tyautyau-i

チャウチャウの飼い方や性格、寿命や値段について詳しく調べてみた

チャウチャウはどんな性格や特徴があるのでしょうか?チャウチャウの性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

チャウチャウをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

チャウチャウはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないチャウチャウの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

Sponsored Link

チャウチャウの基本情報

チャウチャウの画像


  • 原産国、地域 中国(広東省中心)
  • 一般的な体重 20~32kg
  • 一般的な体高 体高43~51cm
  • 平均寿命   10年前後
  • 平均的な値段 20万円前後

チャウチャウの名前の由来

諸説ありますが、「東洋の骨董品・珍しい装飾品」という意味の「チャウチャウ」、中国語でソリを意味する「シューチャウ」から由来しているといわれています。

チャウチャウの歴史

今更聞けない、チャウチャウの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

チャウチャウにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

2000年以上前から存在していた犬種で、当時のモンゴル種族が狩猟犬、番犬として飼っていました。

また、食料や毛皮としても活用をされていました。

中国ではわりと最近まで食用犬として飼育されていました。

そのかたわら、ソリを引く犬としても活躍していたといわれています。

一般の家庭や寺院では番犬としても重宝されていました。

紀元前2世紀頃の漢王朝時代の陶器には、チャウチャウと思われる犬の姿がすでに描かれています。

7世紀頃、唐の皇帝では狩猟のために2500匹ものチャウチャウを飼育していたといわれています。

中国の鎖国政策により、その姿が世界に知られることはしばらくなく、18世紀後半にイギリスに輸入されドックショーに出展されたことで、ようやく世界に知られるようになりました。

1970年代には日本でテレビコマーシャルに登場し、ちょっとしたブームにもなりました。

歴史や祖先などには諸説あり、未だにはっきりと解明されていないのが現状です。

チャウチャウの性格と特徴

チャウチャウにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもチャウチャウの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

チャウチャウの特徴や性格とは?

とてもマイペースな性格で、活発ではなく、周囲に愛想を振りまくわけでもなく、やや反応が薄い傾向にあります。

飼い主には愛情を示しますが、とても面倒くさがりで積極的に何かを行なったり、運動をしたりなどはしたがりません。

食事をしてゆったり過ごすことを好みます。

そのため肥満になりやすく、食事と運動管理が必要となります。

警戒心が強く人見知りをしますが、飼い主には忠実です。

神経質な一面がありますので、小さい子供や人の行き来が多い室内などは苦手です。

見た目はつぶれた顔に小さい瞳、ふかふかの毛質が特徴的です。

舌が黒いため、「熊犬」や「舌黒犬」と呼ばれることもあります。

また、歩き方にも特徴があり、後肢の飛節がほぼ真直ぐですので歩幅が小さく、まるで竹馬に乗っているかのような歩き方をします。

その見た目とは裏腹に、体は筋肉質です。

チャウチャウのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

チャウチャウの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:メスよりも体高が高い。

メス:オスよりも体高が低い。

チャウチャウの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

チャウチャウの外見の特徴について見てみましょう。

チャウチャウの毛色

チャウチャウの毛の色や柄はこんな種類があります。

クリーム
ブラック
レッド
ブルー
フォーン
ホワイト

チャウチャウのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

チャウチャウのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

チャウスキー(シベリアンハスキー)、ジャーマンシェパード×チャウチャウ

チャウチャウに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

チャウチャウに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

チベタンマスティフ

Sponsored Link

チャウチャウをお迎えする値段はどのくらい?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

チャウチャウの価格相場は、20万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

チャウチャウの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

チャウチャウの正しい飼い方としつけ方

食べることが大好きで運動はあまりしたがりませんので、飼い主が毎日適度に運動をさせる必要があります。

分厚い被毛で暑さに弱く、日本のような高温多湿な環境は苦手であり、夏は特に注意が必要です。

暑い日は外出を避け、室内の温度も快適に保たなければなりません。

スムースタイプとラフコートタイプが存在しますが、スムースタイプには週1回、ラフコートタイプには2日に一回のブラッシングが必要です。

大人しい性格ですが警戒心が強いため知らない人には攻撃をすることもありますので、注意が必要です。

散歩の際など、知らない人や小さな子供などに触らせない方が良いでしょう。

小さい子犬のうちから、色々な人と会い、音に触れさせ刺激を与え、警戒心をなるべく持たぬように育ててあげることが大事です。

奥目で目が小さく、眼病になりやすいので眼球の傷などに注意が必要です。

チャウチャウは、室内で飼うことに適しています。

チャウチャウにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

チャウチャウは体も大きいうえに体重も重たい犬種ですので、肥満には注意が必要です。

肥満になってしまうと、この大きな体と体重を支える関節部分にかなりの負担がかかり、股関節形成不全などの関節疾患になりかねません。

低カロリーで高たんぱくなフードがおすすめです。

体内脂肪を燃焼させる「カルニチン」が含まれたものや、コレステロールを低減させる「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれているものを選ぶと良いでしょう。

食べることが大好きですが運動はあまり好きではありませんので、飼い主の食事管理は大切といえるでしょう。

チャウチャウの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

チャウチャウの1ヶ月あたりのエサの値段は、約1万0円~1万5000円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

チャウチャウに必要なケアやアイテム

チャウチャウを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

チャウチャウのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

チャウチャウのお風呂のペースは、月に1回のシャンプーが必要です。

被毛のお手入れも忘れずに行いましょう。

ブラッシングは数日に1度、粗めのコームで行います。

体を触られるのがあまり好きではありませんので、子犬の時から撫でてあげたりブラッシングをこまめに行うなどして慣れさせておく必要があるでしょう。

シャンプーの際には皮膚病を避けるためにも、下毛まで綺麗に乾かしてあげましょう。

チャウチャウにおすすめのグッズ

チャウチャウを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

フローリングの床は滑りやすく、体重が重いチャウチャウが関節疾患を招かぬよう対策が必要です。

フローリングマットなどを敷いてあげると良いでしょう。

食器は大きめのものを用意し、食べ過ぎや胃捻転の防止に努めましょう。

チャウチャウは昔ソリを引くことでも活躍していましたので、リードはハーネスではしつけになりませんので、首輪にしましょう。

チャウチャウの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

チャウチャウの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

チャウチャウの平均寿命は10年前後です。

チャウチャウがかかりやすい病気やケガの種類

チャウチャウがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

股関節形成不全、二重睫毛、目瞼内反症、内分泌系疾患、軟口蓋過長症、外耳炎、鼻腔狹窄、熱中症、脂漏性皮膚炎、緑内障などがあります。

チャウチャウの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

ワクチン接種・約8000円、狂犬病予防接種・約3500円、健康診断・約2000円が基本となり、その他病気に関しては病院などによっても違いはありますが、年間で約40000円ほどです。

手術・入院となると更に50000~200000円上乗せとなります。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

チャウチャウのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

関節疾患対策・予防にグルコサミン、コンドロイチンなどが使われます。

皮膚疾患対策・予防にオメガ3系脂肪酸などが使われます。

チャウチャウを飼っている主な著名人

現在調査中

チャウチャウに関するまとめ

今回はチャウチャウの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

飼い主以外には警戒心が強く、トラブルを防ぐためにも主従関係をはっきりさせておくことが鍵となりますので、初心者の方にはあまりおすすめの犬種ではありません。

チャウチャウは体温調節が苦手であり、寒さには強いですが暑さにはとても弱いので、快適に過ごせる環境が必要です。

エアコンはもちろんのこと、クーラーマットを用意してあげるなど工夫をしてあげましょう。

ゆったりと過ごすことが好きなチャウチャウと、のんびり一緒に過ごすと日々の疲れも癒されることでしょう。

他の犬種より反応が薄いところも一つの魅力でもありますので、そんなスローライフを送りたい方におすすめの犬種です。

しかし体重管理をきちんと行わないと関節疾患になりかねませんので、食事管理などもしっかりと行える方が良いでしょう。

また、自分からあまり動きたがらない傾向がありますので、飼い主から遊びに誘ったり、散歩に誘ってあげましょう。

他の犬種より少し寿命も短めですので体調管理をしっかり行い、できるだけ長生きできるよう努め、日々の暮らしをチャウチャウと一緒にのんびり過ごしましょう。

コメントを残す

*