inuiboi

愛犬にイボ・できものができた!治療法や原因について知っておこう

今回は犬とイボに関して、愛犬にイボやできものができる原因やその治療法について調査しました。イボやできものができる原因はいくつかありますが、それが悪性の場合はすぐに対処する必要があります。

犬も人間と同じように体にイボやできものができる場合があります。

ほとんどのケースではそのままにしておいても自然治癒することがほとんどなので特に心配ありません。

しかし、中には悪性のものもあり放置しておくと様々な健康被害を及ぼすものもあるため、日頃からの対策やケアが飼い主の重要な役割となります。

イボやできものは犬にもできる

inuibo1

あまり一般的には知られていませんが犬はイボやできものができやすい動物で、その確率はなんと人間のおよそ34倍

もともと犬は人間よりも肌自体が敏感なため、乾燥や紫外線などの刺激による影響が肌に表れやすいというのが理由なようです。

犬は自分自身では肌のケアできないため、飼い主が気づかない間にたくさんのイボやできものができているケースも決して珍しくはありません。

Sponsored Link

イボやできもの特徴や原因は?

一言に「イボ」といっても色や形状、大きさによって様々な種類があり、犬の犬種・サイズ・年齢問わずイボはできます。

そのままの状態にしておいても大丈夫な良性のイボもありますが、中には悪性のものもあるため、それぞれの特徴やできる原因をよく知っておく必要があります。

イボの特徴やほくろとの違い

そもそもイボとは何なのでしょうか。

イボは皮膚乳頭腫(パピローマ)と呼ばれる皮膚の上にできる突起物や腫瘍であると定義されています。

イボの形は様々ですが、根本がそれほど深くない有茎状のものを一般的にイボと呼びます。

ほくろが色素細胞(メラニン細胞)の黒い塊、またドーム状の突起物であるのに対して、イボのほとんどが白や肌色に近い色をしています。つまり色や形からイボかほくろを判断することができます。

良性のイボの場合

良性のイボやできもの場合、その原因のほとんどは犬の免疫力の低下や老化であると言われております。

特に若い犬や高齢の犬は免疫力が低いため、イボの原因になるパピローマウイルスという最近に感染しやすく体の部位問わず一度に複数箇所できる場合もあります。

若い犬は大人になっていくにつれて免疫力も増えてくるためイボがあってもほとんどのケースで自然消失します。

良性のイボの特徴としては、白や黄色、ピンクなどの比較的明るめの色をしておりサイズは1cm未満のものがほとんどです。

イボ自体も硬いというよりは比較的柔らかいプニプニした感触があります。

良性なためそのまま放置しても自然治癒することが多いため特別心配は要りません。

しかし、イボを無理やり潰そうとしたり何かの拍子で引っ掻いたりしてしまうと傷口から細菌が入り他の箇所へのイボの発生や出血・化膿の恐れがあるため注意が必要となります。

悪性のイボの場合

悪性のイボは良性のものと大きく異なり、赤黒い色をしていることに加えてサイズも1cm以上のものがあり時間の経過とともにどんどん大きくなっていく場合があります。

また、硬さも良性のイボに比べると非常に固いものが多くほくろと見間違う可能性もあります。

このような悪性のイボが見つかった場合以下のいずれかの病気を抱えています。

例えば老犬やメス犬、肥満体型の犬によくできる脂肪腫というものがあり命に別状はありませんが非常に成長が早いイボのため発生部位によっては身体活動の妨げになる可能性があります。

また、黒色腫と呼ばれるイボは指や口腔、眼球にもできることがあり放置しておくと肺に移転し呼吸困難体中に強い痛みを伴うなどの症状が出ます。

そして最も悪性のイボで注意すべき病気が扁平上皮癌とよばれるガンの一種です。

扁平上皮癌とは皮膚の最も上にある細胞を占めている扁平上皮細胞というものが癌化して皮膚の機能を死なせてしまうガンで、赤くて硬いカリフラワー状のしこりができることが特徴的です。

そのまま放置しておくと最悪の場合命に関わるため早急に外科手術を受けましょう。

Sponsored Link

イボやできもの対策や治療法とは?

inuibo2

悪性、もしくは悪性の疑いがあるイボができた場合は決して飼い主一人でケアしようとするのではなく動物病院などの専門機関にすぐに連れていき適切な処置を受けましょう。

一方で良性のイボの場合は自然治癒したり未然に防ぐことができます。そこでイボやできもの対策や治療法について紹介します。

ビタミンEの摂取・食生活見直し

イボやできものを未然に防ぐための対策として最も効果的な手段はビタミンEを摂取することや食生活を見直すことです。

イボは免疫力の低下することによって発生しやすくなるため、免疫力を高める効果があるビタミンEを含むイワシ、かぼちゃ、ほうれん草、大豆などの食品やサプリメントを摂取することでイボの発生を最小限に抑えられます。

また、日頃からの食生活も重要で肥満の原因になりやすい乳製品やカロリーの高いペットプード、また人間の食べ物などを餌付けすることは極力控えたほうが良いでしょう。

保湿・肌のマッサージ

ビタミンEの摂取や食生活の見直し以外にも犬の肌の保湿ケアやマッサージしてあげることもイボやできものの対策として効果的です。

肌の乾燥や血流が悪くなると良性・悪性問わずイボが発生しやすい体になってしまいます。

特に小型犬や高齢の犬はもともと自分自身で体温調整することが難しく、少しの気温の変化や季節の変わり目などにはイボやできものができやすいと言われています。

そのため犬専用の保湿液を塗ったり定期的にマッサージしてあげましょう。マッサージなどで常に犬の肌に触れることによってイボの早期発見や早期治療にもつながります。

愛犬にイボやできものができる原因や対策とは?まとめ

今回は愛犬にイボやできものができる主な原因や対策法について紹介しました。イボができるほとんどの原因は子犬や高齢の犬の免疫力が関係しています。

良性の場合は自然治癒することがほとんどのためそのまま放置していても大丈夫ですが、悪性の場合は更なる感染症を引き起こしたり命に関わるリスクもあるため、すぐに専門機関で診てもらいましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*