a-fennpinsya--i

アーフェンピンシャーの飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

アーフェンピンシャーはどんな犬?性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

アーフェンピンシャーをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

アーフェンピンシャーはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないアーフェンピンシャーの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

アーフェンピンシャーの基本情報

アーフェンピンシャーの画像


  • 原産国、地域 ドイツ
  • 一般的な体重 3~4kg
  • 一般的な体高 体高25~30cm
  • 平均寿命   13年前後
  • 平均的な値段 30万円前後
Sponsored Link

アーフェンピンシャーの名前の由来

ドイツ語で「猿のような顔」という意味から、由来しています。

アーフェンピンシャーの歴史

今更聞けない、アーフェンピンシャーの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

アーフェンピンシャーにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

その歴史は古く、17世紀にはすでに誕生しており、ドイツのミュンヘン周辺が発祥の地とされていますが、詳細は不明のままです。

15世紀頃の絵画にも、その姿に似た犬種が描かれていることから、17世紀より前から存在していたのではないか、ともいわれています。

当時は現在よりもかなり大型の犬種でした。

当初は、キツネやウサギなどの小動物の猟犬として活躍していましたが、その後、貴族の間で人気となると小型化が進み、現在の小型の姿になりました。

その小さな体と愛嬌がある姿から、家庭犬として人気が高まり、調理場や馬小屋などのネズミ駆除を中心に活躍していました。

第二次世界大戦後は次第に人気が衰え、現在でもあまりみられなくなりましたが、北米地域では密かに根強い人気があるようです。

一部では絶滅危惧種ともいわれています。

アーフェンピンシャーの性格と特徴

アーフェンピンシャーにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもアーフェンピンシャーの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

アーフェンピンシャーの特徴や性格とは?

毛質は艶のない針金状の剛毛で、害虫や厳しい外部環境から体を守るためだといわれています。

名前の由来の通り「猿のような顔」をしており、その表情は愛嬌たっぷりです。

好奇心旺盛な性格で、活発でいたずら好きな一面もあります。

少々ドジな面もあり、外見・内面の両方をとっても、可愛らしい犬種といえます。

しかし、他人には吠えたてたり警戒心をあらわにすることがあります。

それは、臆病な性格からくる防衛本能ともいわれています。

飼い主には忠実で愛情深く、サービス精神が旺盛です。

遊ぶことが大好きですので「玩具が必要な愛玩犬」ともいわれています。

「テリア」特有の頑固な一面もありますが、他のテリア種に比べて友好的ですので、他の動物やペットとも仲良くできます。

アーフェンピンシャーのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

アーフェンピンシャーの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

現在調査中

アーフェンピンシャーの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

アーフェンピンシャーの外見の特徴について見てみましょう。

アーフェンピンシャーの毛色

アーフェンピンシャーの毛の色や柄はこんな種類があります。

グレー、ブルー、ブラック、グリズル

アーフェンピンシャーのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

アーフェンピンシャーのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

現在調査中

アーフェンピンシャーに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

アーフェンピンシャーに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ブリュッセルグリフォン

Sponsored Link

アーフェンピンシャーをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

アーフェンピンシャーの価格相場は、30万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

アーフェンピンシャーの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

アーフェンピンシャーの正しい飼い方としつけ方

テリア特有の闘争心は少なく、テリア種の中ではしつけがしやすい犬種です。

賢く、物覚えは良いですが、中には頑固なアーフェンピンシャーもおりますので、その場合のしつけのは根気が必要となります。

少々いたずら好きでやんちゃな面がありますので、子犬の頃から主従関係を明確にし、しっかりとしつけを行わないと、成犬になってから手に負えない犬となってしまいますので、注意が必要です。

運動は1日20~30分程度の散歩で十分です。

遊ぶのが大好きですので、室内でのボール遊びや、たまには公園などでフリスビーをしたりなども良い運動となります。

寂しがりやな一面もありますので、飼い主とのスキンシップが足りないと問題行動を起こす傾向がありますので、スキンシップはこまめに取るよう心掛けると良いでしょう。

吠え癖のあるアーフェンピンシャーのもいますので、近所迷惑にならぬよう子犬の頃から訓練をしましょう。

アーフェンピンシャーは、室内で飼うことに適しています。

アーフェンピンシャーにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

毛が長いアーフェンピンシャーには、皮膚や被毛を美しく保つ効果があるサーモンオイルや、亜麻仁油などを積極的に摂取すると良いでしょう。

また、心疾患が多い犬種でもありますので、良質な動物性たんぱく質を主に摂取し、皮膚炎予防の為にもアレルゲンとなる穀物類、人口添加物、着色料、オートミールなどの炭水化物、酸化防止剤などは避けましょう。

特に小麦は消化率が悪く、グルテン含有量が高いため摂取をしない方が良いでしょう。

フードはなるべくグレインフリーのものを選びましょう。

アーフェンピンシャーの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

アーフェンピンシャーの1ヶ月あたりのエサの値段は、約3000円~5000円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

アーフェンピンシャーに必要なケアやアイテム

アーフェンピンシャーを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

アーフェンピンシャーのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

アーフェンピンシャーのお風呂のペースは、シャンプーは月1回ほどで十分です。

ブラッシングは週に2、3回はしてあげましょう。

換毛期には抜け毛を取り除くようブラッシングをしてあげると、皮膚炎予防にもつながります。

トリミングも2、3か月に1度は連れて行きましょう。

アーフェンピンシャーにおすすめのグッズ

アーフェンピンシャーを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

膝蓋骨脱臼を患いやすく、滑りやすいフローリングは膝に負担をかけてしまいますので注意が必要です。

フローリングマットやカーペットなどを敷いてあげましょう。

階段などの段差にも滑り止めマットなどを敷いてあげると安全です。

被毛が固いアーフェンピンシャーにはコームを使ってブラッシングをしてあげ、毛の絡まりを防ぎましょう。

アーフェンピンシャーの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

アーフェンピンシャーの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

アーフェンピンシャーの平均寿命は13年前後です。

アーフェンピンシャーがかかりやすい病気やケガの種類

アーフェンピンシャーがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

膝蓋骨脱臼、レッグパーペス病、泉門開存、心不全、関節疾患、心疾患、レッグ・ペルテス病、白内障などがあります。

アーフェンピンシャーの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

ワクチン接種・約8000円、狂犬病予防接種・約3500円、健康診断・約2000円が基本となり、その他病気に関しては病院などによっても違いはありますが、年間で約28000円ほどです。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

アーフェンピンシャーのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

関節疾患対策・予防にグルコサミン、コンドロイチンなどが使われます。

皮膚疾患対策・予防にオメガ3系脂肪酸などが使われます。

アーフェンピンシャーを飼っている主な著名人

現在調査中

アーフェンピンシャーに関するまとめ

今回はアーフェンピンシャーの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

アーフェンピンシャーは運動量も少なく、室内遊びでも充分喜びます。

賢く飼い主に従順ですので、初心者でも飼いやすい犬種です。

体臭も抜け毛も少なめですので、マンションなどの室内飼いにも適しています。

しかし吠え癖がある場合がありますので、小さな頃から主従関係は明確にし、飼い主がリーダーであることを認識させ、しつけはしっかりと行いましょう。

珍しく、入手困難な犬種で、2014年度にはジャパンケネルクラブの登録件数が1頭だけという記録があります。

容姿にとても愛嬌がありますが、その性格もまた、陽気でやんちゃな可愛らしい性格ですので、アーフェンピンシャーがそばにいれば、思わず楽しい気分になるでしょう。

飼い主とのコミュニケーションを大切にしますので、遊びやスキンシップをアクティブに楽しめる飼い主におすすめです。

コメントを残す

*