ドッグフードについて

ロイヤルカナンのベッツプランドッグフードの違いとは?口コミや効果

愛犬の毎日の食事に頭を悩ませる飼い主さんは、多いですよね。特に病気などを抱えていると、食事制限をしなければいけない場合があります。今回は、病気や疾患別に開発されたロイヤルカナンベッツプランの口コミやドッグフードの違いについて解説します。

たくさんあるドッグフードの中から愛犬のご飯を選ぶ時、どんな点に注目していますか?

飼い主さん自身が口にすることはなくても、わが子のように思う愛犬に与えるフード選びは慎重になりますよね。

そんなフードも、愛犬の年齢・体調によって変えていく必要がありますが、特定の病気や疾患に効果が期待出来るロイヤルカナンベッツプランというドッグフードをご存じですか?

Sponsored Link

ロイヤルカナンベッツプランとは

インターネットの通販サイトからロイヤルカナンベッツプランを購入することは出来ますが、ベッツプランは通常のドッグフードとは違い、そのペットの状態や症状に合わせて栄養バランスを調整している療法食6種類あります。

  • ニュータードケア
  • ウエイトケア
  • スキンケアプラス成犬用
  • セレクトスキンケア
  • pHケア
  • エイジングケア

そもそも療法食とは、特定の病気や疾患に合わせて栄養バランスを特別に調整し、専門的なアドバイスや処方に従って与えるペットフードのことです。

人であっても糖尿病などにかかると食事制限がありますが、これは犬も同様で食事制限をしなければいけない病気もあり、そういった時に療養食を摂ります。

そのため健康な子犬や成犬症状に合っていないフードだった場合ベッツプランにすると、かえって必要な栄養素が足りず、健康に良くない影響が出る可能性があります。

簡単に購入することが出来るからと言っても、専門の知識を持つ獣医師と相談の上与えることが望ましいフードです。

ロイヤルカナンベッツプランの基本情報

白い子犬

先ほどもベッツプランは6種類あると解説しましたが、次にそれぞれどんな特徴を持つのか解説していきます。

ベッツプランニュータードケア

これは、生後6カ月齢からの避妊・去勢手術後の犬に向けたドライフードです。

避妊・去勢手術を行うことで発情によるストレスや生殖器に関する病気のリスクを減らすことが出来る反面、手術後は活動量が少なくなるだけでなく、性ホルモンの分泌が止まってしまうため手術前と同じ量のフードを与えていると、太りやすくなってしまいます。

ニュータードケアでは、そんな避妊・去勢手術後の体重維持のためにカロリー調整がされており、少量でも満腹感が得られるように食物繊維が多く含まれています。

カロリー計算は手間がかかるだけでなく、その犬よって摂るべき1日あたりのカロリーは異なるため、手作りではなかなかカロリー計算も難しいかと思います。

このニュータードケアでは、ロイヤルカナンで製造されている成犬用フードと比較しても、カロリーは約15%抑えられているため安心です。

ベッツプランウェイトケア

これはニュータードケアとは異なり、元より肥満気味の犬や運動量の少ない犬のためのフードです。

肥満になることで病気や疾患にかかるリスクが高くなるため、太り過ぎないように適正量のフードを与えることが良いですが、肥満だからと言って急にフードの量を減らすとストレスが溜まり、病気予防のためのダイエットでかえって病気になってしまう可能性があります。

ウェイトケアの主原料は肉類で、これは単純に体重を落とすだけでなく、筋肉量は維持したまま、脂肪を減らすことを目的とするため肉類から摂れるタンパク質を主原料とし、肉類と言う高い嗜好性を持たせることで愛犬にとって食べやすいフードにしています。

また、肥満になると骨や関節への負担も大きくなることから、グルコサミンやコンドロイチン硫酸と言った、骨などの健康維持に必要不可欠なビタミンも多く含まれています。

ベッツプランスキンケアプラス成犬用

これは皮膚の健康維持と、食物アレルギーが原因で起こる皮膚や被毛のトラブルの改善に効果が期待出来る成犬用フードです。

犬種によって異なりますが、シングルコートの場合は皮膚の乾燥や、被毛が絡まることでトラブルの原因となったり、ダブルコートの場合はその分厚い被毛が原因で蒸れやすく、どちらであっても犬は被毛や皮膚のトラブルを起こす可能性が高いと言われています。

また被毛だけでなく、食物によるアレルギーを起こすことで酷い場合には出血するほど掻きむしり、そこから菌が入り病気となる可能性があります。

消化性の高い植物性タンパク質を主に使用し、皮膚の健康維持に欠かせないパントテン酸やイノシトール、ナイアシン、コリン、ヒスチジンを配合することで皮膚のバリア機能を維持効果やルリチシャオイルやEPAが配合されているため、被毛の健康維持効果も期待出来ます。

セレクトスキンケア

商品名だけで見るとスキンケアプラス成犬用と、どういった違いがあるのか分かりづらいですが、セレクトスキンケアは皮膚や被毛だけでなく消化管の健康維持に配慮が必要な成犬用フードです。

犬が食物アレルギーを起こしづらいと言われている米が主原料であり、消化性の高いタンパク質を持つ七面鳥が使用されていることから、皮膚や被毛だけでなく腸内環境の改善にも効果が期待出来ます。

アレルギーや皮膚トラブル、腸内環境の改善だけでなく、オメガ3などが含まれているため健康な被毛の維持にも効果的です。

ベッツプランpHケア

【療法食】 ベッツプラン ドッグフード pHケア 3kg

【療法食】 ベッツプラン ドッグフード pHケア 3kg

2,960円(10/22 13:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

これは、犬の下部尿路の健康維持に配慮するべき成犬のためのフードです。

下部尿路とは、尿道や膀胱に関する疾患を総称したもので、特に犬は尿路結石症と言う痛みの強い疾患にかかりやすく、このフードを食べることでリスクを軽減することが出来ます。

この製品では、他のフードと比べてミネラル成分が調整されており、尿のpHを弱酸性に保ち、健康的な尿量などを維持出来るように工夫されています。

それだけではなく、健康的な腸内菌バランス歯の健康を維持出来るようにも配慮されているため、下部尿路のケアと同時にその他のケアも、この製品で行うことが出来ます。

ベッツプランエイジングケア

ベッツプラン (Vets Plan) 準療法食 犬 エイジングケア 3kg

ベッツプラン (Vets Plan) 準療法食 犬 エイジングケア 3kg

3,150円(10/22 13:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

これまでの製品とは異なり中高齢犬向けのフードで主に、老化に伴って起こる心臓や腎臓機能の低下に配慮されています。

犬も人と同じように、老化に伴って認知症などの脳や腎臓の病気を引き起こしたり、運動量が減ることによって筋力の低下、下部尿路のトラブルも引き起こす子が多いため、そういった加齢に伴ってかかりやすい病気や疾患の予防に期待が出来ます。

老化が進むと次第に大好きだったご飯にもあまり興味を示さない子もいるため、食いつきが良くなったと評判のロイヤルカナンを検討される方は多いと言われています。

ロイヤルカナンベッツプランの口コミや評判は?

首を傾げた犬

今現在、獣医師やブリーダーなどの専門知識を持つ方からベッツプランを勧められている方もいるかと思います。

しかし、食事は愛犬の健康のために最も重要と言っても過言ではないため、これまでの一般的なドッグフードとの違いが大きい療法食に変えることに戸惑いますよね。

次に、ロイヤルカナンベッツプランの中でも利用されている飼い主さんが多いニュータードケアとセレクトスキンケアの2つの口コミをご紹介していきます。

ニュータードケアの口コミ

我が家ではメスの柴犬がいます。
小さい時に去勢手術をした時に獣医さんからの注意点として伝えられたのは、ホルモンバランスの乱れによる「太りやすくなる」ことでした。
対処方法として勧められたのがこのドッグフードです。
初めは動物病院で購入していましたが、家まで持ち運びが重いので、AMAZON購入に切り替えました。
(配達員の方には申し訳ないのですが)家で受け取れるのでとても楽になりました。
商品自体に不備はないため、とても助かっています

引用: Amazon

良い口コミ

動物病院の先生から去勢手術による体重超過の為ダイエット指導の際にこちらを勧められました。
今までなかなか気に入ったエサに出会えずとっかえひっかえ。
ごはんをあげる度に大声でワンワン叫んで何言ってるかよく分からず、 顔を背けて食べなかったり残したりを繰り返す日々。
こちらに変えた途端にガツガツぺろりと食べるようになり唖然とするほど・・・
相当気に入り、ごはんの時間になるともらえるまでじーっと見つめてきます。
今後は体重がどう変化するかが課題ですが、気に入ってくれてほっとしてます。
小分け包装だったらなおいいです。
ただ買う度に値段がうなぎ上りに数百円ずつ上がっていくので続けるのが厳しい。
定期購入でお得に購入できるようにしてほしい。

引用: Amazon

粒が小さく、大型犬には少し小さ過ぎる気がします。
喜んでたべますが、トイレが近くなった気がします。

引用: Amazon

値段はお手頃でしたが、どうやら味はいまいちらしいです。
まぁ、我が家のペットの主観ですが。

引用: Amazon

セレクトスキンケアの口コミ

良い口コミ

アレルギー検査でほとんどのフードに含まれている大麦や小麦類、他にも魚や肉類にもたくさんダメなものがあるとわかり、アレルギー対応のなかでもかなり絞られてしまう条件なので、手作り食以外でうちは市販のもので与えられるのはこちらだけです。
アレルギーのことがわかるまでうちの子はドッグフードを進んで食べず、好みなのかと思い、匂いのいい安いものから、輸入物の高級なものや天然素材使用とうたわれているものなど、たくさん試しましたが、だめでした。
ただ選り好みして、ドライフード自体が好きじゃない、そういうものだと思っていました。
でもたまたま受けたアレルギー検査をきっかけに、こちらに切り替えたとたん、一度にあげた量を完食するようになり、自分からもっと食べたいと催促するようにもなりました。
今になって思うとこの子は、これを食べたら痒くなるとか、ずーっとわかっていて、それで食べなかったのかもしれないと思うと、本当に涙が出る思いでした。
ずっと何年もこれですが、食いつきもよく、毛並みもいいです。
今回はこのフードが万人受けするとか、特別優れているという意味の五つ星ではなく、うちの子には完全にはまったという意味での評価です。
犬がご飯をモリモリたべている姿を見ることがこんなに嬉しいとは思いませんでしたし、私自身がほんとに助けられました。
コッカーのオス12歳ですが、1ヶ月に一袋のペースでなくなります。
一袋食べ終わったあとの1週間は手作り食を与えるようにしていて、またこのドライフードに戻しても問題なくよく食べてくれます。

引用: Amazon

長年、愛犬の膿皮症が治らなくて、病院に通っています。
アレルギーではなく、原因はよくわからないままです…。
薬を飲み続けるのは、体に負担がかかるため、食事改善とシャンプー療法を行っています。
いろんなフードを試したのですが、お腹が弱ったり、値段が高すぎたり…。
その中で、値段も高すぎず、お腹の調子も良かったのが、このフードでした。
正直、このフードのおかげなのか、シャンプーが効いたのかはわかりませんが、少しづつ皮膚の炎症が治まってきています。
これからも、このフードで食事改善していこうと思います。

引用: Amazon

このドッグフードに変えてから明らかに皮膚の赤み・痒がり方が悪化しました。
よくなった人もいるみたいですが、療法食だからといって安心しないで、犬の皮膚の状態を見て判断してください。

引用: Amazon

ダックスにあげましたが食いつきが非常に悪かったです。色々なものと混ぜてあげてみたりもしましたが食べてくれませんでした。
うちのワンコの好みじゃなかったんでしょうね。

引用: Amazon

ニュータードケアとセレクトスキンケア

いろいろな症状に対して期待出来る効果が異なるベッツプランの中でも、犬種や年齢問わず使用される飼い主さんが多い製品は、先ほど口コミでもご紹介した避妊・去勢手術後用のニュータードケアと、皮膚トラブルの改善用のセレクトスキンケアです。

次に、この2つの製品についてより詳しく解説していきます。

Sponsored Link

ニュータードケア

犬種や年齢に関係なく、避妊・去勢手術の後はどうしても太りやすくなる傾向にあります。

先ほどもお話した通り、発情によるストレスを避けられ、生殖器に関する病気の予防にはなりますが、肥満となってしまうことでかえって病気にかかってしまっては、困りますよね。

そんな不安の解消に、どうしてこのフードが良いのか成分や原材料を元に見てみましょう。

原材料 大麦、コーン、豚タンパク、肉類(鶏、七面鳥)、小麦粉、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、加水分解動物性タンパク、動物性油脂、チコリー、大豆油、魚油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、クエン酸カリウム、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、ゼオライト、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、Zn、P、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B1、B2、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
成分 タンパク質:36.1 g、脂肪:13.2 g、食物繊維:19.0 g、灰分:8.3 g、水分:11.4 g
代謝エネルギー 332kcal/100g

肥満予防

このフードの主原料は大麦ですが、実は大麦は水に溶けやすい水溶性食物繊維が豊富で、便通を良くし、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境が良くなることで、腸が元気になり術後の体力や免疫力が落ちている時期でもしっかりと免疫細胞が働き、ウイルスに強くアレルギーにかかりにくい体作りをサポートしてくれます。

また大麦は、腸に長くとどまるため血糖の急激な上昇を抑え、常にお腹がすいている状態にならないようにしてくれます。

排泄に関するケア

避妊・去勢手術の後は性別に関係なく排泄しづらくなってしまい、排泄を我慢する子もいます。

排泄を我慢することで、膀胱炎や尿路結石などの病気になるリスクが高まってしまいますが、このフードではそういったことも考慮し、ミネラル成分が調整されているため健康的な尿量や尿比重を維持出来るように作られています。

特に術後は、絶対安静の時期があるため外でしか排泄をしない子にとっては、ストレスがたまってしまいます。

愛犬が自宅内でも排泄しやすい環境作りも、もちろん大切ですが、こういった排泄に関するケアが出来るフードだと飼い主さんも安心出来ますね。

いつまで使用するべき?

今後の愛犬の健康のために避妊・去勢手術を行うと言っても、愛犬の不安そうな顔や辛そうな様子を見ていると、ついつい好きな食事を好きなだけ食べさせてあげたいと感じる飼い主さんは多いです。

しかし、デリケートな時期だからこそニュータードケアのような栄養バランスが良く、カロリーも計算されている療法食を与える方が、愛犬の健康にも良い効果があります。

療法食は、市販で販売されているドッグフードとは異なり獣医師による判断で与えるもののため、もし使用を中断したい場合や、これまで通りのフードに戻したい場合は必ず獣医師と相談の上で決めてください。

セレクトスキンケア

どんな時期でも、上質な被毛を身にまとっている犬にとって、皮膚や被毛に関するトラブルを抱えている犬は多いと言われています。

フレンチブルドッグやパグ、シーズー、柴犬、ゴールデンレトリバーは特に皮膚トラブルが多いと言われていますが、この他の犬種であってもアレルギーや皮膚炎を起こす可能性は十分あります。

どんな犬種でも起こる可能性のある皮膚トラブルの改善に、どうしてこの製品が良いのか成分や原材料も一緒に見ていきましょう。

原材料 米、七面鳥、加水分解動物性タンパク、動物性油脂、大豆油、ビートパルプ、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
成分 タンパク質:22.7 g、脂肪:14.5 g、食物繊維:3.5 g、灰分:6.1 g、水分:9.8 g
代謝カロリー 387kcal/100g

食物アレルギーになりにくい主原料

肉食動物の犬にとって、穀物類はアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、犬の米アレルギーは少ないと言われています。

米にはでんぷん・タンパク質・ビタミン・ミネラルと言った、犬の健康に欠かせない栄養素が含まれているだけでなく、老化防止や疲労回復、神経機能の正常化と言った効果もあるため、皮膚や消化管のトラブルを抱える子にとっては心強い食物です。

また七面鳥は、低脂肪・高たんぱくで消化に良く比較的アレルゲンにもなりにくいと言われているだけでなく、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンB6も多く含まれています。

皮膚トラブルは、被毛や皮膚にばかり目が行きがちですが、実際は食物アレルギーであったりと内臓に関することが原因となる場合もあるため、こうしたアレルゲンになりにくく消化に良い食材が主原料なのは安心ですね。

皮膚と被毛の健康を保つ脂肪酸

セレクトスキンには、オメガ3酸脂肪酸オメガ6酸脂肪酸が含まれています。

  • オメガ3脂肪酸:アレルギーやアトピー症状の緩和、皮膚や被毛の健康維持と毛ぶき毛づやに良い
  • オメガ6脂肪酸:皮膚や被毛の健康に必要不可欠、欠乏している場合には乾燥したり、フケが出やすくなる

この2つの成分は、体内で生成することが出来ないため食べ物から摂る必要があります。

皮膚や被毛の健康維持のためには必要不可欠なものと言っても、何事も摂りすぎると良いことばかりではありません

と言うのも、オメガ3は血管の柔軟性を改善出来る効果がありますが、過剰摂取することで血が止まりにくくなり、オメガ6は過剰摂取するとかえってアレルギーのような反応を起こしやすい体質になると言われています。

療養食は必ず獣医師の指導の元、愛犬に与えるもののため、適切な量を与えることで健康を維持出来るものです。

くれぐれも、過剰に与えたり、自己判断で与えたり、与えることを中止したりしないようにすることが大切です。

ロイヤルカナンベッツプランのまとめ

寝そべる犬

ロイヤルカナンベッツプランとは、病気や疾患などのトラブルを抱えた犬のために開発された療法食です。

ベッツプランは、インターネット通販で購入することが出来ますが、専門の知識を持った獣医師と相談の上で使用し、与えすぎても、与える量が少なくても症状の改善には効果がありません。

6種類あるベッツプランには、それぞれ異なる効果が期待出来ますが特に利用されている方が多いのは、避妊・去勢手術を受けた犬向けのニュータードケアと皮膚や被毛、消化管に問題のある犬向けのセレクトスキンケアです。

もし愛犬の健康に疑問を持ったら、まず動物病院を受診し療法食で効果が得られるのか検査の上で、愛犬の健康を守りましょう。

コメントを残す

*