mamesiba-i

豆柴

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【豆柴】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

豆柴の寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、豆柴のかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

豆柴の画像

豆柴の平均寿命は?

豆柴というのは、名前のとおり、日本犬の中で最も小さい柴犬よりも、さらに一回り小さい犬種です。

豆柴の平均寿命はどれくらいかというと、おおよそ10~12歳といわれています。

犬種の平均寿命は短めであることが多いため、豆柴の平均寿命は短く計算されています。

しかし今後、繁殖が安定してきますと豆柴の平均寿命も延びていくため、今後の平均寿命はさらに延びてくるかもしれません。

豆柴の寿命と長生きするコツ

豆柴の平均寿命は、おおよそ10~12歳といわれていますが長生きをさせるコツとして、第一にドッグフードの栄養バランスが摂れているかということが挙げられます。

おすすめはお肉が多く使用されているドライフードです。

ドライフードのメリットは、アゴを鍛える効果がある、歯石の除去効果があるなどがあります。

ドライフードを選ぶときのコツとして、防腐剤や合成着色料をなるべく使用していないものを選びましょう。

そして絶対に人が食べているものを与えないようにしましょう。

また、口腔のケアも長生きせるコツの一つです。

この口腔のケアをしなければ、虫歯や歯周病になってしまう可能性があります。

歯周病菌が豆柴の体内に侵入してしまうと、命にかかわる病気が発症することも考えられます。

食後にきれいな軍手やタオル等で豆柴の歯を軽く磨いたり、豆柴の口内にスプレーをするだけで口腔ケアができる商品もありますので口の中を触られるのが嫌いな豆柴には、スプレータイプの口腔ケアをおすすめします。

Sponsored Link

豆柴のかかりやすい病気は?

豆柴のかかりやすい病気は、【アトピー性皮膚炎】・【膝関節の脱臼】・【椎間板ヘルニア】・【緑内障】等があります。

【アトピー性皮膚炎】は、ハウスダストや花粉、ノミ・ダニ、食べ物などが原因でかかってしまう病気です。

かゆみがひどくなると引っかき傷ができたり、皮膚がただれたりします。

【膝関節の脱臼】は、豆柴などの小型犬によくみられる病気です。

原因は先天性と後天性があり、先天性の場合、膝関節まわりの形成異常が原因と言われています。

また、後天的な原因の場合は、打撲や高所からの落下によって骨が変形したことが考えられます。

【椎間板ヘルニア】は、脊髄の中の運動をコントロールする神経に、異常が起こることで発症する病気です。

初期症状としては、背中に痛みを感じるので触ると嫌がるようになります。

さらに歩き方がおかしくなったり、腰がふらつくなどの症状があります。

【緑内障】は、眼圧が高くなることで視覚障害を引き起こす病気です。

豆柴のかかりやすい病気のサイン

豆柴のかかりやすい病気は、【アトピー性皮膚炎】・【膝関節の脱臼】・【椎間板ヘルニア】・【緑内障】等があります。

【アトピー性皮膚炎】は、ハウスダストや花粉、ノミ・ダニ、食べ物などが原因でかかってしまう病気です。

かゆみがひどくなると引っかき傷ができたり、皮膚がただれたりします。

【膝関節の脱臼】は、豆柴などの小型犬によくみられる病気です。

原因は先天性と後天性があり、先天性の場合、膝関節まわりの形成異常が原因と言われています。

また、後天的な原因の場合は、打撲や高所からの落下によって骨が変形したことが考えられます。

【椎間板ヘルニア】は、脊髄の中の運動をコントロールする神経に、異常が起こることで発症する病気です。

初期症状としては、背中に痛みを感じるので触ると嫌がるようになります。

さらに歩き方がおかしくなったり、腰がふらつくなどの症状があります。

【緑内障】は、眼圧が高くなることで視覚障害を引き起こす病気です。

病気の予防法と対処法

豆柴の主な病気の特徴として【アトピー性皮膚炎】の予防対策としてハウスダストや花粉、ノミ・ダニ、食べ物などが原因でかかってしまう病気なのでこまめに掃除を行う、食べ物に気をつけるなどを出来るだけ毎日しましょう。

豆柴の行動も毎日チェックすることによって早期発見につなげることが大事です。

【膝関節の脱臼】の予防対策として迅速な治療で慢性化を防ぐことができます。

これらは症状が軽いうちに手術をする必要もでてきます。

幼少期のうちからソファーからの飛び降りなども注意しましょう。

また、散歩に出て足腰の筋肉を鍛えることも予防対策として有効です。

【椎間板ヘルニア】の予防対策として太り過ぎないように毎日の食事や運動で調整してあげましょう。

また、こちらも早めの治療で良くなる病気なので毎日の行動をチェックすることが大切です。

【緑内障】の予防対策として、緑内障の特徴の一つ、瞳孔が開いたままで充血し、眼球がいつもより大きいという症状があります。

緑内障は、早期発見で進行を抑えることができるので眼球のチェックを心がけましょう。

豆柴の老化のスピード

豆柴は、老化のスピードによってこれらの症状が考えられます。

段差を越えられない、段差につまずく、筋力が衰えてくると、散歩時に段差を越えられなくなり、よくつまずくようになります。

また、症状の原因として脳神経や平衡感覚の異常、関節痛で歩きにくくなっていることも考えられます。

呼んでも反応しなくなる、背後から名前を呼んでも振り返らないようになります。

周囲への関心が低くて反応しない可能性もあります。

呼びかけた際に耳が動かなければ、聴覚の衰えと考えられます。

豆柴の老化に伴う外見の変化

豆柴の老化に伴う外見の変化は、白髪が生える、鼻や口、目のまわりから白髪が生えはじめ、しだいに全身で目立つように。

毛色が薄くなることもあります。

どちらも老化で、毛の色をつくる細胞の働きが弱まるためです。

太りやすくなる、年をとると運動量が落ち、寝る時間も増えます。

筋肉量も減るので基礎代謝が低下、それでも若いころと同量の食事をとらせていると太りやすくなります。

鼻がカサカサに乾く、鼻の表面が乾燥しやすくなる。

以前はつややかな黒色だった鼻の色も全体的に薄くなることも角質の新陳代謝が悪くなることが影響しています。

老化に伴う外見の変化

豆柴に似た犬種

柴犬秋田犬

老犬におすすめの食べ物は?

豆柴は、運動量の多い犬種でもあるので、そのエネルギーを補うために、高たんぱく質で無添加のドッグフードをお勧めします。

また、犬の腸は短いため、穀物を消化するのには向いていません。

その為、穀物を使っていないドッグフードもお勧めします。

Sponsored Link

豆柴に適した散歩の量は?

豆柴は、小型犬の中でも運動量が多く、1日2回、各30分以上の散歩を行ってください。

散歩は途中でボールやフライングディスクで遊ぶ時間を設けるのがおすすめです。

散歩から帰っても落ち着きがなくうずうずしている場合は、運動が足りなかった合図といわれています。

豆柴の様子を見ながら、日によって散歩の距離やコースを変えるなりしてあげるとすごく喜んでくれますよ。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

豆柴にストレスをかけないように出来ることはブラッシングを丁寧に行い、綺麗な皮膚・被毛を保っている状態を保つことです。

シャンプーのあと、1~2週間に一度は耳の中を綿棒で検査を兼ねて掃除をしてあげてください。

豆柴がストレスを抱えない為にも飼い主と行動するときは嬉々として元気一杯でいられるような環境を作ってあげることがストレスをかけない為に大切なことです。

豆柴の寿命に関するまとめ

柴犬よりは大きさが一回り小さい豆柴ですが容姿面での大きな違いはありません。

性格は、甘えん坊なところがありますが何より愛嬌さと飼い主に従順で誠実かつ活発な性格を持った飼いやすい犬種といえます。

豆柴のかかりやすい病気として【アトピー性皮膚炎】・【膝関節の脱臼】・【椎間板ヘルニア】・【緑内障】等があります。

豆柴の体調の変化をチェックして早期発見を心がけてください。

定期検診の受診もお勧めします。

コメントを残す

*