chiwawa

チワワの性格や寿命、正しい飼い方・しつけ方・販売価格は?

メキシコ・チワワ州出身のわんちゃん「チワワ」の性格・特徴や平均寿命などをまとめました。平均寿命15年前後のチワワの長生きの秘訣は、飼い方や育て方にあります。意外と知らないチワワの歴史や名前の由来なども紹介します!

チワワの基本情報

チワワの画像

  • 原産国、地域 メキシコ・チワワ州
  • 一般的な体重 1.5~3kg
  • 一般的な体高 体高15~23cm

チワワの名前の由来

アメリカに隣接するメキシコ北部のチワワ州から基礎犬を持ち帰ったことに由来します。

Sponsored Link

チワワの歴史

チワワにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

チワワはメキシコ原産の純犬種とされていますが、いまだにその起源が分かっていないミステリアスな犬です。

チワワの起源には様々な説がありますが、特にチワワの起源として中国起源説と中南米起源説の2つの説が有力視されています。

ひとつは、9世紀にメキシコを支配していたトルテック族に宗教的儀式の生贄や食用として飼われていた「テチチ」が、チワワの祖先犬だという説です。

もうひとつは、中国にいた犬をスペイン人が新大陸へ持ち出し、大陸にいた小型犬と交配して現在のチワワに至るという説です。

おそらくチワワの起源は、この2つの説を組み合わせたようなものではなかったかと考えられています。

中南米に古くからいた「テチチ」と、中国からやってきた、毛のない小型犬が掛け合わさってできたのがチワワの原点だというのが、現在もっとも有力な説になっています。

チワワの性格や特徴

チワワには、どんな性格や特徴があるのでしょうか。

それぞれの性格や特徴をきちんと知っておくことで愛犬が長生きし(寿命が延び)、一緒に過ごせる大切な時間が増えることにも繋がります。

意外と知らないチワワ性格が見えてくるかもしれません♪

チワワの特徴や性格って?

チワワは排他的であると言われており、チワワ以外の犬種との相性は良くなく、警戒心も強いため吠えやすい傾向にあります。

よく吠えるので、臆病な犬種に言われることがありますが、自分より大型犬であっても立ち向かう姿勢があったり、実は勇敢なところもあります。

飼い主に対してはきわめて忠実で、深い愛情を示しますし、人間からたっぷり愛情をもらうことを何より喜びます。

用心深く機敏なので、番犬としても役立つでしょう。

しかしチワワには臆病な面もあるので、大きな音に怯えたり風に怯えたりすることもあります。

テチチは長毛だったと言われていますが、チワワにはスムース(短毛)とロング(長毛)の2タイプがあります。

チワワの毛色

チワワの毛の色や柄はこんな種類があります。

ホワイト&ブラック、ブラック&タン、ブラックタン&ホワイト、ブラック、フォーン、フォーン&ホワイト、レッド、レッド&ホワイト、セーブル、セーブル&ホワイト、クリーム&ホワイト、チョコレート&タン、チョコタン&ホワイト、ブルー、ブルー&タン、ブルー&タン、ブリンドル、イザベラ、イザベラタン、イザベラタン&ホワイト

チワワのミックス犬

最近増えているミックス犬。

チワワのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

チワックス(ミニチュアダックスフンド)、チワプー(ポメラニアン)、チワマル(マルチーズ)、パピチワ(パピヨン)、チワパグ(パグ)、チワズー(シーズー)、キャバチワ(キャバリア)、チワピン(ミニチュア・ピンシャー)など多くの犬種とのミックスが存在します。

チワワに似た犬種

チワワに似ている犬種はこちら!

パピヨンポメラニアン

Sponsored Link

チワワの飼い方としつけ方

犬種によって適している飼い方やしつけ方は様々です。

室内で飼う方が適している犬種もいれば、逆に屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

もちろん、性格によってしつけ方も全く変わってきます。

チワワに合わせた飼い方・しつけ方を解説します。

チワワの飼い方

勇敢かつ警戒心のあるチワワはとても吠えやすい犬種です。

そのため、家のチャイムの音や電話の音、外での慣れない音や物に反応しやすいので子犬のうちからさまざまな刺激に慣らしていくことが大切です。

チワワのしつけについては、社会性を身につけさせることがとくに重要になります。

しっかりと社会性を身につけさせないと、慣れないものに対して不安と恐怖から、吠え続けたり、攻撃性をみせたりすることがあります。

チワワが人との関わりを学ぶための重要な時期とされる生後3ヶ月頃までの「社会化期」に、飼い主との信頼関係をしっかりと築いた上で、飼い主以外の人に撫でてもらったり、ほかの犬と触れ合ったりすることで、チワワの世界を広げてあげましょう。

チワワは、室内で飼うことに適しています。

チワワのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、甘えんぼだったり社交的だったりと性格や性質は変わってきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことも大切です。

チワワの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:大型犬にも怯まず立ち向かう勇敢さがあります。
リーダーになって群を統率しようという意識が高く、相手よりも優位に立ちたい気持ちが特に顕著です。

メス:オスに比べて従順でおとなしい傾向があります。
穏やかで愛情深い自立した性格の子が多く、自分の時間や空間を大切にするのも特徴です。

チワワにおすすめのエサ

ペットのエサは数えきれない種類があります。

何を選べばいいかわからない人も多いと思いますが、エサも犬種によって様々です。

チワワの体質に合った、健康的で長生きすることにつながるエサの種類を紹介します。

チワワの特性上、以下3つの要素を含むエサがおすすめと言えます。

高たんぱく、オメガ3・オメガ6脂肪酸配合、グレインフリー(穀物不使用)

高たんぱく:チワワは室内飼いなので肥満になり易い子が多いです。

高たんぱくなフードにすることで、運動量の少ないチワワの筋肉量を維持し、基礎代謝を上げることで太りにくくなります。

オメガ3・オメガ6脂肪酸配合:ロングは美しい被毛を・スムースは健康な皮膚を維持する為にもオメガ3・オメガ6を配合したドッグフードを選ぶようにすると良いでしょう。

グレインフリー(穀物不使用):穀物に含まれる糖質は脂肪になりやすく、室内飼いの多いチワワにとっては肥満の原因になります。

また、体が小さいということはそれだけ腸も短く穀物の消化には負担がかかります。

チワワの1ヶ月の食事代(エサ代)の平均

チワワの1ヶ月の食事代(エサ代)は、約2000円~1万円です。

チワワのお風呂のペース

チワワのお風呂のペースは、月1回~2カ月に1回で良いでしょう。

チワワは体臭が少ない犬種で、室内飼いであれば汚れたり臭ったりしませんし、あまり頻繁にシャンプーすると被毛や皮膚が傷み、トラブルの原因になります。

チワワにおすすめのグッズ

チワワを飼うにあたっておすすめのグッズを紹介します♪

気持ちよく寝られるベッド、寒さ対策のために必要なチワワ用のお洋服、年間通して使える毛布など、特に体温調節できるようなチワワグッズは年間通して重宝します。

もしチワワが震えていたりしても、グッズを使用して冷静に対処できたりするので、体温調節系のチワワグッズは必須と言えます。

また、チワワは目ヤニや涙が出やすいので、涙やけ専用のローションで目元のお手入れをしてあげましょう。

チワワのかかりやすい病気

犬種の体質によって、かかりやすい病気は様々です。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてきます。

チワワがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)、水頭症、尿路結石症、低血糖症、気管虚脱、僧房弁閉鎖不全症、肛門嚢炎、角膜炎、結膜炎、流涙症、チェリーアイ、外耳炎などです。

チワワのよく使う薬・サプリ

関節疾患対策・予防にグルコサミンとコンドロイチン、涙やけ対策・予防に酵素、皮膚炎対策・予防に乳酸菌などのサプリメントが使われます。

チワワの治療平均価格

犬を飼うには、もちろん高い医療費がかかります。

最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

そして、治療費は犬種によってさまざまです。

大きな病気になり「これよりもっと高くなった」という人もいますし、病気にならない年もあるため一概には言えませんが、平均60194円がチワワの年間治療費の目安です。

病院にもよりますが、医療の技術が向上していることもあり、犬の治療費は年々上がってきていると言われています。

チワワの平均寿命と価格

チワワの平均寿命

人間よりもとても寿命が短いわんちゃん。

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

ですが、犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

チワワの平均寿命は15年前後です。

チワワの価格相場

チワワの価格相場は、20万円前後です。

チワワを飼っている主な著名人

桐谷美玲、デヴィ・スカルノ、森泉、浜崎あゆみ、マドンナ、エミネムなど多くの国内外のスター達が好んで飼っています。

チワワに関するまとめ

チワワは小柄であり身体が丈夫ではないため、室内で飼えること、また抜け毛も多いためこまめに掃除ができることなどが条件となってきます。

家庭の中ではチワワから「男性」が嫌われることが多いのは事実です。

男性はどうしても声のトーンが低く音量も大きめなので、チワワの耳に届く音声は決して優しい響きではないのです。

関連記事

コメントを残す

*