クーバース

クーバースの飼い方や性格、寿命や値段について詳しく調べてみた

クーバースはどんな性格や特徴があるのでしょうか?クーバースの性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

クーバースをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

クーバースはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないクーバースの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

Sponsored Link

クーバースの基本情報

クーバースの画像


  • 原産国、地域 ハンガリー
  • 一般的な体重 30~52kg
  • 一般的な体高 66~75cm
  • 平均寿命   10~12年前後
  • 平均的な値段 クーバースは海外からの輸入が必要になるのでクーバースの購入費用20万円前後、手続きや手数料などを含めて最低50万円前後かかります。

クーバースの名前の由来

トルコ語で「武装した警備兵」を意味します。

英語名はクヴァソク(Kuvaszok)と言います。

旧称はハンガリアン・クーバースですがハンガリー人の暴動への感情を刺激しないようにハンガリーという言葉を取り除いて登録されました。

クーバースの歴史

今更聞けない、クーバースの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

クーバースにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

12世紀頃にトルコから移動してきた羊飼いたちが持ち込んだアクバシュをもとに改良して作られました。

当時は羊を狼や羊泥棒から守るために使われていて、ホワイトのコートは夜間でもはっきり見えるので、外敵が侵入しても主人に誤射されないようにするために好まれて固定されます。

17世紀頃になると羊飼いだけでなく、その防衛本能が高く評価され、一般の人もガードドッグとして使うようになります。

1956年にハンガリーの暴動によって多くが射殺され、絶滅の危機に瀕しました。

FCIや動物愛護団体の介入で国内での全滅を免れ、暴動の鎮静後、国内外から集めてブリーディングし頭数を回復します。

1963年にFCIに公認犬種として登録され、ヨーロッパ内外にも広く輸出されるようになります。

現在は護畜犬、番犬としてだけではなくペットとしても飼育されています。

日本にも輸入されていて、2007年度に国内登録が行われています。

クーバースの性格と特徴

クーバースにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもクーバースの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

クーバースの特徴や性格とは?

勇敢で恐れ知らずな性格です。

信頼した人やその財産を命に代えても守ろうとします。

飼い主やその家族を献身的に守ろうとする勇気と好奇心にあふれています。

特に子供に対しては優しく、辛抱強く守ろうとします。

自信満々で、ひどい扱いを受けると攻撃的になることがあります。

忠実で頼りになる犬種で、主人や周りの環境を愛します。

あまり多くを要求しない性格で、自分に向けられた愛情や気遣いを敏感に察知します。

警戒心が強い犬種なので見知らぬ人をなかなか受け入れない犬種です。

クーバースは超大型犬に分類されます。

体高より体調がやや長く、がっちりとした筋骨、たくましいボディをしています。

被毛はダブルコートで厚い下毛の上に直毛かウェーブ状の粗い上毛が密生して生えていて、首元と四肢の後ろにある飾り毛が特徴的です。

クーバースのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

クーバースの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:メスに比べて甘えん坊ですが縄張り意識が強いです。

メス:物静かで穏やかで訓練がしやすいです。
気性が荒くなる時があります。

クーバースの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

クーバースの外見の特徴について見てみましょう。

クーバースの毛色

クーバースの毛の色や柄はこんな種類があります。

ホワイト。

アイボリーは許容されます。

クーバースのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

クーバースのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

日本ではJKCに一匹しか登録されておらず、日本でのミックス犬は存在しないと思われます。

クーバースに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

クーバースに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ポーリッシュ・タトラ・シープドッグ、スロヴェンスキー・チュヴァック、グレートピレニーズ、アクバシュ

Sponsored Link

クーバースをお迎えする値段はどのくらい?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

クーバースの価格相場は、クーバースは海外からの輸入が必要になるのでクーバースの購入費用20万円前後、手続きや手数料などを含めて最低50万円前後かかります。

です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

クーバースの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

クーバースの正しい飼い方としつけ方

賢い犬種なのでしつけの飲み込みは早いですが、きちんとしつけないと猛犬になってしまいます。

家族への防衛心と相まって人に危害を加えてしまうことがあるので服従訓練は徹底的にやります。

縄張り意識が強く恐れを知らない性格のため、特に無駄吠えや噛み癖、飛びつきに対するしつけを徹底します。

繊細で傷つきやすい性格なので厳しく叱りつけるようなしつけ方ではなく、褒めて長所を伸ばすようにすると効率よくしつけができます。

大型犬で力も強いので散歩のときに引っ張らないようにする訓練もします。

散歩は速足で30分、これを日に2回行うくらいにとどめます。

クーバースは関節疾患にかかりやすいので、あまり激しい運動をさせると関節疾患の症状を発症する可能性があるので注意が必要です。

また、ダブルコートで暑さに弱い犬種なので水分補給をしっかりさせてあげます。

クーバースは、室内で飼うことに適しています。

クーバースにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

クーバースのしっかりとした筋骨たくましいボディを維持するためにも高たんぱくで4D材料の含まれていない良質なものを選びます。

(「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseasd=病気である」のことで人間が食べられない標準以下の食材、食肉くずを指します。

)クーバースは関節疾患にかかりやすいので関節まわりの軟骨を再生させたり、炎症を抑制してくれる効果のあるグルコサミンやコンドロイチンが配合されているものがおすすめです。

クーバースの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

クーバースの1ヶ月あたりのエサの値段は、約18000円前後です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

クーバースに必要なケアやアイテム

クーバースを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

クーバースのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

クーバースのお風呂のペースは、あまり頻繁にシャンプーしないようにします。

クーバースの被毛には汚れを自然に落とす脂分が含まれていますが、シャンプーしすぎるとその脂分も落ちてしまい、洗えば洗うほど汚れが付きやすくなる悪循環になります。

それだけ皮膚病の原因にもなりかねませんので注意しましょう。

また、超大型犬のため、自宅でシャンプーを行うときは複数人で行います。

キレイに仕上げるというよりは短時間で済むように心がけます。

寒冷地では換毛期に毛が抜けるだけですが、暖かい気候では1年中毛が抜けます。

シャンプーのかわりに丁寧に毎日ブラッシングを行います。

クーバースにおすすめのグッズ

クーバースを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

股関節形成不全に気を付けなければならないのでフローリングの床で滑らないようにコルクマットや、滑り止めのワックスを床に塗るのがおすすめです。

引っ張り防止の為にハーネスではなく首輪とリードが良いです。

大型犬で力も強いのでしっかりとした素材で作られたものを選びます。

体が大きいのでトイレシートを直に床に置くのではなく滑り止めのついたトイレトレーがあると良いです。

暑さに弱い犬種なので夏場は冷房と兼用して冷感マットがおすすめです。

クーバースの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

クーバースの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

クーバースの平均寿命は10~12年前後です。

クーバースがかかりやすい病気やケガの種類

クーバースがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

股関節形成不全、離断性骨軟骨症、肥大性骨形成異常、鼓腸症などがあります。

クーバースの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

クーバースが鼓腸症にかかった場合の治療費は5000円~10000円/回、数回通院する必要があるので完治まで10000~30000円かかります。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

クーバースのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

関節疾患の防止、予防にグルコサミンやコンドロイチン、鼓腸症予防のために乳酸菌や有胞子性乳酸菌(プロバイオティクス)が配合されたサプリメントが用いられることがあります。

クーバースを飼っている主な著名人

現在調査中

クーバースに関するまとめ

今回はクーバースの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

日本ではまだあまり知られていないクーバースですが、忠誠心が強く、賢い犬種ではあるものの初心者にはあまりおすすめできない犬種です。

毎日60分ほどの運動が必要なのでお年寄りには不向きです。

しつけが自分ではどうにもできないと感じたらすぐにトレーナーに相談するようにします。

また、飼うと決まればクーバースに詳しい病院を探しておくことをおすすめします。

時間をかけて信頼関係を築ければ飼い主に寄り添い、ボディーガードになってくれる献身的な犬種です。

コメントを残す

*