ストレスi

飼い主が出来る犬のストレスを解消するおすすめの方法は?

今回は犬のストレスに関して、犬がストレスを抱える主な原因やストレス解消法について紹介します。誰でもできる効果的なオススメのストレス解消方法なので、是非すぐに実践してみましょう。

犬を飼っている皆さんはご自身の愛犬のストレスに関して日頃からどのように気を配っているでしょうか。

しっかりケアしてあげているつもりでも人間である私達が気づかないような些細なことでも犬はストレスを感じてしまいます。

愛犬のストレスケア

ストレス

Sponsored Link

ストレスをかからないようにお世話をすることも大切ですが、実際にストレスを抱えている愛犬のストレスを解消する方法についてもしっかり理解しておく必要があります。

犬と飼い主がお互いに快適な生活を送るためにも、犬のストレスの原因になることやオススメの解消方法について考えていきましょう。

犬がストレスを感じる原因とは?

犬は人間の言葉が話せないため、日常生活でストレスを感じていてもそれを飼い主に伝える手段は限られています。

しかし、事前に犬のストレスの原因になることについて知っていることで未然に防ぐことは可能です。

それではまず犬のストレスになる主な2つの原因について見ていきましょう。

原因1:食事や運動などの生活スタイル

犬を飼う際に最も基本的なことではありますが、食事や運動などの生活スタイルによって犬のストレスの感じ方に大きく影響を与えます。

まず食事に関して、犬の人間のように食に対するこだわりや好みが少なからずあります。

そのため、ドックフードの種類の選び方にしても些細なことですが気を配る必要があります。

ただ単に安いからという理由で決めるのではなく、ご自身の愛犬の好みや嗜好を考えた上で選んであげましょう。

運動に関して、犬は非常に活発な動物であるため毎日運動させる必要があります。

しかし、飼い主がもともと出不精だったり忙しくて散歩に連れていけないという日が続いてしまうと犬は運動不足に陥り、それが精神的なストレスに繋がるのです。

原因2:留守番など一人でいる状況

また、不安感や孤独感という精神的な苦痛もストレスを抱える原因になります。

犬種問わずペットとして飼われるようになってから犬と人間は非常に密接な関係になりました。

というのも犬は人間とは全く違う動物ですが、学習能力や知能が高いためある程度人間とのコミュニケーションを図ることができます。

しかし、例えば一人で長時間留守番をさせる、積極的に遊んであげないといった行動を人間が示すと不安感や孤独感を感じ、それらが結果的にストレスとして蓄積してしまうのです。

かと言って人間には人間の都合があり、飼い主が四六時中犬のケアをしてあげることは物理的に不可能です。

犬を実際に飼育する際には食事や運動などの基本的な生活スタイルを築くことももちろん大切ですが、犬の「心のケア」というのも同じくらい重要なことなのです。

犬のストレスを解消するオススメの方法

ストレス2

Sponsored Link

ストレスを抱えている状態というのは人間も同じですが心身の健康に何かしらの悪影響を与えます。

日頃からストレスを与えないようにお世話をすることも重要ですが、実際に犬がストレスを抱え込んでしまったらそれらをなるべく早く解消してあげる必要があります。

そこで、今すぐ実践できるオススメのストレス解消法について3つ紹介します。

解消法1:積極的に外に連れ出し散歩や運動をさせる

先程も述べましたが、犬は身体を動かすことが大好きな動物であるため積極的に外に連れ出し運動させることでストレスの解消に繋がります。

犬を飼う上で毎日散歩に連れて行くことは皆さんも既にご存知可と思いますが、特に身体の大きな犬や大型犬に分類される犬種は散歩も含めて1日1〜2時間の運動が必要となります。

そのため、ストレスを抱えている兆候が見えたら運動量を増やすためにいつもの散歩コースを伸ばす、いつもより長めに散歩するなど工夫して運動させてあげましょう。

また、休日等はドックランやペット専用の運動施設に連れて行き思いっきり羽を伸ばさせて上げることもストレスの解消だけでなく心身の健康にもつながります。

解消法2:飼い主の方からコミュニケーションを取る

皆さんは一日にどれくらいの時間愛犬とコミュニケーションを取っていますか。

「言葉が分からないし意味がない」という考えの方もいると思いますが、飼い主の方から積極的に会話しよう、コミュニケーションを取ろうという姿勢は犬が幸せになるための重要な行為です。

犬にとって飼い主は主人でもあり一緒に生活をともにするパートナーでもあります。

先程も犬と人間の間には密接な関係があるという話をしましたが、例え言葉がわからなくても良きパートナーとしてコミュニケーションを取ることは心身の健康に大きな影響を与えます。

そのため、名前を呼んであげる、スキンシップを取る、また愛犬の方から何かアクションを起こしてきたらしっかり反応してあげるということが、シンプルなことですがストレス解消にもつながる重要なことなのです。

解消法3:新しいおもちゃなどで刺激を与える

人間も同じですが、犬も毎日同じことばかりしていると退屈な日常に飽きてしまいストレスを感じてしまいます。

そのため、例えば新しいおもちゃを与える、今まで行ったことのない場所に連れて行って上げるなどして「刺激」を与えて上げることがストレスの解消に繋がります。

特に年を取りあまり活発な行動をしなくなった老犬は退屈な日常にストレスを感じやすくなります。

その際は何かの記念日などに新しいおもちゃをプレゼンとしてあげる、大好きなお菓子を上げる、また身体は動かせなくてもペット専用のかごなどに入れて外に連れ出してあげるということがストレスを解消するための効果的な方法となります。

飼い主が出来る犬のストレス解消方法まとめ

今回は日常生活において犬がストレスを感じる原因になることや実際にストレスを抱えてしまった際に実践したいオススメのストレス解消法について紹介しました。

犬は主に食事や運動などの基本的な生活スタイルに関して、好みに合わない食事や運動不足によってストレスを感じてしまいます。

また、不安感や孤独感というのもストレスの原因になる心理状態です。

これらを意識しながら積極的に外へ連れ出し運動させたりコミュニケーションを取ることによってストレスの解消はもちろんのことお互いが良きパートナーとして生活していくための良好な関係を築くことにも繋がります。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*