pometiwa-i

ミックス犬と雑種の違いって?それぞれを飼う際の注意点とは

皆さんは雑種犬とミックス犬の違いについてご存知ですが。それらの犬種を飼う際にはそれぞれのメリット・デメリットも含め飼い方の違いについても知っておく必要があります。

犬の種類には純血種、雑種犬とミックス犬の大きく3つのタイプに別れています。

しかし、それぞれ明確な違いについてしっかり理解している方は少ないことでしょう。

そこで今回はよく混同されがちな雑種犬とミックス犬の違いやそれぞれのメリット・デメリット、また飼い方について一緒に見ていきましょう。

ミックス犬と雑種犬の違いや飼い方とは?

tiwamaru1

「ミックス犬」「雑種犬」といった言葉はよく耳にしますが、多くの方がそれらは同じであると勘違いしている場合があります。

そこでまず、それぞれの明確な違いや正しい飼い方について一緒に考えていきましょう。

Sponsored Link

ミックス犬

ミックス犬とは、異なる純血種同士の人工的な交配によって生まれた第一世代の犬を意味します。

「F1」「ハイブリット犬」「デザイン犬」とも呼ばれることがあり、ペットショップ等では購入の際に血統書が発行されません。

お互いの親の長所を引き継ぐ「雑種強勢」という作用によって身体的、見た目的にたくさんの長所があるということがミックス犬を作り出す主な目的になります。

ミックス犬の主な掛け合わせ例としてはチワワとプードルをかけ合わせたチワプー、マルチーズとミニチュアダックスフンドとのマルックスが挙げられます。

ミックス犬の殆どは比較的小型犬に分類されることが多いため温度調節ができる屋内での飼育がオススメです。

雑種犬

雑種犬とは、その名の通り2種類以上の様々な犬種が混じり合って生まれた犬を意味します。

ミックス犬とは違って人間の意図しない形の交配によって生まれるため、一般的に野良犬や屋外で飼育している犬が人間の知らないところで繁殖して生まれるケースが多いです。

日本でよく見かける雑種犬の例としては秋田犬や柴犬など「和系犬」と呼ばれる犬種が主に挙げられます。

雑種犬の飼い方に関して、もともと野生や野良犬として生活していた犬の遺伝子を引き継いでいるため、屋外での飼育も充分可能です。

ミックス犬のメリットとデメリット

ミックス犬と雑種犬の違いについて分かったところでミックス犬を飼うメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1:比較的身体が頑丈で病気にかかりにくい

ミックス犬のメリットとしてまず、比較的身体が頑丈で病気にかかりにくいということが挙げられます。

先程も少し触れたようにミックス犬を生み出す際には純血種同士を交配させるため、両親の良いところを受け継ぐ雑種強勢が作用し丈夫な身体で生まれてくるのです。

病気に強くなるための免疫力だけでなく一般的に両親のいずれかより優れた方の体質や性格も受け継ぐことになるため、ミックス犬は純血種に比べて抜け毛や無駄吠えなどの体質的、性格的欠点が少なことも魅力の一つとなります。

メリット2:唯一無二の容姿を楽しむことができる

犬は一度に数匹から数十匹の子犬を出産すると言われていますが、ミックス犬の場合同じタイミングで生まれた子犬はそれぞれ両親の遺伝子の受け継ぎ方が異なるため当然容姿も異なります。

兄弟姉妹であっても体格や毛質、毛並みなどはそれぞれ異なり、両親の遺伝子をどのように受け継ぎ容姿の形成がされるかは成犬になった時に分かります。

つまり、ミックス犬には唯一無二のビジュアル(容姿)を楽しめるという視覚的な魅力もあるのです。

デメリット:個人での繁殖には注意が必要

ミックス犬は雑種強勢によって丈夫な体になりやすいというメリットについて先程紹介しましたが、特に個人でミックス犬を繁殖させようとする際には注意が必要です。

というのも犬種によって交配の相性に関して向き・不向きがあり、例えば心臓が悪い犬種同士、身体の一部に疾患が出やすい犬種同士の交配で生まれたミックス犬は短所や欠点だけを受け継いでしまうという可能性があるからです。

つまり、純血種であれば何でも良いというわけでなく適切な掛け合わせパターンを知るには専門的な知識を要するため個人でのミックス犬の繁殖はあまりオススメできません。

雑種犬のメリットとデメリット

pomepu-1

以上がミックス犬のメリットとデメリットとなります。

一方で雑種犬にもメリットやデメリットがあるのでそれらについても見ていきましょう。

Sponsored Link

メリット:純血種特有の病気にかかりにくい

雑種強勢による恩恵はミックス犬の場合にもありますが、雑種犬の場合はより多くの遺伝子が混ざり合うことによって遺伝子的な欠点が補われやすくなります。

例えば、ブルドックなどの短頭種と呼ばれる犬種はもともと呼吸器系が弱く疾患が出やすいと言われていますが、交配の際に多種の血が混ざることによって遺伝子の欠点が薄まり特定の病気にかかりにくくなるのです。

また、雑種犬の交尾の合は冒頭でも紹介したとおり、比較的近隣地域の犬同士が交配することによって生まれるためその地域での気候や環境に適応しやすくなります。

デメリット:しつけが難しい

雑種犬のデメリットとしてはしつけが難しいということが挙げられます。

特に雑種犬同士の交配で生まれた第一世代というのは親からどのような性質や性格を受け継ぐのかそのルーツを判断することが難しいため、どのように育てたりしつけをしたら良いのか情報が少ないため分からない場合があります。

ミックス犬と雑種犬はどちらがオススメ?

これから実際に犬を飼うことを検討されている方の中にはミックス犬か雑種犬、もしくは純血種のどれが良いか悩んでいる方も少なくないでしょう。

しかし、それぞれの犬種にメリットや魅力があれば同様にデメリットや短所もあるため、どの犬種が一番良いかということは一概には言えません。

それぞれのメリットやデメリットを考慮した上でしっかり判断すれば、たとえ最初の内は飼育が大変であっても愛情を持って育ててあげれば犬は必ず応えてくれます。

ミックス犬と雑種犬の違いとは?まとめ

今回はミックス犬と雑種犬の主な違いや飼い方のポイント、またそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しました。

ミックス犬と雑種犬はよく混同されがちですが、大きな違いとしては交配や繁殖が人工的であるか、もしくは自然であるかという点が挙げられます。

また、一言にミックス犬や雑種犬と言ってもかけ合わせのパターンは数多くあるため、それぞれ異なった性質を持っている場合もあります。

ミックス犬・雑種犬にはメリット・デメリットがありどちらが良いとは一概には言えませんが犬選びの際にはそれぞれの特徴をしっかり理解した上で自分に合った種類を選んでみましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*