tosatouken-i

土佐闘犬

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【土佐闘犬】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

土佐闘犬の寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、土佐闘犬のかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

土佐闘犬の画像

土佐闘犬の平均寿命は?

土佐闘犬の平均寿命は10年から12年くらいと言われています。

しかし、中には平均寿命を超えて、18年生きた土佐闘犬もいるそうです。

また、遺伝や飼育環境によって寿命は変わってくるので、適切に飼育していれば、平均寿命より長く生きてくれる可能性もあります。

土佐闘犬の寿命と長生きするコツ

土佐闘犬は、大型犬なので1番気をつけるべき病気は関節に関わる病気です。

犬の関節の病気には3種類あります。

加齢による関節の病気、肥満による関節の病気、生活環境による関節の病気です。

元気で長生きさせるために、次のポイントに気をつけましょう。

関節ケアで1番大切なのは、適度な運動です。

何らかの原因により運動不足の状態になってしまった時、また老齢犬の起き抜けなどは、うまく関節を動かせないときがあります。

そんな時は、関節部をそっと手で動かしてあげましょう。

ただし、可動域内で行わないと逆効果になってしまうので注意が必要です。

その他、肥満は関節に負担をかけるため、散歩での運動量や、食事の量の管理などを行い、肥満にならないようにしましょう。

また、夜しか散歩に出ない、犬小屋が日当たりの悪いジメジメしたところにあるなど、日光浴不足になると、クル病(骨軟化症)になる可能性があります。

クル病では関節部が膨らんできたり、変形したりします。

日光に十分当たらせるようにしましょう。

Sponsored Link

土佐闘犬のかかりやすい病気は?

土佐闘犬には、遺伝性疾患は特にありませんが、土佐闘犬は皮膚が弱いため、皮膚病にかかりやすいといわれています。

また、大型犬で体重が重いため、肘関節の形成異常、股関節形成不全、関節炎などの関節の病気になりやすいです。

関節の病気にならないために1番大切なのは肥満を防止することです。

かかりやすい感染症として、ジステンパーがあります。

ジステンパーウイルス(CDV9)による感染症で、飛沫・接触で感染します。

ウイルスが全身に拡散すると、激しい咳、血便を伴う下痢を発症し、末期ではウイルスが神経系に達し、その致死率は90%と非常に高いです。

ジステンバーを予防するには、ワクチンの接種があります。

またメスが羅患する病気として、膣過形成があります。

この病気は、肥大した膣が体外に出る病気です。

原因はエストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが崩れ、膣の内壁が以上に分厚くなることです。

予防としては、生活環境を整えてホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

土佐闘犬のかかりやすい病気のサイン

土佐闘犬には、遺伝性疾患は特にありませんが、土佐闘犬は皮膚が弱いため、皮膚病にかかりやすいといわれています。

また、大型犬で体重が重いため、肘関節の形成異常、股関節形成不全、関節炎などの関節の病気になりやすいです。

関節の病気にならないために1番大切なのは肥満を防止することです。

かかりやすい感染症として、ジステンパーがあります。

ジステンパーウイルス(CDV9)による感染症で、飛沫・接触で感染します。

ウイルスが全身に拡散すると、激しい咳、血便を伴う下痢を発症し、末期ではウイルスが神経系に達し、その致死率は90%と非常に高いです。

ジステンバーを予防するには、ワクチンの接種があります。

またメスが羅患する病気として、膣過形成があります。

この病気は、肥大した膣が体外に出る病気です。

原因はエストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが崩れ、膣の内壁が以上に分厚くなることです。

予防としては、生活環境を整えてホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

病気の予防法と対処法

土佐闘犬には、遺伝性疾患は特にありませんが、土佐闘犬は皮膚が弱いため、皮膚病にかかりやすいといわれています。

濡れタオルでなどで体を拭いて、清潔な状態を保ってください。

エサも脂肪分が少ないエサを与えましょう。

また、大型犬で体重が重いため、肘関節の形成異常、股関節形成不全、関節炎などの関節の病気になりやすいです。

関節の病気にならないために1番大切なのは肥満を防止することです。

肥満を防止するためには、適度な食事の量と運動量を管理しなければなりません。

一般的に犬の1日に必要なカロリーは、「(体重×30+70)×係数」で算出できるとされています。

肥満の犬の係数は1.0で求められるそうです。

かかりやすい感染症として、ジステンパーがあります。

ジステンパーウイルス(CDV9)による感染症で、飛沫・接触で感染します。

ウイルスが全身に拡散すると、激しい咳、血便を伴う下痢を発症し、末期ではウイルスが神経系に達し、その致死率は90%と非常に高いです。

ジステンバーを予防するには、ワクチンの接種があります。

しかし、たとえワクチンを接種してたとしても、免疫力が低下した状態では感染することもあります。

またメスが羅缶する病気として、膣過形成があります。

この病気は、肥大した膣が体外に出る病気です。

原因はエストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが崩れ、膣の内壁が以上に分厚くなることです。

予防としては、生活環境を整えてホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

土佐闘犬の老化のスピード

土佐闘犬は、10歳から12歳が平均寿命だと言われているので、人間と比較すると7倍の老化速度となります。

人間の歳に換算すると、1年で7歳歳を取ることになります。

しかし、寿命は飼育環境によっても変化するので、平均寿命よりうんと長生きするわんちゃんはたくさんいます。

土佐闘犬の老化に伴う外見の変化

見た目に表れる主な老化のサインを紹介します。

高齢期の犬は、ちょっとした段差でものぼるのを躊躇したりします。

これの原因の1つに関節の痛みや筋肉の衰えなどがあります。

また、高齢県は歯周病になる確率が高く、口臭がきつくなったら老化による歯周病の可能性があります。

他に、目やにや耳垢が増えたりします。

老化に伴う外見の変化

土佐闘犬に似た犬種

ピットブルグレートデン、オールドイングリッシュマスティフ

老犬におすすめの食べ物は?

関節に良い栄養素として、関節を守り再生を促すコンドロイチン、関節の修復や再生をするグルコサミン、関節痛を和らげるオメガ3脂肪酸が多く含まれてる食事が、大型犬の関節の病気を予防する上で良いでしょう。

Sponsored Link

土佐闘犬に適した散歩の量は?

土佐闘犬は大型犬のため、散歩量はしっかり取る必要があります。

1日2回朝晩の散歩を1時間ずつ程度は必要でしょう。

散歩の際は、口輪、首輪、胴輪でしっかりと繋ぎ、他の犬や人が通らない早朝や深夜に大人2人で行うなど、細心の注意が必要です。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

大型犬が感じるストレスの1つに、運動不足があります。

土佐闘犬は大型犬のため、散歩量はしっかり取る必要があります。

1日2回朝晩の散歩を1時間ずつ程度は必要でしょう。

散歩の際は、口輪、首輪、胴輪でしっかりと繋ぎ、他の犬や人が通らない早朝や深夜に大人2人で行うなど、細心の注意が必要です。

また、飼い主の愛情不足や環境に適してないなどがあります。

愛犬にとって、飼い主とコミュニケーションをとることはストレスの発散なります。

きちんとしつけをして、攻撃すべき場面以外で攻撃しないように制御することで、土佐闘犬が飼い主に忠実になるようにすることが、飼い主とコミュニケーションを取りやすくする1番の近道ではないでしょうか。

それが犬にとってもストレスの解消に繋がるでしょう。

土佐闘犬の寿命に関するまとめ

土佐闘犬は、土佐犬(四国犬)を他の種を交配させて闘犬向けに改良された種が土佐闘犬です。

闘犬ですが、きちんとしつけをすれば人懐っこく忠実な一面も持ち合わせています。

平均寿命は10年から12年程度といわれており、大型犬としては平均的な寿命ではないでしょうか。

土佐闘犬には、遺伝性疾患は特にありませんが、土佐闘犬は皮膚が弱いため、皮膚病にかかりやすいといわれています。

また、大型犬で体重が重いため、関節の病気になりやすいです。

関節の病気にならないためには肥満を防止することです。

他に、かかりやすい感染症として、ジステンパーがあります。

飛沫・接触で感染します。

ジステンバーを予防するには、ワクチンの接種があります。

またメスが羅患する病気として、膣過形成があります。

この病気は、肥大した膣が体外に出る病気です。

原因はエストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが崩れ、膣の内壁が以上に分厚くなることです。

予防としては、生活環境を整えてホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

コメントを残す

*