bo-da-kori--i

ボーダーコリーの飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

ボーダーコリーはどんな犬?性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ボーダーコリーをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ボーダーコリーはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないボーダーコリーの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

ボーダーコリーの基本情報

ボーダーコリーの画像


  • 原産国、地域 イギリス
  • 一般的な体重 14~22kg
  • 一般的な体高 体高46~54cm
  • 平均寿命   12~14年
  • 平均的な値段 15~30万円
Sponsored Link

ボーダーコリーの名前の由来

原産地がイングランドとスコットランド、イングランドとウェールズの国境(ボーダー)地域にあることに由来しています。

ボーダーコリーの歴史

今更聞けない、ボーダーコリーの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ボーダーコリーにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

8世紀から11世紀にかけて、スカンジナビア半島でトナカイの牧畜に使われていた犬がバイキングによってイギリスに持ち込まれ、この犬がボーダーコリーの祖先となったとされています。

そして、もともとイギリスにいた牧羊犬との交雑が繰り返され、19世紀後半ごろに現在のボーダーコリーに近い形になりました。

ボーダーコリーは長年牧羊犬としての作業能力に重点が置かれていたため、外観やサイズの統一感が欠けており、最初の犬種スタンダードができたのも1906年になってからと比較的近年になってからのことでした。

ボーダーコリーという犬種名となったのはさらにその後の1915年、原産国であるイギリスケネルクラブに公認されたのは1976年、FCI(国際畜犬連盟)に公認されたのは1987年とかなりの年月がかかっています。

通常は容姿や大きさでスタンダードを決めるため、古くから存在していたはずのボーダーコリーの公認が遅れたのもこの作業能力重視の改良の歴史が理由です。

ボーダーコリーは牧羊犬として欧米を中心に世界中に広がった後、ドッグスポーツや訓練協議会に参加するようになり、現在でもその分野で大活躍しています。

ボーダーコリーの性格と特徴

ボーダーコリーにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもボーダーコリーの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ボーダーコリーの特徴や性格とは?

やや大きめの中型犬で、毛質は長毛のダブルコート(ラフコート)が基本ですが、短毛(スムースコート)も存在します。

ストレートや、カールの毛をもつ個体もいます。

毛色はブラック&ホワイトを基本として多種多様ですが、有色部分が体の50%以上を占めます。

アイリッシュスポット(四肢先端部、ネックおよび頭部の白い部分)があり、その部分にぶち模様が入ることもあります。

稀に、背中に天使の羽の形をした白い毛が生えている個体もいます。

運動能力は非常に高く、フリスビーやアジリティなどのドッグスポーツに向いています。

また、ブリティッシュコロンビア大学の研究によると、全犬種の中で最も知能が高いとされています。

そのためか近年、特性や能力について十分学ばずに飼育し、扱いや飼育困難から手放されるボーダーコリーも増えています。

性格は家族に対して愛情深く従順です。

作業意欲が高く、注意深く洞察力があり、作業中は状況を判断して自分で動くことができます。

一方で見知らぬ人間にはあまり自分から近づこうとしない適度な警戒心と聡明さも持ち合わせています。

的確なしつけができれば、飼い主の動きや声の大きさからその状況を察知し、家族を大切にするとても優れた性格の一面をみることができるでしょう。

牧羊犬として人と共に作業してきた犬種なので、他の犬と遊ぶよりも人と触れ合うことを好み、個体差もありますが番犬としての働きや、庭での放し飼いにはあまり向いていません。

ボーダーコリーのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ボーダーコリーの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:やんちゃで遊び好き、縄張り意識が強くメスよりも攻撃性が強い傾向にあります。

メス:オスよりも体高が少し低いとされています。
優しい性格の個体が多い傾向です。
オスは自分以外のオスによく吠えるのに対して、メスは性別関係なくよく吠えると言われています。

ボーダーコリーの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ボーダーコリーの外見の特徴について見てみましょう。

ボーダーコリーの毛色

ボーダーコリーの毛の色や柄はこんな種類があります。

基本はブラック&ホワイトですが、レッド、チョコレート、ブルー、ブルーマール、セーブルなど多種多様です。

ボーダーコリーのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ボーダーコリーのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

ボーキー(シベリアンハスキー)、ゴールダー(ゴールデンレトリバー)、シバボーダー(柴犬)、ラブボーダー(ラブラドールレトリバー)、ボーダーバセット(バセットハウンド)、チワトンテリア(チワワ)、バーニーボーダー(バーニーズマウンテンドッグ)、ボーダーMIX(ニュージーランドヘディングドッグ)

ボーダーコリーに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ボーダーコリーに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ラフコリーシェットランドシープドッグ

Sponsored Link

ボーダーコリーをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ボーダーコリーの価格相場は、15~30万円です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ボーダーコリーの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ボーダーコリーの正しい飼い方としつけ方

その並外れた知能と能力から、作業能力や意欲が高いボーダーコリーは飼い主からの指示をこなすことに喜びを感じます。

逆に飼い主から指示がなかったり、しつけを十分に行わないと攻撃的で荒れた性格の犬になってしまいます。

知能が高すぎるために、幼いころに飼い主をリーダーと認められなかった場合には、成犬になってもいうことを聞かず、手が付けられなくなる可能性もあります。

しつけに自信がない場合はドッグトレーナーなどを頼りましょう。

また、毎日しっかりとした運動量が必要です。

牧羊犬であったボーダーコリーにとって運動不足はストレスのもとであり、病気や体調不良、気性の荒さにつながりかねません。

毎日2回各1時間程度の散歩はもちろん、可能な限り広い公園やドッグランド思いっきり走らせてあげることも大切です。

牧羊犬の性質から、動くものや小動物に興奮することがあるので、外での振る舞いには注意が必要です。

被毛の手入れはできれば毎日ブラッシングをして余分な毛を取り除いてあげる必要があります。

抜け毛を放っておくと毛玉を作ってしまったり、皮膚病の原因となってしまう恐れもあります。

注意点として、ボーダーコリーを含むコリー系の犬種は、主にフィラリア予防薬として使用されるイベルメクチンという薬剤に対して神経症状などの副作用が出る可能性があります。

フィラリアの予防薬程度では低用量しか含まれていないため問題はないという説もありますが、可能性を重視するならばフィラリア予防薬の成分を獣医師へ確認した方がよいでしょう。

ボーダーコリーは、室内で飼うことに適しています。

ボーダーコリーにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

毎日かなりの運動量を必要とするため、多くのカロリーを消費します、そのため高タンパク(タンパク質30%以上配合)、高カロリーのご飯が望ましいです。

(避妊・去勢後、また高齢になるとカロリーの消費量が落ちてくるため、摂取カロリーの調整が必要です)。

しかし、関節疾患にも気を付ける必要があるため、肥満にならないように注意しましょう。

さらに関節疾患の予防としては、良質の動物性たんぱく質、グルコサミン、コンドロイチンが含まれているフードを選ぶとよいでしょう。

また、眼病予防にビタミンやミネラルを多く含むフードも良いでしょう。

ボーダーコリーの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ボーダーコリーの1ヶ月あたりのエサの値段は、約3,000円~1万円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ボーダーコリーに必要なケアやアイテム

ボーダーコリーを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ボーダーコリーのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ボーダーコリーのお風呂のペースは、1ヶ月に1~2回程度

ボーダーコリーにおすすめのグッズ

ボーダーコリーを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

とても活発な犬種なので、一緒に室内もしくは外で思いっきり体を動かして遊んであげられるグッズ(ボールやフリスビーなど)を使うと飼い主も犬もとても楽しく過ごせます。

毎日の散歩も必須なため、好みのリードやお散歩バック、給水ボトルなどお散歩グッズをそろえて一緒に散歩を楽しみましょう。

ブラッシング、コーミングのためにブラシやコーム、毛を取り除くためのスリッカーブラシも必要です。

また、体のケア用品として、イヤークリーナー、アイコットン、ガーゼ、犬用の歯ブラシなども準備しておきましょう。

ボーダーコリーの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ボーダーコリーの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ボーダーコリーの平均寿命は12~14年です。

ボーダーコリーがかかりやすい病気やケガの種類

ボーダーコリーがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

股関節形成不全、肘関節異形症、セロイドリポフスチン症(CL病)、グレーコリー症候群、コリーアイ、進行性網膜萎縮症(PRA)、糖尿病、停留睾丸、動脈管開存症などがあります。

ボーダーコリーの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

健康であっても、毎年狂犬病予防接種、フィラリア予防、ノミダニ予防、混合ワクチンなどで50,000~60,000円ほど必要です。

さらに避妊・去勢手術をすると30,000~50,000円ほどかかります。

また比較的かかりやすいとされる股関節形成不全により手術が必要となった場合は、200000~400000以上の金額が必要となってきます。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ボーダーコリーのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

関節疾患対策・予防にグルコサミンとコンドロイチン、眼病対策・予防にビタミンE、アントシアニン、アスタキサンチンなど、皮膚病対策・予防にオメガ3脂肪酸や亜鉛を含むサプリメントが使われます。

ボーダーコリーを飼っている主な著名人

倉木麻衣、中田久美(元バレー選手)、野村周平、安田美紗子

ボーダーコリーに関するまとめ

今回はボーダーコリーの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

知能が非常に高く、飼い主との地位の逆転現象も起こりやすい犬種のため、しつけに自信のない初心者の方は飼うべきではないでしょう。

飼い主と共に過ごすことが大好きなので、犬と一緒に過ごせる時間がたくさんある方、また非常に多くの運動量を必要とするのでそれなりに体力のある方に向いていると言えます。

また、ボーダーコリーにはセロイドリポフスチン症(CL病)など遺伝病の要素が多いため、ペットショップよりも親犬の病歴や遺伝がはっきりとしているしっかりとしたブリーダーから購入した方がよいでしょう。

コメントを残す

*