maru-ki--i

ミックス犬の飼い方のポイントは?特徴や魅力を探ってみた!

今回はミックス犬の特徴や魅力について詳しくまとめました。実際にミックス犬を飼うことを検討されている方のために飼い方のポイントについても紹介します。是非参考にして下さい。

犬好きの方なら「ミックス犬」という犬種を一度は聞いたことがあると思いますが、人気の犬種であるミックス犬にはいくつかの特徴や魅力があります。

また、実際に飼う際には通常の犬種とは違いいくつか飼い方に関してポイントがあるので予めしっかりと理解しておきましょう。

ミックス犬の魅力や特徴とは?

marupu-1

それではミックス犬の魅力や特徴についてまず見ていきましょう。

ミックス犬には他の犬種と比べて特有の性質があり、実際に飼育する際にもそれらを事前に知っておくことで正しい飼い方につなげることができます。

Sponsored Link

魅力や特徴1:両親の良い遺伝子を受け継いでいる

ミックス犬の最大の魅力として挙げられることが両親の良い遺伝子を受け継いでいるということです。

一般的にミックス犬を繁殖する際には異なった純血種の犬同士を交配させるのですが、生まれてくる子供は「雑種強勢」によって両親の性質上、また見た目に関しての一般的に長所を受け継ぎます。

そのため、例えばキャバリアやポメラニアンといった飼育する際に抜け毛をしやすい犬種と毛の抜けにくいプードルを交配させることによってプードルの巻き毛で抜け毛しにくいという性質を受け継いだ子犬が生まれます。

また、ブルドックのような呼吸器系の疾患にかかりやすい犬種とそうでない純血種を交配させることによってブルドックの劣性遺伝子が薄まり特定の病気にかかりにくくなるというメリットもあります。

このように、ミックス犬は親の遺伝子の「いいとこ取り」をして生まれてくることで比較的身体が丈夫で長生きしやすいという傾向があるのです。

魅力や特徴2:世界で一匹だけの容姿を楽しめる

ミックス犬には世界で一匹だけのオリジナルの容姿を持って生まれてくるという独自の特徴があります。

犬はたいてい一度に数匹から数十匹の子犬を出産しますが、純血種や雑種犬の場合両親の遺伝子をほとんどの平等に引き継ぎ生まれてくるため子犬の容姿は両親に似ており、兄弟姉妹同士でもそれほど際立った違いは起こりません。

しかし、ミックス犬の場合は例え同じタイミングで生まれた子犬同士でもそれぞれ両親の遺伝子の引き継ぎ方は異なるため、一匹一匹個性溢れる容姿を持って生まれてきます。

見た目だけでなく両親の性格や体格もランダムに決まり家族内でも個体差が出てくるため、それぞれの成長段階においていろいろな楽しみ方が出来るという楽しみもあります。

魅力や特徴3:比較的安価で購入できる

犬種やお店によって異なるため一概には言えませんが、ミックス犬は雑種犬や純血種に比べて比較的安価で購入することができます。

その理由の一つとして、ミックス犬は人為的に異なる純血種同士を交配させて繁殖させるためある程度の需要を確保できること、また購入する際に血統書がつかないことも手頃な値段で購入できる理由となります。

犬種問わず犬を飼育するためには当然ですが毎日のエサ代やワクチン代、その他生活費がかかるため経済的負担がそれなりに掛かります。

犬を飼いたいけど経済的な理由で手が出せないという方には購入金額を少し抑えることが出来るためミックス犬がオススメなのです。

ミックス犬の飼い方のポイント

キャバプー

以上の3点がミックス犬の主な魅力や特徴になります。

ミックス犬は他の犬種に比べて親の良い遺伝子を受け継ぐため比較的身体が丈夫で見た目もそれぞれ異なるとうい魅力がありますが、当然短所や飼育する上で注意すべきことがあります。

そこで、実際にミックス犬を飼育する際に知っておきたい飼い方のポイントについてご紹介します。

Sponsored Link

ポイント1:屋内外がオススメ

ミックス犬を飼育する際には屋外よりも屋内で飼育することをオススメします。

というのも現在日本で販売されているミックス犬のほとんどは小型犬であり、小型犬は中型・大型犬に比べて体温調節が苦手な傾向にあるからです。

また、夏場の日光に長時間当たる、冬場の寒空の中屋外で過ごすといったことは体調不良にも繋がりかねません。

そのためミックス犬を飼う際にはできるだけ屋内で飼育し室温調整もしっかり行いながら快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

ポイント2:食事や運動は普通の犬と同じ

ミックス犬を飼う際に食事や運動などの基本的な生活習慣は普通の犬種とさほど変わりません。

しかし注意点があり、ミックス犬の場合飼育のマニュアルや性格、健康に関する情報やデータが純血種に比べて不足しているため細心の注意が必要となる場合があります。

先程も紹介した通り、ミックス犬は両親の遺伝子の受け継ぎ方は子によって異なるためどのくらい身体が大きくなるのか、どのような性格になるのか、またどのような病気にかかりやすいのか成長初期の段階では推測することが難しいです。

つまりミックス犬の場合実際に成長してから出ないと分からないことがいくつかあるのです。

ミックス犬を飼う際には予め両親や先祖の先天的疾患や体質や性質についてしっかり調べ、早急に対処できるように準備する必要があるのです。

ミックス犬のブリードには専門知識が必要

ミックス犬は異なる純血種同士の「人為的」な交配によって生まれてくる子犬を意味しますが、純血種であれば何でも良いというわけでは決してなく、科学的なデータに基づいた知識を必要とします。

というのも体格的、性質的な理由からもともと禁止されている掛け合わせのパターンがいくつかあり、それを知らずに交配させてしまうと身体的、性質的に疾患や何らかの異常を伴ったミックス犬が生まれてくるという可能性も十分にあり得るからです。

その他にも倫理的な理由もあり、実際にミックス犬が誕生してから「こんなはずじゃなかった」という理由で飼育を途中で放棄してしまう飼い主さんも中にはいます。

そのため素人によるミックス犬の繁殖はあまり推奨できません。

ミックス犬の特徴や魅力まとめ

今回はミックス犬の特徴や魅力、また飼い方のポイントについて詳しく紹介してきました。

ミックス犬は両親の良い遺伝子を受け継ぎやすいという特徴があるため、比較的頑丈で長生きする傾向にあります。

また、同じ兄弟姉妹同士でもそれぞれ個性的な容姿や性質を持つことからそれぞれ特徴的な個性を楽しむこともできます。

実際にミックス犬を飼育することを検討されている方は以上で紹介したことを是非参考にして下さい。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*