あくびをする犬

犬があくびをするのはストレスが理由?心理状態や改善方法を調査

犬のあくびには様々な理由や心理状態が隠されています。愛犬が眠くもないはずの場面で見せるあくびは、もしかしたらストレスが原因かもしれません。愛犬にとって何がストレスとなっているのか、またその改善方法について調査しました。

愛犬が大きな口を開けてあくびをしている姿を、可愛いと感じながら見ている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

実は犬のあくびには様々な理由があります

今回は、犬があくびをするのはストレスが理由なのか、その心理状態と改善方法について調べてみました。

Sponsored Link

知っておきたい犬のあくびに隠された理由

散歩へ行く準備をしている時や爪切りをしている時、飼い主さんに叱られている時など、愛犬が、眠くもないはずの場面であくびをしている姿を見たことはありませんか?

普段、何気なく目にする愛犬のあくびにも、実は理由が隠されています

理由① 眠い

私たち人間と同じように、犬も眠気を感じるとあくびをします。

あくびの多くは、退屈や疲労感からくる眠気のサインです。

散歩から帰ってきた後や、たくさん遊んだ後のような、心地よい疲れがあると考えられるときのあくびの多くは、眠気によるものです。

理由② 緊張している・ストレスを感じている

人間が緊張状態の時にあくびが出てしまうのと同様に、犬も緊張状態であくびをすることがあります。

例えば飼い主さんから叱られている時や、見知らぬ人に触られたときなどには、犬は強い緊張感を覚え、あくびをします。

また、あくびは犬の代表的なストレスサインの一つでもあります。

例えば、多くの犬が苦手とするトリミング中や爪切りの途中などで見られるあくびは、ストレスが理由である場合が多いと思います。

理由③ 喜んでいる

緊張やストレスとは正反対の心理状態でも犬はあくびをします。

愛犬が、食事の前や散歩に出かける前などにあくびをしている場面を目にしたことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

嬉しくて興奮している気持ちを抑えようとする場合にも、犬はあくびをします。

理由④ カーミングシグナル

カーミングシグナルとは、不要な争いを避けるために、犬同士の間で見られるボディランゲージです。

例えば、見知らぬ犬同士が対面したときに、片方の犬は威嚇し、もう片方の犬があくびをしているというような状況の場合、そのあくびは相手に対して敵意が無いことを意味しています。

あくび以外にも、尻尾を振る、口を舐める、頭を低くする、耳を伏せるというような行動はカーミングシグナルと言えます。

理由⑤ 人間のあくびが伝染した

人のあくびを見ると、そのあくびが伝染して自分もあくびが出たという経験をしたことはないでしょうか?

人間同様に、犬も人のあくびに反応して自らもあくびをすることがあるようです。

理由⑥ 病気のサイン

普段よりあくびの回数が多かったり、普段のあくびと違った兆候がある場合には、病気のサインかもしれません。

具体的には、顎がガクガクと震えていたり、口臭がいつもよりキツい、舌の色がおかしいなどの兆候が見られる時は要注意です。

犬にとってのストレスとは?

あくびは、犬にとって代表的なストレスサインの一つです。
もし愛犬がストレスサインとしてあくびをしているとしたら、ストレスの原因を改善する必要があります。

犬はどんな時にストレスを感じやすいのでしょうか。

Sponsored Link

飼育環境

例えば、犬は暗がりの方がよく見えるため、明るすぎる照明は苦手です。

また、嗅覚が敏感であるため、香水や芳香剤などの強い匂いに対してストレスを感じることもあるかもしれません。

その他にも、高すぎる室内温度や騒音、大きな音などがストレスとなることもあります。

空腹や運動不足

空腹や運動不足のときにも、犬はストレスを感じます。
特に運動不足は犬にとって大きなストレスになりやすいため、注意が必要です。

また、運動不足とは反対に、強制的な散歩や過剰な運動などもストレスとなります。

留守番

犬はもともと群れで生活する動物です。
そして、犬同士の群れだけでなく、人間とともに過ごすことでも犬は孤独を感じずに安心して生活することができます。

そんな犬にとって、留守番でひとりぼっちになることは大きなストレスと言えるでしょう。

家族の不仲や家族構成の変化

犬は家族関係が良好ではないことを敏感に察知します。
家族の不仲は愛犬にストレスを与えることに繋がります。

また、飼い主さんの結婚や出産などによる家族構成の変化にもストレスを感じる場合があります。

改善方法

犬が眠くもないのにあくびをしている場合、飼い主さんはそのあくびの理由や心理状態に気付いてあげることが必要になります。

もし、ストレスが理由であくびをしているときには、どのような改善方法があるのでしょうか。

スキンシップ

愛犬にとって、飼い主さんとのスキンシップの時間はとても幸せな時間です。

愛犬の身体をマッサージしてあげたり撫でてあげるなど、スキンシップの時間を増やすことは、愛犬のストレス緩和に役立ちます。

また、スキンシップは、愛犬に対する愛情を伝えるためのコミュニケーションの一つです。
愛犬との絆をより深めるためにも、積極的にスキンシップの時間を取るようにしましょう。

適度な運動

運動量が少ない場合のみならず、強制的に散歩をさせたり過剰な運動をさせたりすることも犬にとってはストレスに繋がります。

愛犬の様子を見ながら、適度な運動を心がけるようにしましょう。

飼育環境を整える

人間にとって心地よい環境が、犬にとっても心地よい環境であるとは限りません。

照明、匂い、温度、音などが人間中心の設定になっていないでしょうか?

現在の飼育環境が、愛犬にとって落ち着ける環境になっているかどうかチェックしてみましょう。
ガムやおもちゃなど、ストレス解消グッズを取り入れてみるのも良いと思います。

犬があくびをする理由と心理状態まとめ

犬のあくびには、様々な理由や心理状態があることがわかりました。

その中でも、特に注意したい項目の一つがストレスサインとしてのあくびなのではないでしょうか。

愛犬がストレスからあくびをしていないかどうか、犬にとってのストレス要因を一度チェックしてみるのも良いと思います。

今後、犬にとってのあくびの意味や心理状態を理解して愛犬に接することで、愛犬との絆がより深まっていくことを願っています。

コメントを残す

*