ピットブル

ピットブルの飼い方や性格、寿命や値段について詳しく調べてみた

ピットブルはどんな性格や特徴があるのでしょうか?ピットブルの性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ピットブルをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ピットブルはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないピットブルの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

Sponsored Link

ピットブルの基本情報

ピットブルの画像


  • 原産国、地域 アメリカ
  • 一般的な体重 14~36kg
  • 一般的な体高 体高46~56cm
  • 平均寿命   13年前後
  • 平均的な値段 25万円前後

ピットブルの名前の由来

現在調査中

ピットブルの歴史

今更聞けない、ピットブルの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ピットブルにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

1870年頃、イギリスから輸入された闘犬スタッフォードシャー・ブルテリアに、闘犬用のブルドッグなどを交配して作出されました。

1900年にはアメリカ国内で動物愛護の精神から、闘犬は禁止となりました。

しかし、非合法な手段によって近年まで密かに続けられていたのが現状です。

闘犬として死亡したピッドブルは、約1500頭もの数までのぼりました。

ピッドブルの愛好家は世間で有名な著名人が多く、発明家のトーマス・エジソン、アメリカのルーズベルト元大統領、ヘレンケラーなどが飼っていたとされています。

アメリカでは認知度が高い犬種ですが、国際畜犬連盟FCIに加盟しているAKCには公認されていません。

その理由としては、ピッドブルは人間に対しても攻撃的なためだと言われています。

ピットブルの元になったスタッフォードシャー・ブルテリアや、見た目がピットブルと同じで性格は違うアメリカン・スタッフォードシャー・テリアはAKCに公認されています。

ピットブルの性格と特徴

ピットブルにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもピットブルの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ピットブルの特徴や性格とは?

闘犬として勝負に勝つために作られた犬種です。

攻撃性や身体能力が優れており、高い闘争心を持っています。

「世界最強の犬」とも呼ばれています。

危険な犬種として扱われており、原産国のアメリカでも州や群によっては、飼育の禁止を設けている地域があります。

その他の海外でも、輸入や飼育を禁止している国が数多くあるのが現状です。

理由としては、人間にも攻撃性を持ち、死亡事故や負傷が後を絶たないからです。

日本では飼育に関しての法的措置はなく飼育可能ですが、安易に飼育できる犬種ではありません。

しかし闘争心が強いピットブルですが、その性格は育て方次第で大きく変わります。

忠誠心や服従心があり、賢く訓練は得意ですので、飼い主が特徴や気質をしっかりと理解した上で訓練をすれば、人懐こく友好的な犬にもなりえます。

人々が私利私欲のために誤った訓練を行えば、攻撃性の高い凶暴なピッドブルに育ってしまいます。

ピットブルのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ピットブルの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

現在調査中

ピットブルの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ピットブルの外見の特徴について見てみましょう。

ピットブルの毛色

ピットブルの毛の色や柄はこんな種類があります。

ホワイト
ブラック
タン&ホワイト
トライカラー

ピットブルのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ピットブルのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

ピットスキー(シベリアンハスキー)、ドゴアルヘンティーノ×ピットブル、ミニチュアブルテリア×ピットブル

ピットブルに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ピットブルに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

スタッフォードシャーブルテリア、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

Sponsored Link

ピットブルをお迎えする値段はどのくらい?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ピットブルの価格相場は、25万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ピットブルの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ピットブルの正しい飼い方としつけ方

「世界最強の犬」と呼ばれているほどのピッドブルを飼育するには、専門的な知識や訓練技術が必要です。

個性はそれぞれあり、育て方次第では優しく友好的に育ちますが、本能的な攻撃性や闘争心が突然剥き出しになることもありえますので、それを阻止できる程の服従訓練が必要です。

一度噛みつくと、なかなか離さないという習性ももっています。

死傷事故が後を絶ちませんので、しっかりとした訓練と管理が必要です。

他の犬と会うと攻撃的になりやすいので、飼育する環境や、散歩へ行く時間や場所などにも配慮が必要です。

我慢強さや粘り強さがあり、忠誠心や服従心もありますので、訓練次第ではとても優秀な犬に育ちます。

子犬の頃から飼い主がリーダーであることを認識させ、絶対服従を心がけましょう。

全ては飼い主次第で、どんな性格にもなりえます。

ピットブルは、両方で飼うことに適しています。

ピットブルにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

良質な動物性たんぱく質を主に摂取し、皮膚炎予防の為にもアレルゲンとなる穀物類、人口添加物、着色料、オートミールなどの炭水化物、酸化防止剤などは避けましょう。

特に小麦は消化率が悪く、グルテン含有量が高いため摂取をしない方が良いでしょう。

フードはなるべくグレインフリーのものを選びましょう。

皮膚が薄く、皮膚疾患が多い犬種でもありますので、皮膚の健康を維持するためにオメガ3脂肪酸を摂取し、体の機能を整えるビタミンやミネラルが豊富に含まれているフードを選んであげましょう。

ピットブルの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ピットブルの1ヶ月あたりのエサの値段は、約1万5000円~2万円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ピットブルに必要なケアやアイテム

ピットブルを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ピットブルのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ピットブルのお風呂のペースは、月1回ほどで良いでしょう。

短毛でお手入れは楽ですが、ブラッシングは定期的に行い、抜け毛を取り除いてあげましょう。

ピットブルにおすすめのグッズ

ピットブルを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

ピッドブルは力が強いため、散歩時のリードと首輪はしっかりとした物を選びましょう。

金属でできた首輪のチョークチェーンが多くの飼い主に支持されています。

口輪があると万が一の時のために安心ですし、周りの人たちも安心感を得られます。

日本のような高温多湿な気候は苦手です。

温度管理はもちろんですが、暑さ対策にクーラーマットなどがあれば良いでしょう。

皮膚が薄いため、寒さにも弱く、特に冬は暖かい毛布などを用意して体温調節に気を配りましょう。

ピットブルの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ピットブルの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ピットブルの平均寿命は13年前後です。

ピットブルがかかりやすい病気やケガの種類

ピットブルがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

皮膚疾患、毛包症、股関節形成不全 、眼疾患などがあります。

ピットブルの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

ワクチン接種・約8000円、狂犬病予防接種・約3500円、健康診断・約2000円が基本となり、その他病気に関しては病院などによっても違いはありますが、年間で約35000円ほどです。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ピットブルのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

関節疾患対策・予防にグルコサミン・コンドロイチンが使われ、皮膚疾患対策・予防にオメガ3系脂肪酸などが使われます。

ピットブルを飼っている主な著名人

ダルビッシュ有、シーザーミラン、クリス・クロフォード、フィオナ・アップル、山本KID

ピットブルに関するまとめ

今回はピットブルの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

ピッドブルを飼育するためには、高度な飼育技術が必ず必要です。

育て方次第では、優しく穏やかなピッドブルに育ちますし、トラブルもなく安全なピットブルはたくさん存在しています。

しかしながら、闘犬としての闘争心は少なからず残っている場合が多く、いつどのタイミングでその本能が剥き出しになるかわかりません。

しっかりと服従訓練をさせ、技術と知識豊富な方ではないと飼育するのは困難でしょう。

また、周りへの配慮や理解も必要ですので、飼育環境も考えなければならない点の一つです。

飼育する際には、本当に最後まで面倒をみれるのかをよく考え、事前の準備と心構えが必要です。

コメントを残す

*