rasaapuso-i

ラサアプソの飼い方や性格、寿命や値段について詳しく調べてみた

ラサアプソはどんな性格や特徴があるのでしょうか?ラサアプソの性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ラサアプソをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ラサアプソはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないラサアプソの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

Sponsored Link

ラサアプソの基本情報

ラサアプソの画像


  • 原産国、地域 チベット
  • 一般的な体重 6~7kg
  • 一般的な体高 体高25~28
  • 平均寿命   14年前後
  • 平均的な値段 15万円前後

ラサアプソの名前の由来

ラサはチベットの仏教で聖都とされているラサ市から取り、アプソはヤギという意味の「ラプソ」という言葉が訛ったもので、合わせてラサアプソと呼ばれるようになりました。

ラサアプソの歴史

今更聞けない、ラサアプソの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ラサアプソにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

2,000年もの歴史を持つと言われているラサアプソはチベットでは「幸福をもたらす魔除けの犬」とも呼ばれ、神聖な生き物として扱われていました。

人が亡くなるとその魂がラサアプソに宿るとも言われており、当時のチベットのラマ教では大変高貴な犬として飼育されていました。

チベットと関わりを持つようになった当時の中国皇帝はラサアプソを献上品としてもらい受け、中国由来の犬と交配させます。

こうして作出されたのが現在のペキニーズです。

さらにその後ペキニーズとラサアプソを交配した結果、シーズーが作出されました。

現在では愛玩犬の一種として飼育されているラサアプソですが、天性の優れた聴力と賢さから聴導犬としても活躍の場を見せています。

ラサアプソの性格と特徴

ラサアプソにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもラサアプソの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ラサアプソの特徴や性格とは?

ラサアプソは元気で活発、明るい性格の持ち主です。

飼い主や家族にはとても愛情深いですが、他人にはあまり興味を持ちません。

また、あまりべたべたと甘えてくることはなく、飼い主の近くにそっと寄り添って見守るような犬です。

また、聴力が優れているためどんな音にも敏感に反応してよく吠えるため番犬にはうってつけです。

小型犬ですが骨格は比較的がっちりしていて、くりくりとした大きな目が特徴的です。

長いあごひげや頬のひげも特徴的で、ライオンのようだとも言われています。

長毛で艶やかな美しい被毛を持ち、尾にはゴージャスな飾り毛があります。

感触はやや硬い毛で、寒さに耐えられる構造です。

ラサアプソのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ラサアプソの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:飼い主に甘えたがりで遊んでもらうのが大好きです。
どうやれば構ってもらえるのかをよく観察し、飼い主の注意を引きます。

メス:オスに比べて警戒心が強く、知らない人への吠え方も強いです。
ですが飼い主には忠実で服従心を持ちます。

ラサアプソの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ラサアプソの外見の特徴について見てみましょう。

ラサアプソの毛色

ラサアプソの毛の色や柄はこんな種類があります。

ゴールデン
サンド
ハニー
ダーク・グリズル
スモーク
パーティカラー
ブラック
ホワイト
ブラウン

ラサアプソのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ラサアプソのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

アプシー(シーズー

ラサアプソに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ラサアプソに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

シーズーマルチーズペキニーズチベタンスパニエルチベタンテリア

Sponsored Link

ラサアプソをお迎えする値段はどのくらい?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ラサアプソの価格相場は、15万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ラサアプソの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ラサアプソの正しい飼い方としつけ方

ラサアプソはアプソ・セン・カイ(ライオンに似たよく吠える犬)と言わるほど吠え癖のある犬です。

聴力が良いため余計警戒心が多くなっていますが、小さい頃からしっかりとしつけることで大幅に軽減されます。

賢く頑固な一面も持つため根気が必要ですが、近隣トラブルを防ぐためにも大切なしつけです。

また、自尊心の強い犬なのでしつけるにあたって叱り続けるのはよくありません。

下手をすると飼い主との信頼関係さえも崩れてしまいます。

褒めてしつけることを重点的に行いましょう。

その他のしつけも、ゲーム感覚で楽しくしてあげることが大切です。

また、小さな子供が少し苦手な傾向にあるようです。

急に泣いたり大きな音を立てるところが、聴力の良いラサアプソにとってはストレスのひとつになってしまうのです。

ラサアプソを飼う時は、小さな子供が大きくなって落ち着くのを待った方がいいかもしれません。

ラサアプソは、室内で飼うことに適しています。

ラサアプソにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

小さい体の割には活発でよく動くので、しっかりカロリーの取れるフードを選びましょう。

特に子犬の時期は食い気よりも遊びたい気持ちの方が大きいので、カロリーが足りないようなことがあってはいけません。

大人になるにつれて大人しくなるのを見計らい、カロリー調整を再度行いましょう。

また、毛量の多いラサアプソには毛質や皮膚にも気を配らなければなりません。

高たんぱく質やオメガ3脂肪酸など、犬にとって必要な栄養が十分に配合されているものを選びましょう。

さらに目の疾患になりやすいため、ブルーベリーなどが含まれるものもおすすめです。

ラサアプソの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ラサアプソの1ヶ月あたりのエサの値段は、約2,000~5,000円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ラサアプソに必要なケアやアイテム

ラサアプソを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ラサアプソのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ラサアプソのお風呂のペースは、ダブルコートで抜け毛も多いので、付きに1回はシャンプーをしてあげましょう。

ラサアプソにおすすめのグッズ

ラサアプソを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

長毛で抜け毛も多いので、日頃のブラッシング用にピンブラシを用意しておきましょう。

先が長めのものほど奥の毛までしっかり届くので、ピンの長いものを選ぶのがおすすめです。

手入れする際は皮膚を傷つけないよう優しくおこなってください。

また、寒さには強いですが暑さは苦手です。

夏場はペット用冷却マットや冷房設備を整え、熱中症にならないよう注意をしてあげましょう。

ペットボトルに水を入れて凍らせたものをタオルで巻いて置いておくのもひとつの手です。

ラサアプソの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ラサアプソの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ラサアプソの平均寿命は14年前後です。

ラサアプソがかかりやすい病気やケガの種類

ラサアプソがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

結膜炎、角膜炎、チェリーアイ、外耳炎などがあります。

ラサアプソの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

ラサアプソは毛量が多く、目に被毛が入ってしまったりすることで結膜炎や角膜炎を引き起こしやすくなります。

一度の治療費はおよそ3,000~5,000円程度ですが、通院が必要になるとさらに治療費がかかります。

5~10回の通院が必要になる場合もあり、年間で総額25,000~50000円以上かかることがあります。

これらは日頃から目元の被毛を切ってあげることでおおよそ防ぐことができるため、定期的にカットしてあげましょう。

チェリーアイの場合は予防することが難しく、発症したらすぐに獣医師に見せることが大切です。

軽ければ内服薬で経過を見ますが、重度だと手術が必要になります。

よって治療費は4,000~65,000円と幅広い予想ができます。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ラサアプソのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

目の健康維持対策・予防にルテインやアントシアニンやL-リジン、毛並み維持対策・予防にβ-グルカンやDHAやブロリコ、皮膚病対策・予防にアガリスク、乳酸菌、アミノ酸と食物繊維、尿路結石の対策・予防にクランベリーのプロアントシアニジンやキナ酸やプロアントシアニジンなどが使用されています。

ラサアプソを飼っている主な著名人

現在調査中

ラサアプソに関するまとめ

今回はラサアプソの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

ラサアプソは音に敏感な犬で、聞きなれない音や不審な音に強い警戒心を抱いて大きく吠えます。

そのため、静かな場所の方が飼いやすいでしょう。

また、小さな子供が苦手な一面もあるので、飼い主家族は比較的年齢の大きい人たちがいる方がおすすめです。

飼い主をリーダーだと認めれば、飼い主を愛し忠誠心を誓うのでとても頼りになる犬になります。

忠実に従うまでの道のりは簡単ではないかもしれませんが、丁寧に楽しくしつけをすることで、賢いラサアプソは期待に応えてくれます。

コメントを残す

*