによって犬自身にとっても飼い主や周りの人間のとってもいくつかのメリットがるんです。

そこで今回は犬と服に関して、犬が服を着ることの主なメリットや服を選ぶ際に気をつけなければならない注意点について一緒に見ていきましょう。

犬に服を着せる飼い主

inufuku1

犬には毛皮がある以上、一見服を着させる必要は無いように思われますがなぜ飼い主は犬に服を着せるのでしょうか。

飼い主の自己満足のため?ファッションのため?より可愛く見せるため?それとも他の理由?

一部の人は動物愛護の観点から犬に服を着せる必要は無いという意見を持っていう方もいます。

しかし、一言に犬の「服」と言っても人間の世界同様におしゃれ目的の服から機能性をもった服まで様々で、数多くの服が存在します。

Sponsored Link

犬に服を着せる3つのメリットとは?

それでは実際に犬に服を着せる具体的な利点とは何なのでしょうか。

ファッションやオシャレ目的以外の犬に服を着せる主な3つのメリットについて順番に見ていきましょう。

メリット1:暑さ寒さ対策になる

犬に服を着せるメリットの一つとしては、犬の暑さ・寒さ対策になるということが挙げられます。

犬は原産国や犬種、また身体の大きさによって気温や体温の変化に敏感な種類もいます。

特に外国原産の犬を日本で飼う場合は特別それらに気を配らないと体調不良や病気の原因になりかねません。

また、チワワブルドックといったもともと毛が少なく小型の犬種は特に温度の変化に敏感なため飼い主がしっかりとケアをしてあげる必要があります。

犬は自分で体温調節をすることが難しいため、飼い主が天気や気温に注意して服の脱ぎ着や最適な服を選んであげることによって犬の健康を守ってあげましょう。

メリット2:ケガや病気の予防になる

犬に服を着せることによって、散歩中のケガや感染症などの病気から守ることもできます。

特に手術後の犬やケガや病気を患っている犬が散歩中に他の犬と接触したり、水たまりや茂みの中に入ってしまうと患部からばい菌が侵入し病気やケガが悪化する恐れがあります。

たとえ病気やケガがなかったとしても、屋外で散歩する際にはマダニや紫外線といった犬にとって健康被害を及ぼす原因がたくさんあります。

そのため、ケガや病気の予防はもちろんのことマダニが毛皮に付くことや直射日光を浴びることを避けるためにも犬に服を着せることはとても効果的と言えるのです。

メリット3:抜け毛や汚れ防止につながる

犬に服を着せるメリットとして、抜け毛の飛散や散歩中の汚れ防止にも繋がります。犬を室内で遊ばせている時や屋外で人が集まる場所で散歩をさせている際に犬の毛は常に抜けています。

そのため、部屋が毛だらけになってしまったり毛の飛散によって周りの人の迷惑に繋がりかねません。

毛が抜ける事自体は犬の体質であるため防ぐことは難しいですが、服を着させることによって抜けた毛が飛び散ることを防ぐことはできます。

また、雨の日に犬を散歩させる際に水たまりやぬかるみに入ってしまい帰ってきたら泥だらけ・・・という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

犬にレインコートなどを散歩の前に着せることによって、雨に濡れたり泥が身体についてしまっても帰宅後のケアがグンと楽になります。

Sponsored Link

犬に服を着せる際の選び方や注意点は?

inufuku2

以上で紹介したように犬に服を着せることにはいくつかのメリットがあることが分かりましたね。

しかし例え利点があるからといって、ただ服を着させればよいというわけではありません。そこで犬に服を着させる際の注意点や正しい服の選び方について紹介します。

飼い主ではなく犬の目線で服を選ぶ

犬に服を着せる際に最も重要なことは、ズバリ「飼い主ではなく犬の目線で服を選ぶ」ということです。

人間目線で服を選んでしまうと機能性というよりもファッションやオシャレを重視しがちになってします。

服を着せることにメリットがあるとしても本来の目的を無視してしまったら逆効果になり、本来何も着ていない状態が自然である犬にとってストレスに感じることもあります。

そのため、服を選ぶときはあくまでも犬目線になって考えてその犬にとって本当に必要なのか、服を着ること自体嫌がっていないかなどを慎重に判断し、服を着せる際も少しずつ慣らしながら着せることが重要になってきます。

サイズや装飾に気をつける

犬に服を着せる際の注意点や選び方に関してもう一点、服の機能性や適正を判断することに加えてしっかりと合ったサイズ、また服の装飾にも気をつける必要があります。

同じ犬種でも犬の年齢や育った環境によって犬の大きさや体重というは一匹一匹異なります。

そのため人間と同じように服を選ぶ際にも丈の長さやきつさにもしっかりと注意しその犬にあったサイズの服を選びましょう。

ちなみに、あまりにも派手なデザインや過度な装飾は犬のストレスの原因につながる場合もあります。

また小さなボタンや部品が付いている服はそれらが取れてしまったときに誤って飲み込んでしまう恐れがあります。

そのため、なるべくシンプルなデザインで機能的な服を選ぶことをオススメします。

犬に服を着せるメリットとは?まとめ

今回は、犬に服を着せることのメリットや服を選ぶ際の注意点について詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

必要ないと思われがちな犬の服は実は体温調節や病気・ケガの防止につながるといった犬にとってのメリットがいくつかあります。

犬にオシャレな服を着せることは確かに愛犬をより可愛く見せることができますが、服なら何でも良いというわけではなく犬種や大きさ、年齢によって最適な服を選び、あくまでも犬目線になって本当に機能性のある服を選んであげることが飼い主としての役割です。

その犬にとって最適な服を選んであげれば健康促進にもつながり、飼い主との良好な関係づくりにもきっと繋がるでしょう。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*