borudo-masuthihu-i

ボルドーマスティフの飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

ボルドーマスティフはどんな犬?性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ボルドーマスティフをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ボルドーマスティフはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないボルドーマスティフの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

ボルドーマスティフの基本情報

ボルドーマスティフの画像


  • 原産国、地域 フランス
  • 一般的な体重 45~50㎏
  • 一般的な体高 体高58~69㎝
  • 平均寿命   11年前後
  • 平均的な値段 30万円前後
Sponsored Link

ボルドーマスティフの名前の由来

フランス原産のマスティフ犬種のひとつで、毛色が艶やかなブドウのような色の「ボルドー色」であることから、こう呼ばれています。

ボルドーマスティフの歴史

今更聞けない、ボルドーマスティフの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ボルドーマスティフにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

中世ヨーロッパにいた大型犬『アラン』の子孫ともいわれる、非常に古い歴史を持った犬種です。

14世紀ごろに誕生したとされているが、生い立ちは謎に包まれています。

先祖になった犬種もローマン・モロサスの説、グリーク・モロサスの説、ナポリタン・マスティフの説などがあり定かではありません。

はじめは主に闘犬として使われていましたが、そのうち持ち込まれたジャガーや捕獲したクマ、人などと戦うようになりました。

また、闘牛がんになると、これを小型化してさらに闘牛に適した体に改良した犬種が作出されました。

闘犬の他は、警備犬やイノシシ狩り用の猟犬、牛を誘導・管理する牧牛犬などとしても使われていました。

現在ではその能力の高さから警察犬として活躍している犬もいるほど、人々に親しまれる犬種となっています。

ボルドーマスティフの性格と特徴

ボルドーマスティフにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもボルドーマスティフの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ボルドーマスティフの特徴や性格とは?

強面な外見に反して、穏やかな性格で落ち着きがあります。

リーダーと認めた飼い主には忠実で従順です。

元気に動き回ることも好きですが、普段は寝そべってダラダラすることも好きです。

ただ、警戒を怠ることはなく、家族に危険が迫っていると感じた時には機敏な動きで守ってくれます。

番犬向きな犬種といえるでしょう。

社交性もあるので他のペットとも仲良くなれますし、こどもの子守り役としても最適な犬種です。

特徴的なのは顔のシワとたるんだ皮膚です。

顔はまるで泣き顔のようにシワが多くて、マズルは短いです。

平べったい顔をしていますが、あごはかなり強靭です。

のどもとのたるみはデューラップとよばれ、ひっぱると皮膚がよく伸びます。

これは闘犬によくある特徴で、かまれた時に痛みを軽減する役割を果たします。

被毛はダブルコートで、密集したアンダーコートと硬い短毛のアウターコートから成り立ちます。

耳は垂れ耳で尾は太く、垂れたしっぽには飾り気がありません。

ボルドーマスティフのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ボルドーマスティフの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

現在調査中

ボルドーマスティフの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ボルドーマスティフの外見の特徴について見てみましょう。

ボルドーマスティフの毛色

ボルドーマスティフの毛の色や柄はこんな種類があります。

マホガニー、イザベラカラー、レッド、(ブラックマスク、ブラウンマスクも認められる)、単色のホーン

ボルドーマスティフのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ボルドーマスティフのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

現在調査中

ボルドーマスティフに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ボルドーマスティフに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ブルマスティフナポリタンマスティフチベタンマスティフイングリッシュマスティフ、ジャパニーズマスティフ、アフガンマスティフ、スパニッシュマスティフ、ベルジアン>マスティフ

Sponsored Link

ボルドーマスティフをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ボルドーマスティフの価格相場は、30万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ボルドーマスティフの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ボルドーマスティフの正しい飼い方としつけ方

穏やかな性格ですが、幼い頃からの社会化トレーニングが欠かせません。

感受性が鋭くデリケートなので、ほめながらしつけてあげることがポイントです。

他のマスティフ系の犬種に比べると防衛意欲はそれほど強くありませんが、毎日、適度な運動と繊細なケアが必要な犬種です。

運動欲求が低い大型犬ですが、重たい体を支えるためにの足腰は鍛えておく必要があります。

毎日少なくとも1時間程度、散歩に連れて行ってあげてください。

ただ、体の成熟が遅い犬種なので、幼犬期の激しい運動は「股関節形成不全」の発症を招きやすいです。

関節に負担がかからないように、幼犬期は階段の上り下りも出来るかぎり避けた方がいいです。

また、ボルドーマスティフは水遊びが大好きなので水泳がおすすめです。

足腰にもさほど負担がかからずにトレーニングできるので、夏場に試してみるのもよいでしょう。

フローリングの床では関節や腰に負担がかかりやすいです。

床にはカーペットや滑りにくい床材を敷いてあげると安心です。

また、気温の変化には弱い傾向があります。

室温20~27℃、湿度40~60%ほどに室温を調整してあげると、健康がたもてるでしょう。

関節疾患は太り過ぎないようにし、皮膚疾患はしわの間を蒸しタオルなどでまめに拭いて清潔にすることで、予防が可能です。

ボルドーマスティフは、室内で飼うことに適しています。

ボルドーマスティフにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

超大型犬なので高たんぱくのフードを与えることが大切ですが、太りやすい傾向があるので低脂肪にもこだわってフードを選ぶことにも気を付けてください。

また、股関節形成不全になりやすいので、関節のケアに効果のある成分が含まれているかも忘れないようにしましょう。

ボルドーマスティフの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ボルドーマスティフの1ヶ月あたりのエサの値段は、約20,000~30,000円です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ボルドーマスティフに必要なケアやアイテム

ボルドーマスティフを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ボルドーマスティフのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ボルドーマスティフのお風呂のペースは、被毛は汚れたときに濡れタオルで拭く程度で充分ですが、2,3か月に1回ほどシャンプーしてもよいでしょう。

たまに獣毛ブラシを使ってマッサージをするようにケアしてあげるとつやが保てます。

ボルドーマスティフにおすすめのグッズ

ボルドーマスティフを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

サークルは、超大型犬用ステンレスタイプがお勧めです。

関節疾患のリスクを減らすため、フローリングで滑ったりしないようにコルクマットや1万円程度で販売されている滑り止めのワックスを床に塗るとよいです。

固い床に寝ていると関節を痛めてしまいます。

関節を守るために毛布を畳んだものやクッションを、寝床に置いてあげるとよいでしょう。

食器類は耐久性のあるステンレス製の丸ボウルで、直径20cmほどの大きめのものがよいでしょう。

水飲みはボウルでも大丈夫ですが、衛生面やドカ飲み予防を考えて給水ボトルタイプがおすすめです。

他に揃えるとよいものは食器台で、設置して食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも、胃捻転の発症のリスクを下げられます。

首輪はしっかりとした素材のもの、またはチェーンカラーが安心です。

ボルドーマスティフの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ボルドーマスティフの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ボルドーマスティフの平均寿命は11年前後です。

ボルドーマスティフがかかりやすい病気やケガの種類

ボルドーマスティフがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

股関節形成不全・てんかん・膿皮症・先天性心疾患・胃捻転・眼瞼外反症・小眼球症?などがあります。

ボルドーマスティフの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

大型犬の医療費は年間40000円ほどです。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ボルドーマスティフのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

膿皮症は、原因菌の抗生物質を投与しながら、薬用シャンプーで洗浄することで治療できます。

ボルドーマスティフを飼っている主な著名人

現在調査中

ボルドーマスティフに関するまとめ

今回はボルドーマスティフの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

幼いころからの社会化トレーニング、毎日適度な運動と繊細なケアが必要な犬種です。

常に飼い主からの愛情を欲していることなど、初心者には飼育が大変な犬種です。

しかし、しっかりとしつけを施せるなら、十分飼な愛情を返してくれることでしょうl。

初心者で手懐ける自信がない方はドッグトレーナーに訓練してもらうことも視野に入れておくとよいでしょう。

コメントを残す

*