tin-i

狆(ちん)

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【狆(ちん)】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

狆(ちん)の寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、狆(ちん)のかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

狆(ちん)の画像

狆(ちん)の平均寿命は?

狆の平均寿命は12~16年となっております。

犬の平均寿命が16年程ですのでそれなりに長生きする犬なのではないかと思います。

育てる方がどのような扱いをしているかにもよると思いますが、基本的には散歩、栄養、食事の量、性格などを知ったうえで育てていればそれなりに長生きしてくれる犬ではないかと思います。

狆(ちん)の寿命と長生きするコツ

狆は他の小型犬に比べると長い日本の歴史の中で独特の飼育がされてきたため、体臭が少ないです。

性格は穏和で物静かな犬です。

また狆を長生きさせる秘訣としては、狆は意外に開放的で、おとなしくても外向けの犬でもありますので、どの犬も同じだと思いますが、散歩は欠かせません。

それほど頻度は高くなくても、時々しっかり長い時間散歩させて、運動をすることがまず大事だと思います。

狆は10歳以上になっても茶目っ気があるタイプでもあり、知的なところがありますので、飼育の仕方を狆の精神的なストレスにならないようにしながら、温和で物静かな性格をずっと維持してあげることが長生きさせるためのコツになるのではないかと思います。

また、人間と同じように歳をとってくると中年期に太りやすくなってメタボになる可能性も高いといわれています。

そのメタボにかかってくると体に負担がかかりいろんな病気にかかることもあるので、そこを注意して育てていかないと長生きはしないと言われているようです。

少しでも平均体重を上回っただけでも1年以上は理想体重の犬よりも寿命が短くなってしまうといわれています。

Sponsored Link

狆(ちん)のかかりやすい病気は?

狆がかかりやすい病気としては水頭症・気管支疾患・眼疾患といわれています。

抱き犬として作られた狆は、室内での少ない運動量だけでも十分に生活できます。

しかし、狆がかかりやすい病気の一つとされている「気管支疾患」。

これは普段からこまめに飼い主が家の掃除をしておかないと気管支ですので少しの汚れなどでも気管支に影響を及ぼすといわれています。

普段、忙しく自分ではなかなかできないという方には民間業者に依頼するという事も可能だそうです。

狆(ちん)のかかりやすい病気のサイン

狆がかかりやすい病気としては水頭症・気管支疾患・眼疾患といわれています。

抱き犬として作られた狆は、室内での少ない運動量だけでも十分に生活できます。

しかし、狆がかかりやすい病気の一つとされている「気管支疾患」。

これは普段からこまめに飼い主が家の掃除をしておかないと気管支ですので少しの汚れなどでも気管支に影響を及ぼすといわれています。

普段、忙しく自分ではなかなかできないという方には民間業者に依頼するという事も可能だそうです。

病気の予防法と対処法

狆がかかりやすい病気として言われている「気管支疾患」、「眼疾患」、「水頭症」、「皮膚病」。

これらをなるべくかからないように予防していくためには対処法として①部屋の掃除を毎日でも行う。

②抜け毛が少ないとは言えどもお手入れはきちんとしておく。

③体臭も少ないという事なのですがシャンプーは月に1~2回はしておく。

④耳の中が汚れやすいのでこまめに掃除をしておく。

⑤あまり多くの運動量は必要ないと言われていますが適度なお散歩をして肥満防止をしておく。

⑥飼い主とのスキンシップを行い精神的なストレス解消を心掛ける。

⑦皮膚病にかからないために常に清潔を維持しておく。

しかし、シャンプーのしすぎには注意だそうです。

⑧獣医がオススメするドッグフードを餌とする。

獣医がオススメしたドッグフードを餌とすることで毛並みが綺麗になったり、健康を保つこともできるようです。

後は飼い主が性格・魅力をしっかり理解しておく。

スキンシップを怠らないこと。

それによって精神的ストレスからくる疾患を予防したり掃除をこまめにすることでかかりやすい病気を防ぐ対処法になると思います。

狆(ちん)の老化のスピード

病気をしなければ狆の平均寿命が14年となっていますので犬の平均寿命が16年と考えるとスピードとしてはゆっくりなのではないかと思います。

しかし、これも個体差があり、平均寿命が長いからといって老化のスピードが遅いとは一概には言えないと思います。

狆(ちん)の老化に伴う外見の変化

毛が抜けやすくなったり、体重が増えやすくなったりする。

目の色が変わっていたり、肌色が悪くなったりする。

抜け毛が多くなったりする。

老化に伴う外見の変化

狆(ちん)に似た犬種

ペキニーズラサアプソ

老犬におすすめの食べ物は?

老犬になった時によく起こるのが食欲の低下です。

老犬食事の基本は低カロリー、低脂肪ですが、食欲がない時にはカロリー不足になってしまいますので、少量でもカロリーの高い食べ物を選んであげると良いと思います。

その中でも肉や野菜をたくさん入れた雑炊がオススメだそうです。

少しだけ鶏のささみを混ぜたり、卵を混ぜるなどトッピングをして作り方の工夫をすると食欲が増すみたいです。

あとは、老犬用のドッグフード。

これは少し値段も高くなりますが、それだけ効率よく必要な栄養が取れるように作られているみたいなので好みに合わせて食べさせてみたら良いと思います。

老犬は一度に全部を食べることが難しくなってくるので、少しずつ食べさせるように回数を増やしたら良いと思います。

食べ物を温めることで風味がアップしたり、匂いがたつので食欲をそそるそうです。

また、ドッグフードをふやかす時にもお湯を使うといいみたいです。

いろいろな食べ物を工夫してあげても食欲が低下していく場合は、特定の病気にかかっているというサインかもしれません。

Sponsored Link

狆(ちん)に適した散歩の量は?

狆は散歩の量としては、他の犬よりも少なめで良いそうです。

部屋の中で育てる小型犬ですので、散歩の量としては運動量もそれほど多くなく、家の中を走り回っているだけでも良い運動にはなるそうです。

ただ、スキンシップをきちんと行わないと精神的ストレスとなってしまいますので毎日ではなくても外に出て疲れない程度に散歩をさせるという事が必要だそうです。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

狆は賢く、開放的な性格をしています。

一般的には家庭犬であるといわれているみたいです。

協調性があり、家族を癒す感情豊かで優しい心の持ち主だそうです。

飼い主の後ろをつけて歩き、喜んでもらえるような努力をする微笑ましい一面も持ち合わせているみたいです。

精神的ストレスをかけないためにはスキンシップをしっかりと行い、部屋の掃除をきちんとして清潔でいることを飼い主はしっかりとしていないと病気にもかかりやすくなり、寿命を短くしてしまう原因にもなるそうです。

また、狆は他の犬と比較してみると運動量はそれほど多くない犬みたいなので部屋の中に長く居させておいても良いのかもしれないですが、人間と同じように引きこもりがちになってしまうと精神的なストレスを与える原因となるので適度に外に出て散歩をさせて、なるべく身体的ストレスを与えないように長距離の散歩は避けた方が良いと思います。

狆(ちん)の寿命に関するまとめ

狆は性格が穏やかで静かな性格であるという事と犬の平均寿命が16歳で狆は14歳となっていますので、飼い主が育て方を怠らなければ健康を維持できて長く生きられるのではないかといわれています。

どの犬も言えますが定期的に獣医に診断をしてもらい何か病気がないかを気にしておく必要があると思います。

長生きさせるためにはスキンシップと運動と与える餌にかかってきますので獣医からアドバイスをもらい育て方を工夫していくことが寿命をのばすために重要になるのだと思います。

また、人間と同じように老化してくると病気にかかりやすかったりしてきますので与える餌をそのまま与えるのではなく、トッピングなどをして栄養を考えること。

食べさせ方も少しずつ与えることが必要となるそうです。

コメントを残す

*