ブルドッグ

犬には地震予知能力がある!その行動には理由があった?

実は、犬には地震の予知能力があります。今まで理由がわからなかった行動も、地震予知のせいかもしれません。今回はこの犬の地震予知や、実際に地震が来たときの対策法についてまとめました。

犬には地震の予知能力があるって知っていましたか?犬は地震の前兆を察知し、ソワソワしたり普段とは違った行動を取ることがあるのです。

今回は、犬の地震予知能力について詳しく解説します。

今まで理由がわからなかった行動も、もしかしたら地震予知だったのかもしれません。

犬は地震を予知できる?

被災地にいる犬

犬は地震が起こる前に、その地震を予知できると言われています。

犬がしっかりと地震を予知できるのは震度5を超えるような大地震が多く、そのような地震の前にはソワソワしたり怯えたりと普段とは違った行動を取ることがあるようです。

宏観異常現象とは?

宏観(こうかん)異常現象とは、特殊な機器以外で観察できる地震前の異常な前兆現象のことを言います。

科学的に証明されているかどうかに関わらず、様々なものが宏観異常現象とされています。

犬の地震予知能力もこの宏観異常現象です。

いつもよりソワソワして落ち着きがなかったり怯えたりといった行動を始め、しきりに吠えたりすると宏観異常現象かもしれません。

他には地面の匂いを嗅いだり、逃げ出そうとしたりするのも宏観異常現象の1つとされています。

ちなみに、犬の異常行動だけでなく猫や鳥など他の動物の異常行動も宏観異常現象です。

犬だけでなく他の動物たちにも地震を予知する力があるのかもしれません。

過去の大地震での地震予知

日本は世界の中でも特に地震の多い国というだけあって、過去に何度も犬の地震予知が目撃されています。

非常に大きな被害を出した東日本大震災でも、地震の直前に犬がいつもと違った行動を取り始めたそうです。

他には阪神淡路大震災の時も同様に犬の宏観異常現象が見られたそうです。

これからも日本では大地震が起こる可能性が高いと言われています。

愛犬がいつもと違った行動を取り始めたら、地震が来る可能性も考えてみると良いかもしれません。

地震を予知できる理由は?

では、なぜ犬たちは地震を予知できるのでしょうか。

実はまだ地震を予知できる理由はわかっていませんが、いくつか有力な説はあります。

犬は人間よりも嗅覚を始めとした様々な器官が発達しているため、人間には感じ取れない何かを感じ取っているようです。

電磁波を感じ取っているという説

犬は人間よりもはるかに鋭い感覚を持っており、微弱な電磁波も感じることができると考えられています。

地震が起こる際は岩盤がこすれ合ったりぶつかったりした時に微弱な電磁波が出るため、それを感じ取っているのではないか、というのがこの説です。

地震発生時の詳しいメカニズムや動物たちが電磁波を感じる仕組みについてはわかっていない部分も多いため科学的に証明はできないそうですが、有力な説の1つとされています。

初期の微小な揺れを感じ取っているという説

地震は最初に起こる小さな揺れのP波と、その後に来る大きな揺れのS波に別れています。

犬は、このP波を感じ取って地震を予知しているのではないか、と言う説もあります。

P波から地震を検知するという仕組みは実際に緊急地震速報のシステムでも使われています。

犬の鋭い感覚ならこの細かい揺れにも気がつくことができるのかもしれません。

様々なものを総合的に感知している?

「P波を感じて地震を予知している」というのはあり得そうな話ですが、犬によっては数日前から異常な行動を取り始める場合もあるそうです。

P波は地震の直前に起こるので、これだけでは説明がつかなくなってしまいます。

なので、犬は電磁波やP波といった特定のものだけでなく、それらを含めた様々な現象を総合的に察知しているのかもしれません。

地震時には電磁波だけでなく人間には聞こえない音などが出ている可能性もあります。

それが地震によるものだと知っているかどうかはわかりませんが、なにかいつもと違う現象を本能的に察知しているのは間違いないようです。

犬が異常な行動を取り始めた時は?

さまよう犬

愛犬がいつもと違う行動を取っているなと感じたときは、地震を予知していることも考えられます。

しかし全ての犬が地震を予知できるわけではなく、他の原因でおかしな行動を取っていることも十分に考えられます。

まずは病気などの可能性を考えましょう

犬がおかしな行動を取り始めた時は、まずは落ち着いて病気などの可能性を考えましょう。

地震を予知していることも考えられますが、大地震はそこまで頻繁に起きるものではありませんので他のことが原因で異常行動を取っている可能性の方が高いです。

心配ならまずは獣医さんに見てもらうなどして、それでも原因がわからなかったら地震の可能性も考えて良いかもしれません。

実際に地震が起こった時は?

もし実際に地震が起こってしまったら落ち着いて愛犬と自分の安全を確保することが大切です。

地震が起こると犬もパニック状態になってしまうため、そのままの状態にしておくのは危険です。

愛犬の安全のためにも、飼い主さんが安全に行動できるためにも、ハードクレートのような頑丈で安全な場所に入れてあげると良いでしょう。

犬以外も地震予知できる?

地震予知は犬に限った話ではありません。

猫や鳥など他の動物も地震前にいつもと違った行動を取ることがあるそうです。

特に犬と同様にペットとしての人気も高い猫の地震予知は頻繁に目撃されており、犬だけでなく様々な動物が地震を予知する力を持っていることがわかります。

猫を飼っている方も、ぜひその行動を気にかけてあげてはいかがでしょうか。

まとめ

犬は時々地震を予知することがあります。

大地震の前になると、急にソワソワし始めたり怖がったりする場合があるようです。

実際に日本でも過去の大地震でこのような行動は頻繁に目撃されています。

しかし、未だになぜ地震を予知できるのかは正確にはわかっていません。

電磁波小さな揺れなどを察知しているのではないかと推測されています。

しかし、もしいつもと違った行動を取り始めたからといって必ず地震を予知しているとは限りません

大地震はそこまで頻繁に起こるものではなく、全ての犬が地震を予知できるわけではありません。

まずは病気などの可能性を考え、それでも原因がわからなかったら地震のことも考えて良いかもしれません。

また、実際に地震が起こってしまったら犬はパニック状態になってしまいます。

まずは落ち着いて愛犬の安全を確保してあげてから、飼い主さん地震の安全も確保するようにしてください。

関連記事

コメントを残す

*