犬を1匹飼うのにかかる費用は?犬が生きていくために必要なお金

1匹の犬を迎えれてから、生涯にわたりお世話をする場合、一体どれぐらいお金がかかるかご存知ですか?フード代やグッズ代は勿論のこと、ワクチン代や医療費等様々な出費がかかります。犬を迎え入れる前に、必要な費用をしっかり想定しておきましょう。

犬を飼うということは、人生の中でも一大イベントです。

でも、実際に犬を飼うとなると、どれくらい費用がかかるものなのか気になりますよね。

これから飼いたいと検討している人や、今まさに飼っている人は必見です!

今回は、実際にかかる費用や生涯にかかるお金の話をさせていただきます。

犬を飼う初期費用は?

犬と飼い主

犬を家族の一員として迎えるということは、食事の健康管理はもちろんのこと、犬が快適に暮らせるように環境を整えてあげる必要があります。

以下は、参考例として必要になるものとおおよその費用をご紹介します。

<環境を整える費用>
ゲージ代(ハウス使用時):4,000円
キャリー:3,000円
犬用トイレ:2,000円
リード、首輪:1,000円
合計 10,000円

<健康管理に関わる費用>
畜犬登録料(地域によって異なる):3,000円
狂犬病ワクチン:3,000円
混合ワクチン(2回分):16,000円
合計 22,000円

飼い主の義務として、犬の登録と狂犬病予防注射は、厚生労働省より法律で義務付けられています。

また狂犬病法により、生後90日以上の犬は狂犬病の予防接種を受け、30日以内に所在地を環軸する役所か保健所へ畜犬登録をしなければいけません。

ペットショップやブリーダーから迎えた場合は、畜犬登録やワクチンの処理が済んでいるのか、支払金額に含まれているのか確認しましょう!

厚生労働省 公式HP

Sponsored Link

犬を飼う1ヶ月の費用は?

現在、犬を飼っている人のなかでも1ヶ月にかかる費用を把握していない人もいるかと思います。

そこでまず、1ヶ月にかかる参考となる費用を解説していきます!

Sponsored Link

犬を飼うときの1ヶ月の費用

毎月定期的に必要な費用となるのが、以下の通りです。

<1ヶ月の費用合計> 
フード代:5,000円
シャンプー代:1,500円
トリミング代:1,500円
ケアグッズ代:2,000円
合計 10,000円

これは、犬を飼い始めた人を想定したシュミレーションです。

犬のサイズによって、費用の差はありますが、平均的に必要なお金になります。

この他にも、犬が原因となる家具の修繕費しつけ教育費、病気の治療費といった臨時で必要になることがあります。

犬の病気やケガ

犬が病気やケガをした場合は、ペット病院に通うことになります。

その時の治療費は、全額自己負担になるため出費が多くなることがあります。

東京都の調査報告書によれば、1年間の平均医療費は約3~6万円です。

生涯の医療費用は、約70~90万円になります。

また、犬に子どもを生ませないようにする場合は、去勢・避妊手術の費用が必要になってきます。

犬を飼う1年間の費用は?

犬を飼うにあたって、年間で必要になる費用を解説していきます。

犬を飼うときの1年間の費用

毎年、定期的に必要な費用となるのが、以下の通りです。

〈1年間の費用合計〉小型犬のケース
病気や怪我の治療費:50,000円
フード代:35,000円
しつけ教育・トレーニング代:10,000円
シャンプー・トリミング・カット代:30,000円
ペット保険代:30,000円
健康診断・ワクチン予防代:20,000円
洋服・日用品代:30,000円
ドッグランなど遊ぶ施設代:5,000円
首輪・リード代:7,000円
合計 217,000円

これは、小型犬をモデルとしたときのケースです。

この他、亡くなったときの火葬代お墓代などが必要になる場合があります。

犬を飼う費用の節約

犬と飼い主

費用を少しでも節約したい。そんなとき知っておくと便利な豆知識をご紹介します。

犬用グッズのまとめ買い

まず、消耗品はまとめて買うようにしましょう!

例えば、ドッグフードトイレ用品など消耗品とされるものは、まとめ買いがお得です。

特にトイレシーツは消耗品になるので、溜めて置く場所があれば、ネットショップで格安なショップを探してまとめ買いするなど賢く利用しましょう。

セールを活用

賞味期限がない犬用グッズの購入は、アウトレットセールやバーゲンイベントを狙うのがおすすめです。

また季節商品は、シーズンオフの時を狙って購入するとお得です。

夏に活躍するクールマットは、夏が終わるとセール価格になり、冬用の温かいベットや散歩する服も春に入るとセール価格になります。

オークションを利用

メルカリやヤフオクといった個人間での売買にも、ペット用品が多く出品されています。

これから犬を迎える方は、グッズを揃えるのに活用すれば大幅に出費を抑えることができますよね。

新品にこだわりがないという方は、かなり格安で手に入れることができるので、検討してみてはいかがでしょうか。

犬を飼うのかかる生涯費用は?

先ほど解説した1ヶ月と1年間の費用をもとに、小型犬・中型犬・大型犬とそれぞれ、18年・15年・13年生きたと仮定して必要となる生涯費用を計算してみました。

犬を飼う生涯費用

〈小型犬のケース〉18年
初期費用:35,000円
毎月費用:10,000円×12ヶ月×18年=2,160,000円
毎年費用(医療費):38,000円×18年=684,000円
生涯費用:2,879,000円

〈中型犬のケース〉15年
初期費用:35,000円
毎月費用:11,000円×12ヵ月×15年=1,980,000円
毎年費用(医療費):46,500円×15年=697,500円
生涯費用:2,712,500円

〈大型犬のケース〉13年
初期費用:35,000円
毎月費用:12,000円×12か月×13年=1,872,000円
毎年費用(医療費):54,500円×13年=708,500円
生涯費用:2,615,500円

以上の結果となります。

小型犬で約280万円、中型犬で約270万円、大型犬で約260万円となりました。

実際には、病気や手術に伴う費用や、飼い主の旅行に合わせたペットシッター費用などの出費を考慮して、少し余裕を持って見積もりをした方がいいでしょう!

犬を1匹飼うのにかかる費用|まとめ

いかがでしたでしょうか?

犬を飼うには以外とお金がかかると思われた方が多いのではないでしょうか。

けれども、犬を家族の一員に迎え入れたときから、毎日の生活に幸せを与えてくれます。

生涯責任をもって飼う覚悟とお金が必要なのです。

お互いの幸せのかたちを家族で相談し、一目惚れした犬との生活を思い描いてみましょう!

Sponsored Link

関連記事