ja-manpinsya--i

ジャーマンピンシャーの飼い方や値段、寿命や性格まで調査!

ジャーマンピンシャーはどんな犬?性格と特徴・正しい飼い方や寿命といった基本的な情報と、意外と知らない歴史や名前の由来についてご紹介!知れば知るほど愛おしいくなるわんちゃんの情報をまとめました。

ジャーマンピンシャーをこれから飼いたいと思っている、既に飼っている人必見!

どんなわんちゃんでも、犬種によって、特徴や性格が変わってくるので飼い方やしつけ方にも違いがあります。
また、遺伝的な病気を持っていたり、寿命が違ったりと飼い方にあたって注意すべき点も変わってきます。

ジャーマンピンシャーはどんな性格でどのような特徴を持った犬なのか、そして、平均寿命はどのくらいでいつまで一緒にいられるのかといった情報をお届けします。

適切な飼い方やしつけ方法、そして意外と知る機会の少ないジャーマンピンシャーの歴史や名前の由来までご紹介していきます。

ジャーマンピンシャーの基本情報

ジャーマンピンシャーの画像


  • 原産国、地域 ドイツ
  • 一般的な体重 14~20kg
  • 一般的な体高 45~50cm
  • 平均寿命   12~14年前後
  • 平均的な値段 30~50万円前後
Sponsored Link

ジャーマンピンシャーの名前の由来

ピンシャーはドイツ語ですが、噛み付く動作を表していると思われる一方で、断耳、断尾をしたという意味にもとれるとして、当時の外見に由来するという説もあります。

ジャーマンピンシャーの歴史

今更聞けない、ジャーマンピンシャーの歴史について紐解いていきましょう!

わんちゃんの歴史を知ると、何となく性格や体系、その犬種特有の特徴といった謎が解けていくものです。

また、ミックス犬の場合どのように生まれたのか、純血種の場合にはどのような場所で発見されたのかわかるとなんだかおもしろいですよね。

ジャーマンピンシャーにはどのような歴史はがあるのでしょうか?

ジャーマンピンシャーは1879年にドイツで犬種認定されたました。

スタンダード・シュナウザーに近いルーツを持ち、ドーベルマンの育種の土台になったほど長い歴史を持つ犬種です。

主として、狩猟能力の高さから、家畜小屋の番やネズミを退治するのが本種の役割で、広く使役犬として人気がありました。

古くから存在する犬種ではありますが、原産国外で犬種として認められたのは19世紀のことです。

ジャーマンピンシャーの性格と特徴

ジャーマンピンシャーにはどんな性格や特徴があるのでしょうか。
わんちゃんの特徴や性格を熟知することで、ストレスを与えない良質な環境での飼い方ができるようになり、結果的に寿命を延ばしてあげる事にも繋がります。

犬種特有の性格や特徴をきちんと知ることでしつけ方や飼い方にも違いが出てきますし、双方幸せに暮らすためにも知っておく必要があります。

やんちゃな性格な犬種なら悪戯を事前に防止したり、小心者の性格な犬種なら落ち着ける空間を作ってあげたりと、犬の性格に合わせて適切な環境を作ってあげることが大切です。

その子固有の性格もありますが、おおまかにでもジャーマンピンシャーの性格を知っておくことがいい飼い主の基本になってきます

ジャーマンピンシャーの特徴や性格とは?

日本でも多く飼われるようになった「ミニチュアピンシャー」や、警備犬・警察犬・麻薬探知犬などで優れた能力を発揮する「ドーベルマンピンシャー」の元となった犬種です。

とてわも筋肉質で引き締まった体つきをしており、シワが寄った額と半垂れ耳、先細りの垂れ尾が特徴的です。

耳は断耳して立たせ、尾は短く断尾されている場合がほとんどです。

当時、ネズミに噛まれたりして、傷口が膿んで感染症にかかったりすることを防いだ、処置の名残です。

ジャーマンピンシャーは艶やかな短毛に覆われ、被毛はスムースコートで、カラーはブラック・アンド・タン、レッドなどがあります。

ジャーマンピンシャーの性格は、飼い主に対してとても愛情深く素直なで、とても人懐っこく、賢く堅実で、辛抱強い一面もありますが、少し頑固なところがあり、飼い主の出した指示が聞けない時もあります。

知らない人や犬に対しては、飼い主が好感ある接し方をすることで、仲良くなることができます。

また明るく活発で陽気な性格のため、誰にでも飼育しやすい犬種です。

ジャーマンピンシャーのオスとメスの違い

犬種だけでなく、オス・メスによっても、活発さや社交性と言った性格に違いがでてきます。

オス・メスそれぞれの性格の違いや特徴、行動を知ることで、どんなしつけ方をしたらいいかなども分かるので、きちんと知っておくことが大切です。

ジャーマンピンシャーの性別ごとの性格・特徴を見ていきましょう。

オス:メスに比べて甘えん坊で愛情深いです。
また、オスのほうが「おっとり」しています。
ただし、縄張り意識が強くオシッコを部屋中に引っかけてしまう場合があります。
トイレのしつけをしっかりと行わなければいけません。

メス:オスに比べて自立していますが支配的な傾向があります。
メスのほうが「やんちゃ」な性格をしています。
神経質になってしまう時期もあるため、接し方に注意が必要です。

ジャーマンピンシャーの外見の特徴やミックス犬

わんちゃんをお迎えする上で、犬種特有の外見の特徴も気になりますよね。

犬種によって耳が垂れていたり、体が小さかったりと様々ですし、
子犬と成犬で大きさや色や模様が変わってくる子もいます。

ジャーマンピンシャーの外見の特徴について見てみましょう。

ジャーマンピンシャーの毛色

ジャーマンピンシャーの毛の色や柄はこんな種類があります。

ブラック・アンド・タン、イザベラ(栗毛)・アンド・タン、タンの単色。稀にブルー・アンド・タン、フォーン・アンド・タン

ジャーマンピンシャーのミックス犬

最近増えているミックス犬。
毛並みや顔・耳の形がどちらかに似ていたり、体格が特徴的な変化があったりと可愛らしい部分を引き継いでいる子が多いですね。

ミックス犬には、外見の特徴を引き継いでいるだけでなく、性格も飼いやすい穏やかな性格になっていたり、特有の遺伝病が防がれ寿命が比較的長い傾向があります。

ジャーマンピンシャーのミックス犬にはどのような種類があるのでしょうか。

ミニチュア・ピンシャードーベルマン

ジャーマンピンシャーに似た犬種

ミックス犬が増えた今、両親のどちらかが同じ犬種だったり、交配段階で犬種が混ざり合ったりと似た種類の犬がたくさんいます。

ジャーマンピンシャーに似ている、同じ遺伝を持ってる犬種にはどんな犬種があるのでしょうか?

ミニチュア・ピンシャードーベルマン

Sponsored Link

ジャーマンピンシャーをお迎えする値段は?

こんな性格や特徴を持ったわんちゃんを実際にお迎えする際にはどのくらいの値段で家族にすることができるのでしょうか?

ジャーマンピンシャーの価格相場は、30~50万円前後です。

ただし、ブリーダーさんから引き取る場合や、保健所、里親譲渡会などでお迎えする場合には値段が変わってきます。

わんちゃんの年齢にこだわりがなかったり、手間のかからない子が欲しいと感じるのであれば、里親としてお迎えするのもいかがでしょうか。

正しい飼い方としつけのポイント

ジャーマンピンシャーの飼い方

犬の種類によって、飼い方やしつけ方というのは変わってきます。
体格差や性格に合わせた適切な飼い方・しつけ方が必要になります。

基本的に室内飼いがおすすめとされていますが、広い屋外があるのであれば屋外で飼う方がストレスがたまらず快適に過ごせる犬種もいます。

里親で引き取ったり、ペットショップで出会う際に規約として室内での飼い方を指導されることもあるので、室外向きの犬種の場合は散歩を増やしてあげるといった方法で対策してあげましょう。

犬種だけでなく、性格によって飼い方やしつけ方も変わってきますので、犬種ごとの基準として知っておくようにしましょう。

ジャーマンピンシャーの正しい飼い方としつけ方

ジャーマンピンシャーは賢く飼い主に従順で、しつけや訓練は苦労しないでしょう。

子犬のときからしっかり上下関係を教え、できたときはしっかり褒めてあげましょう。

ジャーマン・ピンシャーの飼い主は、リーダーシップがしっかりとれる人が向いています。

上下関係をうまくきずく必要があるので、それが出来ない飼い主さんには難しいでしょう。

「ピンシャー」はドイツ語で“噛みつく”を意味する言葉です。番犬として重宝された歴史もあり、飼いやすい犬種ですが、しつけをしっかりと行わないと自分勝手な性格に育ってしまいます。

特に勇敢な性格が災いして、他人への攻撃性が強くなってしまうため、子犬のときにたくさんの人と交流し、社会性を身につけられるしつけを、意識して行うようにしてください。

また短毛であることから、寒さに弱く真冬の散歩のには、洋服やダウンジャケットを着せるなどの防寒対策が必要です。

ジャーマンピンシャーは、両方で飼うことに適しています。

ジャーマンピンシャーにおすすめのエサ

数多くのペットフードから適したものを選ぶのは非常に難しいですよね。

小型犬・中型兼・大型犬といった体格や体重によって決めるのは勿論
年齢に適したエサを与えるようにしましょう。

また、一緒に過ごしていくうちに、その子の好みの味が分かってくると思います。
食欲が減退しないように好物を与えたり、ローテーションしてドッグフードを与えるのも効果的です。

運動量が豊富で無駄のない筋肉質な体型をしているジャーマンピンシャーですが、関節疾患や股関節形成不全に注意が必要です。

股関節形成不全の予防に「コンドロイチン」「グルコサミン」、関節炎の痛みを和らげてくれる「アルファルファ」、被毛や皮膚のケアに効果的な「オメガ3脂肪酸」など様々な栄養がバランスよく配合されたフードがおすすめです。

また、十分な筋肉の下地づくりのためには「高たんぱく」で低脂肪にもこだわってフードを選びましょう。

ジャーマンピンシャーの1ヶ月の食事にかかる値段(エサ代)の平均

ジャーマンピンシャーの1ヶ月あたりのエサの値段は、約20,000円前後です。

人間が食べている食べ物は容易には与えず、犬用のエサを与え好みに合わせてドッグフードの種類を変えてあげるようにしましょう。

ジャーマンピンシャーに必要なケアやアイテム

ジャーマンピンシャーを飼うにあたって必要なケアはどんなものがあるのでしょうか?

病気を防ぐためにも、お風呂やトリミングと言ったケアは必要ですし、ストレスを与えないようにするためにも遊ぶ道具があると快適に過ごすことができます。

ジャーマンピンシャーのお風呂のペース

猫のように毛づくろいをしない犬は、放っておくと特有の臭いがしてしまったり、皮膚病になってしまう可能性もあります。

病気にさせないためにも、快適に一緒に過ごすためにも、お風呂やトリミングなどでケアをしてあげるようにしましょう。

ジャーマンピンシャーのお風呂のペースは、短毛なジャーマンピンシャーの、被毛の手入れは比較的簡単です。

週1回程度のブラッシングと、月1回程度のお風呂で十分です。

ジャーマンピンシャーにおすすめのグッズ

ジャーマンピンシャーを飼うにあたっておすすめのグッズをご紹介!

寒さに弱いジャーマンピンシャーとって防寒用の洋服は冬のお散歩に大活躍です。

気候が愛犬にとって適当でない場合、洋服を着せることで健康を守ることができます。

普段から着せていると嫌がらず、逆に「着ると暖かくなるもの」として判断し、喜んで着てくれるようになります。

ジャーマンピンシャーの寿命、病気や治療に価格値段

犬の種類によって、かかりやすい病気やケガがあり、寿命にも差が出てきます。

その犬種特有の遺伝的な病気や、体質・体の特徴から起こりうる病気やケガなどをしっかりと把握しておくことで最悪の事態を免れることができます。

愛犬のかかりやすい病気を知っておくことで、日頃の生活で気をつけることも見えてくるので把握しておきましょう。

ジャーマンピンシャーの平均寿命

2015年に一般社団法人ペットフード協会が調査した犬全体の平均寿命は14.85歳でした。

その分、1日1日を大切にして健康的で幸せな日々を一緒に過ごしたいですよね。

犬種によって平均寿命は違うので基礎知識として覚えておきましょう。

ジャーマンピンシャーの平均寿命は12~14年前後です。

ジャーマンピンシャーがかかりやすい病気やケガの種類

ジャーマンピンシャーがかかりやすい病気はこのようなものがあります。

遺伝性白内障、股関節形成不全、進行性網膜萎縮症、フォンヴィレブランド病などがあります。

ジャーマンピンシャーの治療平均価格

犬を飼うには、高い医療費がかかります。
最近はペット用の保険もありますがまだまだ浸透しておらず、病気になった際に飼い主は高額な治療費を払うこともあります。

股関節形成不全にかかった場合、初診料:1,000円、レントゲン:6,000円、注射:2,500円:内服薬(7日分):5,000円、合計14,500円かかります。

手術になった場合、手術(三点骨切術・手術に必要な血液検査等含む):200,000円、入院7日(大型犬用):35,000円、注射:14,000円 内服薬(7日分):5,500円、合計254,500円になります。

犬や猫などの動物は言葉を話せません。飼い主が愛犬の不調に気付き素早く病院へ連れて行く必要があります。
後回しにする・病院をケチるようであれば動物を飼う資格はありません。.

高額な医療費がかかる事を理解したうえでお迎えしてあげてください。

ジャーマンピンシャーのよく使う薬・サプリ

最近ではわんちゃん用のサプリメントも販売されており、犬種ごとの性質に合わせて調合されているものもあります。

少しでも長く一緒に居たい、寿命いっぱいまで、平均寿命よりも長生きさせてあげたいと考えるなら、サプリメントも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか?

股関節形成不全の予防にコンドロイチン、グルコサミン、皮膚や被毛のケアにオメガ3脂肪酸、目の健康にビタミンE、アントシアニン、アスタキサンチンなどがあります。

ジャーマンピンシャーを飼っている主な著名人

現在調査中

ジャーマンピンシャーに関するまとめ

今回はジャーマンピンシャーの性格や特徴・平均寿命から、正しい飼い方やしつけ方についてご紹介させていただきました。

ジャーマンピンシャーはとても陽気な性格で遊び好き、筋肉質で流線型の美しい体が魅力的です。

愛情深い性格でとても賢く、飼い主に従順でしつけのしやすい犬種です。

また、被毛の手入れが楽なことから、飼いやすく人気がありますが、毎日1時間程度の運動が必要で飼い主の、体力や時間の確保も良く考えなければいけません。

短毛で脂肪が少ないため寒さには極端に弱い犬なので、真冬の寒い日の散歩の際には犬用の洋服を着せてあげるのがおすすめです。

また、ジャーマンピンシャーは遺伝疾患が多い犬種ですので、その点は注意が必要です。

子犬を迎える際には、十分に注意しましょう。

その点を除けば、賢く元気いっぱいの犬種なので、飼い主さんとたくさん遊んでくれる良い相棒になるでしょう。

コメントを残す

*