inu-i

ジャーマンショートヘアードポインターの飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

ジャーマンショートヘアードポインターはどんな犬?性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ジャーマンショートヘアードポインターをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ジャーマンショートヘアードポインターはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないジャーマンショートヘアードポインターの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

目次

ジャーマンショートヘアードポインターの基本情報

ジャーマンショートヘアードポインターの画像


  • 原産国、地域 ドイツ
  • 一般的な体重 20~32kg
  • 一般的な体高 53~66cm
  • 平均寿命   12~14歳
  • 平均的な値段 15~25万円です。

    国内では珍しい犬種ですので、購入する場合は数少ない国内のブリーダーに予約をするか、海外で購入する場合は輸入代行業者にお願いして海外のブリーダーから購入するかなので、その場合は時価となります。

Sponsored Link

ジャーマンショートヘアードポインターの名前の由来

ジャーマンショートヘアードポインターは古来スパインのポインターです。

イングリッシュセッターそのポインターに地元の猟師が使っていたハウンド系を交配し、ジャーマンショートヘアードポインターが出来上がりました。

イングリッシュセッター名前にあるポインターは、英語のポインティングから来ており、場所を示すという意味があります。

ジャーマンショートヘアードポインターの歴史

今更聞けない、ジャーマンショートヘアードポインターの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ジャーマンショートヘアードポインターにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

ジャーマンショートヘアードポインターは、19世紀中期にドイツのハンターによって鳥狩に駆使するため「ジャーマンブロークンヘアードポインター」に「スパニッシュポインター」「イングリッシュポインター」「ダルメシアン」を交配させて誕生したとされています。

耐久性と粘り強さを持ち、俊足で回収能力が優秀な猟犬を目指して改良されました。

後にキツネやクマなどの哺乳類の中でも体格の大きな獲物を見つけて飼い主に知らせ、飼い主が猟銃で打った後にとどめをさして回収するなどの能力を開花させました。

ドックショーと狩猟の両立が可能であったため、1900年代から世界的に知られて人気が広がりました。

ジャーマンショートヘアードポインターの性格と特徴

ジャーマンショートヘアードポインターにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもジャーマンショートヘアードポインターの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ジャーマンショートヘアードポインターの特徴や性格とは?

ジャーマンショートヘアードポインターは、飼い主や家族に献身的で従順、温厚な性格の犬種です。

基本的にはほかの犬とも仲良くなれるのですが、オス同士だと攻撃的になってしまうことがあるので、散歩やドックランなどでは気を付けてください。

縄張り意識と責任感が強く、知らない人や物音にとても敏感です。

ジャーマンショートヘアードポインターのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ジャーマンショートヘアードポインターの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:体高58~64cmくらいで、体重25~32kgくらいです。

メス:体高53~58cmくらいで、体重20~27kgくらいです。
体つきはスリムで引き締まっている、しなやかでバネを感じさせる走る姿の筋肉質な体型は同じで、オスよりもメスの方が一回り小さいという感じです。

ジャーマンショートヘアードポインターの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ジャーマンショートヘアードポインターの外見の特徴について見てみましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターの毛色

ジャーマンショートヘアードポインターの毛の色や柄はこんな種類があります。

レバー、レバー地にホワイトの斑、ダークブラウンローン

ジャーマンショートヘアードポインターのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ジャーマンショートヘアードポインターのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

ジャーマン・ワイヤーヘアードポインター(作られるときにジャーマンショートヘアードポインターの血統が入っています)

ジャーマンショートヘアードポインターに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ジャーマンショートヘアードポインターに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ジャーマンワイアーヘアードポインターイングリッシュポインター

その他、ワイマラナー、クライナー、セッターなどが同じ鳥猟犬でいます。

Sponsored Link

ジャーマンショートヘアードポインターをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ジャーマンショートヘアードポインターの価格相場は、15~25万円です。

国内では珍しい犬種ですので、購入する場合は数少ない国内のブリーダーに予約をするか、海外で購入する場合は輸入代行業者にお願いして海外のブリーダーから購入するかなので、その場合は時価となります。です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ジャーマンショートヘアードポインターの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターの正しい飼い方としつけ方

ジャーマンショートヘアードポインターは、猟犬の頃から飼い主の側で過ごしてきた犬種なので、出来るだけ室内で飼うことをおすすめします。

毎日たくさんの運動量をこなすことが大切な犬種なので、1日2回1時間以上の散歩の他に、遊びなどを取り入れた刺激的な運動をさせてください。

暑い季節は水の中で泳いだりするのを喜びますが、寒さには弱い犬種なので気を付けましょう。

猟犬なので脱走など防止のために屋外で飼うときは2メートルくらいのフェンスが必要になります。

脱走癖はコミュニケーション不足かが原因になるので、退屈しないように愛情をたっぷり注いであげてください。

しつけは、子どもの頃からたくさんの人や動物に会う機会を作ってあげて、社会性を身につけさせてましょう。

頭が良くて忍耐強いのですが、独立心も強いので、しっかり主従関係を足手混まないと飼い主のいうことを聞かなくなってしまいます。

しつけは厳しく行うのではなくて、優しく褒めて長所を伸ばしながら、飽きさせないように刺激のある遊びを取り入れて行うのがコツとなります。

ジャーマンショートヘアードポインターは、両方で飼うことに適しています。

ジャーマンショートヘアードポインターにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

ジャーマンショートヘアードポインターにおすすめのドックフードは「カナガンドックフード」です。

カナガンは、原料がすべてヒューマングレード(人間の食事と同じ品質水準)で栄養バランスも良く、グレインフリー(穀物不使用)で合成添加物も使用していないので、安心して食べさせてあげられます。

歯が丈夫な犬種なので、しっかり噛める硬めのドライフードや犬用ガムを与えることをおすすめします。

ジャーマンショートヘアードポインターの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ジャーマンショートヘアードポインターの1ヶ月あたりのエサの値段は、約3.000~45.000円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターに必要なケアやアイテム

ジャーマンショートヘアードポインターを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ジャーマンショートヘアードポインターのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターのお風呂のペースは、ジャーマンショートヘアードポインターの被毛は、硬くて短い毛が密集しているので、普段は週に1回程度のブラッシングと堅く絞ったタオルで光沢が出るように拭いてあげるだけで十分です。

特に目立つ汚れがあるときだけシャンプーしてあげてください。

シャンプーの頻度は、せめて10日はあけないと犬の皮膚は人間よりも薄いので、回数が多いと脂分を落とし過ぎてしまい、汚れやすく皮膚病にもなりやすくなります。

ジャーマンショートヘアードポインターにおすすめのグッズ

ジャーマンショートヘアードポインターを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

ジャーマンショートヘアードポインターのような大型犬は、おもちゃを与えても、すぐにダメにしてしまうことが多いです。

出来るだけ丈夫で楽しめるおもちゃを紹介したいと思います。

・「Bumi(ブーミー)」は、アメリカのWest Paw Design社が開発したZogoflex(ゾゴフレックス)という素材で作られていて、とても丈夫で有害物質も含まない環境にやさしい安全なおもちゃです。

引っ張りっこなどで遊ぶだけでなく、水にも浮くので川や海で投げて持ってこいの遊びを楽しめます。

このソゴフレックスで出来た形状が違う、棒型やフリスビー型などもありますので、是非1度試してほしいです。

・「フェッチ」は、梨の木から生まれた、咬んで遊ぶおもちゃです。

厳選された果実の木なので、毒性などはなく適度な重さで水にも浮きます。

咬んだ時に細かく砕けたりささくれたりしないので、安心して遊べます。

粉状に削れてしまった木屑を食べてしまっても、胃や腸を傷つけずに便で排出されます。

愛犬の歯と歯茎を健康に保ち、ストレス解消にも役立ちます。

ただ注意が必要で長時間使用することは逆効果になりますので、1日10~20分を目安し小さくなったフェッチは早めに新しいものと交換してください。

大きい塊を飲み込むと危険ですので、飼い主の目の届く範囲で遊ばせてください。

ジャーマンショートヘアードポインターの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ジャーマンショートヘアードポインターの平均寿命は12~14歳です。

ジャーマンショートヘアードポインターがかかりやすい病気やケガの種類

ジャーマンショートヘアードポインターがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

消化器の病気、リンパ浮腫、心臓病、ヴォンヴィレブランド病、胃捻転、関節の病気、股関節形成不全、目の病気、眼瞼内反症

ジャーマンショートヘアードポインターの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

リンパ浮腫の抗がん剤治療の場合

外科的治療、手術やそれにかかる入院費、抗がん剤、検査、内服薬など、トータルで見ると、200万円はかかるとされています。

犬種や大きさ、選択する薬の種類によって費用は前後しますが、月額で言うと、金額に幅はありますが、5~10万円ほどでしょう。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ジャーマンショートヘアードポインターのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

ドキソルビシン(抗がん剤)、ビンクリスチン(抗がん剤)、シクロフォスファミド(抗がん剤)抗炎症薬、免疫抑制剤、グルコサミンサプリメント、血管拡張薬、強心剤、利尿剤

ジャーマンショートヘアードポインターを飼っている主な著名人

パンツェッタ・ジローラモ

ジャーマンショートヘアードポインターに関するまとめ

今回はジャーマンショートヘアードポインターの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

ジャーマンショートヘアードポインターは、ポインターの中で最もタブな犬種なので散歩やしつけで苦労はしますが、苦労した分お互いの信頼関係が深まり良好な関係性を築くことが出来るので、しっかり時間をかけて飼育できる人におすすめの犬種です。

コメントを残す

*