パグ

パグの寿命はどのくらい?なりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【パグ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

パグの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、パグのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

パグの画像

パグの平均寿命は?

パグの平均寿命は12から15歳くらいと言われていています。

犬は体の大きさによって平均寿命が異なり、一般的には大型犬よりも小型犬の方が長生きをすると言われいます。

パグは小型犬に入るため、比較的長生きをするとされています。

パグの寿命と長生きするコツ

パグが長生きをする秘訣は「顔のシワと鼻、目のケア」と「体重管理」が大切になります。

パグは個性的な顔立ちが愛らしいと人気の犬種ですが、その愛らしい容姿は、きちんとケアをしてあげないと病気にかかるキッカケを作ってしまう可能性があります。

パグの顔のシワや、目の汚れを放置すると、そこから炎症を起こしたり病気へ発展させてしまうことがあるのです。

散歩後に必ずケアをするなど、体のチェックを習慣づけることで病気を防ぎ長生きに繋がるでしょう。

またパグは太りやすい犬種でもあります。

体重が増えすぎると様々な病気のリスクが上がるため、体重の管理は幼い頃から徹底することが長生きさせるためには大切です。

餌のあげすぎはもちろんのこと、運動不足にもならないように気をつけましょう。

適切な体重からオーバーしているようなら、散歩を増やしてみたりダイエット食に変えることで、パグを健康な体に導いてあげることができます。

Sponsored Link

パグのかかりやすい病気は?

パグは遺伝子性疾患が多い犬種とも言われています。

パグがかかりやすい遺伝子性疾患として有名なのが、「壊死性髄膜脳炎」という病気です。

「パグ脳炎」とも呼ばれ、パグに発生しやすく脳の広範囲が懐死してしまいます。

また目の角膜が傷ついてしまう「角膜潰瘍」という病気や、皮膚が炎症を起こし、爛れたり赤くなったりする「皮膚炎」にもかかりやすいです。

他には、短頭種に多い「鼻孔狭窄症」という、鼻の穴や気道が狭くなっている先天的な病気を持っている可能性もあります。

パグのかかりやすい病気のサイン

パグの病気を見逃さないように、パグがかかりやすい病気のサインを知っておきましょう。

まずは「角膜潰瘍」ついてのサインです。

瞬きの回数が増える・目を掻いたり壁に擦りつける・目ヤニや涙が多くなるということがあげられます。

次に「皮膚炎」の病気のサインは、体を執拗に掻く・皮膚に赤い点が複数できる・脱毛する・体臭がキツくなる、ということがあげられます。

そして「鼻孔狭窄症」の病気のサインは、鼻が鳴る・呼吸が良く乱れる、というものがあります。

パグには元々「いびきがうるさい」というイメージがついていて、いびきをかいていても普通のことだと思われてしまいます。

しかし「鼻孔狭窄症」の可能性がもあるので、あまりにもいびきが酷い場合には病院へ連れていきましょう。

最後に「パグ脳炎」とも言われる「壊死性髄膜脳炎」の病気のサインは、視力の低下・手足の痙攣・同じ場所をクルクルと回るなどがあげられます。

またひどい場合には倒れ込んでしまうこともあるので、早期発見が大切です。

病気の予防法と対処法

愛らしいパグと健康で楽しい毎日を過ごすために、病気の予防法や対処法を知っておきましょう。

パグは「目」「鼻」「顔のシワ」に関する病気が多いです。

まずは大きく出っ張った目の病気「角膜潰瘍」ですが、散歩後などには入念に「目にゴミが入っていないか」「傷がついていなか」などを観察することで予防にも早期発見にもなります。

治療法は軽度なら目薬で直せますが、重度になると手術が必要になります。

次はパグの顔のシワに出来やすい「皮膚炎」ですが、病気の発症を防ぐためには1日1回は顔のシワの間を綺麗に拭き取り、清潔に保ってあげましょう。

治療法は塗り薬の塗布や清潔に保つことになります。

そしてパグの鼻ですが、短頭種であるパグは「鼻孔狭窄症」という病気を先天的に抱えている可能性があります。

この病気を持っているパグは、体温調節が他の犬に比べて苦手です。

常に気温の変化や室内の温度に気を遣う必要があります。

また短頭種は太り過ぎによって、気道を狭くする可能性があります。

肥満による「呼吸困難」や「気管虚脱」にならないように、体調管理もしっかり行ってください。

他には、パグがかかりやすい遺伝子性疾患として有名なのが「パグ脳炎」です。

遺伝子性疾患ですので、生まれつき持っている病気になります。

愛犬に「パグ脳炎」の症状がみられた時は、すぐに病院で診てもらうもらいましょう。

パグの老化のスピード

パグの老化のスピードは、一般的に言われている小型犬の老化のスピードになります。

1歳になると人間でいう17歳になり、2歳では24歳になります。

3歳以降は、1年で4歳づつの年齢をとるとされています。

人間よりも4倍ものスピードで老化を迎えることになります。

人間よりも短い命だからこそ、濃い毎日を楽しませてあげたいですね。

パグの老化に伴う外見の変化

パグ老化に伴って、毛が白くなる・皮膚の状態が変色する・毛並みが艶がなくなるという変化があらわれます。

老化を察知することで更に健康に気を配ることができるので、日頃から観察を良くしておきましょう。

老化に伴う外見の変化

パグに似た犬種

フレンチブルドッグボストンテリア

老犬におすすめの食べ物は?

パグは老犬になるにつれて運動をしたがらなくなる子が多いようですが、食欲だけはあるケースがあります。

食べて運動不足というのは、一番肥満になる可能性が高いでしょう。

肥満はあらゆる病気を発生させる原因になります。

そのため運動不足の解消と共に、食事にも気をつけなければいけません。

そんなパグにはカロリーが低く、ご飯のかさ増しにもなるキャベツがおすすめです。

または、β体の中でビタミンAに変換される、カロテンという成分が入っている人参もおすすめの食材になります。

ビタミンAは皮膚病の予防にもなるため、皮膚の病気にかかりやすいパグの健康に一役かってくれるでしょう。

また人参には体を温める作用もあるため、元々体温調節が苦手なパグにはもってこいの食材です。

老犬になり更に寒さが厳しくなったパグの冬場の食材として、取り入れてみてください。

Sponsored Link

パグに適した散歩の量は?

パグの散歩量の理想は1日2回、1回の散歩が20分から30分程度とされています。

ただ、パグは体温調整が他の犬種よりも苦手なため、時間に囚われずにキツそうだったら早めに散歩を切り上げましょう。

シニア期に入ったパグは、更に厚さや寒さが苦手になってきます。

パグのコンディションに合わせて、無理のない時間を散歩させてあげましょう。

また散歩や運動を嫌がるパグも多いですが、運動不足は肥満を引き起こしたり、ストレスを溜め込む原因になります。

夏は涼しい時間帯を選んで、なるべく散歩の量を減らさずに運動不足にならないようにしましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

パグは独立心が強い犬種とされていて、頑固な一面もあります。

躾の際にも強く怒ったりするとストレスから、元気を失くしいつもの調子に戻らないということもあります。

ですので、パグのペースに合わせた日常を送ることが大切になってくるでしょう。

また、パグは体温調整が苦手なため、散歩の時間や室内の温度などに気を使ってあげることが大切です。

夏は厚さ対策として日々のブラッシングをしてあげることで、熱を体に籠らせないようにできます。

冬には服を着せるなどして、寒さをしのいであげると快適に過ごすことができるでしょう。

暑さや寒さはパグに多きなストレスを与える原因になるので、暑さ寒さ対策はとても大切になってきます。

パグの寿命に関するまとめ

愛くるしい容姿で見る人を全て癒してくれるパグは、マイペースに人々に寄り添った生活をしてくれます。

そんなパグは、遺伝子性の疾患やチャーミングな見た目から発生する病気が多い犬種としても知られています。

パグの病気や病気のサインを知ることは、いつも人々に癒しを与えてくれているパグに長生きをしてもらうために必要なことなのです。

パグについて沢山学び、そして多くの愛情を持って体を勞ってあげることで、パグと共に生きていく時間が増えれば良いですね。

コメントを残す

*