犬 おもちゃで遊ぶプレイバウ

犬のペット保険を徹底比較!保険のメリットやデメリットとは?

万が一の時に役立つペット保険ですが、加入する必要はあるのでしょうか?今回は、犬のためのペット保険のメリットやデメリットについて解説していきます。有名な保険も比較しながらご紹介しますので、ぜひご覧ください。

近年では、大切な家族の一員である愛犬のためにペット保険を利用する方が増えています。

しかし、ペット保険は本当に利用する必要があるのでしょうか?

今回は、特に犬用のペット保険のメリットデメリットについて詳しく解説します。

それぞれの保険についても比較しながらご紹介しますので、ペット保険選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

犬のペット保険とは?

かごの中で寝る犬

ペット保険とは、万が一ペットが病気やケガなどをしたときにその治療費の一部を負担してくれるというものです。

人間における医療保険のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

みんな利用しているの?

実際のところ、日本でのペット保険の利用率はまだあまり高くありません。

しかし、飼い犬を家族同然に大切にしている方が増えてきたことや動物病院を利用する方が増えてきたこともあり、ペット保険の人気は今後高まってくると予想されています。

また、ペットを室内で飼うことが多くなったため室内ならではの事故によるケガが増えており、今後ペット保険の重要性はさらに高まってくるかもしれません。

ペット保険のメリットは?

ペット保険は、やはり治療費を負担してもらえると言うのが最大のメリットになります。

多額の治療費が必要なケガや病気に備えられる

ペット保険に加入していれば、ケガや病気で多額の治療費が必要になった場合でも治療費の大部分を負担してもらえます。

人間の場合は健康保険制度があるため、支払わなくてはいけない医療費は最大でも3割となっています。

しかし、ペットの場合は保険に加入していないと全額を負担しなくてはならないため手術や入院、長期間の通院などをすると高額な治療費が請求されてしまうことも少なくありません。

そうした治療費を気にせず、しっかりと治療に専念することができるようになるのがペット保険のメリットと言えます。

動物病院を気軽に利用できる

高額な治療費がかかる場合だけでなく、ちょっとしたケガでも治療費を負担してもらえるため今まで以上に動物病院を気軽に利用できるようになります。

また、人間の保険の場合では保険金は後払いが一般的ですが、ペット保険の場合は病院の窓口で保険金を清算できるものもあります。

そのため、後払いを待つことなく、手持ちのお金が少なくても病院を利用しやすいのがペット保険の特徴と言えます。

ペット保険のデメリットは?

ペット保険もメリットばかりという訳ではありません。

利用するかどうか決める前に、デメリットも確認しておきましょう。

保険が適用されない場合がある

多くのペット保険では、去勢手術や妊娠・出産には保険が適用されません。

これは、妊娠などは病気ではないとされているためです。

他には、自然災害でのケガなども保険の適用外となってしまいます。

年齢や補償内容によっては保険金が高額になってしまう

ペットの年齢が上がるにつれ、保険金もその分高額になってしまいます。

また、補償の内容によっては必要以上の保険金を支払うことになってしまうかもしれません。

加入の際にはどれくらいの補償が必要なのか、どれくらいの保険金を払わなくてはいけないのかなどを事前に確認することが大切です。

結局、ペット保険は必要?

実際のところ、日本ではまだペット保険はあまり普及していません。

そのためペット保険は絶対に必要とは言い切れないですが、加入しておけば万が一の時の備えになることは確実です。

愛犬の健康のことを考えて備えておきたいという方は、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

もしくは、愛犬が歳を取って病気やケガのリスクが高まってきたら加入するというのも一つの手です。

支払うお金は多くなってしまいますが、効率的に保険を利用することができます。

おすすめのペット保険比較

犬のUVケアと犬専用の靴

最後に、比較的有名なペット保険をいくつかご紹介します。

PS保険(ペットメディカルサポート株式会社)

PS保険は、ペット保険の中でも人気の高い保険です。最大補償額などは以下のようになっています。

  • 年間最大補償額:110万円
  • 補償割合:50%
  • 月額:1430円〜(小型犬の場合)

年間最大補償額が110万円と他のペット保険と比較してもかなり高いことがわかります。

また、24時間365日獣医さんが対応してくれる無料の電話相談サービスがついてくるのも魅力です。

Sponsored Link

アクサダイレクトのペット保険(アクサダイレクト)

自動車保険などでも有名なアクサダイレクトのペット保険です。

  • 年間最大補償額:50万円
  • 補償割合:50%
  • 月額:1220円〜

年間最大補償額だけを見るとPS保険や他の保険に大きく見劣りしてしまいますが、アクサダイレクトの良さは他にあります。

基本的に他のペット保険はどれも1日の利用限度額や年間の利用限度日数というものが設定されています。

そのため、一度の利用額が高額になりすぎたり頻繁に利用しすぎると補償が効かなくなってしまうことがあります。

しかし、アクサダイレクトのペット保険は年間最大補償額の範囲なら1日の利用限度額や利用限度日数も無いため、頻繁な利用な高額な請求が発生する場合でも安心して利用できるのが魅力です。

フリーペット保険(FPC)

数あるペット保険の中でも平均的で利用しやすい保険になっています。

  • 年間最大補償額:85万円
  • 補償割合:50%
  • 月額:1590円〜

この保険の魅力は、様々な手厚い補償と全国全ての動物病院で使えるという安心感です。

もしどの保険に加入して良いか迷ったら、この保険を選んでおけば最低限必要な補償は受けられるかと思います。

まとめ

ペット保険はまだまだ日本では浸透していませんが、飼い犬を大切にする人が増えてきているので今後加入する人が増えるかもしれません。

また、加入者が増えれば増える程、保険会社も挙って保険金の金額を下げるでしょうから、今のうちから需要があることをアピールするのも飼い主にとって必要なことなのかもしれません。

万が一のケガや病気の治療費を負担してくれるのがペット保険のメリットです。

毎日愛犬と安心して暮らしたいという方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、利用の仕方によっては保険料が割高になってしまうというデメリットもあります。

愛犬が歳を取ってから利用するという手もありますが、年齢によって新規加入できない場合がありますので注意してください。

コメントを残す

*