アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャーの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アーフェンピンシャー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アーフェンピンシャーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アーフェンピンシャーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アーフェンピンシャーの画像

アーフェンピンシャーの平均寿命は?

アーフェンピンシャーの平均寿命は12歳から14歳になります。

アーフェンピンシャーは日本ではあまり目にすることはない犬種ですが、小型犬の中では体は丈夫な犬種だとされています。

遺伝性の疾患も少ないため、他の犬種よりも健康的に長生きできる傾向にあります。

アーフェンピンシャーの寿命と長生きするコツ

アーフェンピンシャーは小型犬として平均的な寿命ですが、飼い主が体調や健康に気を遣うことで更に寿命を伸ばしてあげることができます。

アーフェンピンシャーの寿命を伸ばすために大切なことは「毎日の観察」「アーフェンピンシャーをコントロールできること」「十分な運動をしてあげること」が挙げられます。

活発で好奇心旺盛な犬種のためとても遊び好きで、散歩後や運動後に興奮しすぎて怪我をする恐れがあります。

毎日の体の観察をしてあげることで、怪我からくる病気を早期発見できるでしょう。

また一緒に沢山遊んであげることで、飼い主さんとの信頼関係を築くことも大切です。

信頼できる飼い主さんがいることで安心して生活することができますし、興奮をコントロールすることもできるようになり怪我を避けることができます。

小型犬は何かに衝突した時などの衝撃で、体に重大な怪我を負ってしまうことがあります。

しっかりと興奮をコントロールできるようにしておきましょう。

アーフェンピンシャーは他の小型犬よりも比較的体力があり、運動量が必要なため運動不足はストレスの原因になります。

毎日、充分な運動をきちんと行うことが、心身の健康には必要不可欠になります。

Sponsored Link

アーフェンピンシャーのかかりやすい病気は?

アーフェンピンシャーに多い病気として「レッグカルベペルテス病」や「膝蓋骨脱臼」があります。

どちらも若いうちに発症するとされています。

「レッグカルベペルテス病」は、「大腿骨壊死」とも言われていて、大腿骨頭という部分の組織が壊れてしまう病気です。

「膝蓋骨脱臼」は、膝の皿が脱臼してしまう病気です。

他には、成長と共に閉じるはずの「泉門」という頭蓋骨の凹んでいる部分が、成長しても開いた状態のままという「泉門開存」という病気や、小型犬に多い「心不全」もあります。

アーフェンピンシャーの病気のサイン

アーフェンピンシャーがかかりやすい病気のサインを知って、体調管理をしてあげましょう。

まず「レッグカルベペルテス病」と「膝蓋骨脱臼」のサインとして挙げられるのは、歩き方がおかしい(片足をひきづる・スキップのような歩き方など)・足を触ると嫌がる・足を触らせないようになる・食欲がなくなる、などがあります。

「泉門開存」は、子犬の頭のてっぺんの柔らかかったりヘコんだりしている部分が、生後4ヶ月以降もそのままだと注意が必要のようです。

「心不全」についてのサインとなるのは、食が細くなる・元気がなくなる・疲れやすくなる、というものがあります。

また進行して重篤化すると、カラ咳がでるようになる・意識がなくなる・お腹が膨らむ・チアノーゼがでる、という症状となって現れます。

病気の予防法と対処法

アーフェンピンシャーの散歩に必要な量は、1日2回の30分から1時間が理想になります。

アーフェンピンシャーは小型犬ながら活発な犬種のため、運動量が不足するとストレスを抱えることになります。

毎日の散歩は、なるべく欠かさずに行うようにしましょう。

またアーフェンピンシャーは遊び心があり好奇心旺盛な性格をしているため、散歩のコースも色々変えてあげることで気分転換にもなりますよ。

色んな場所に飼い主さんと出かけることで、愛情深いアーフェンピンシャーは飼い主さんへの信頼を深めていくでしょう。

アーフェンピンシャーの老化のスピード

アーフェンピンシャーは小型犬としては、平均的な寿命の犬種になります。

他の犬種と同様、老化のスピードは人間の約4倍になります。

少しでも長生きできるように、健康に気をつけた生活をしましょう。

アーフェンピンシャーの老化に伴う外見の変化

アーフェンピンシャーは、老犬になるに連れて、皮膚や被毛の張りがなくなる・股関節の痛みが出るため歩くスピードが遅くなる・目が白っぽくなる、などの変化が現れてきます。

老化のサインを感じ取ったら、今まで以上にアーフェンピンシャーとの時間を大切にしましょう。

老化に伴う外見の変化

アーフェンピンシャーに似た犬種

ブリュッセルグリフォン

老犬におすすめの食べ物は?

アーフェンピンシャーは関節系の病気に注意が必要なため、骨を強くする作用のある「魚」や「肉」、「チーズ」などがオススメです。

老犬になっても丈夫な骨を保てるようにしましょう。

また小型犬に入るアーフェンピンシャーは、心臓の負担も食事で解消させてあげましょう。

「納豆」や「鶏肉」がオススメです。

塩分の控えた食事を与えるようにしましょう。

Sponsored Link

アーフェンピンシャーに適した散歩の量は?

アーフェンピンシャーの散歩に必要な量は、1日2回の30分から1時間が理想になります。

アーフェンピンシャーは小型犬ながら活発な犬種のため、運動量が不足するとストレスを抱えることになります。

毎日の散歩は、なるべく欠かさずに行うようにしましょう。

またアーフェンピンシャーは遊び心があり好奇心旺盛な性格をしているため、散歩のコースも色々変えてあげることで気分転換にもなりますよ。

色んな場所に飼い主さんと出かけることで、愛情深いアーフェンピンシャーは飼い主さんへの信頼を深めていくでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アーフェンピンシャーは小型犬ながら、活発で運動量も必要な犬種です。

毎日の散歩は欠かさず行うことと同時に、遊びも一緒になって楽しんであげることでストレスを減らすことができるでしょう。

また寂しがり屋の一面があるため、飼い主さんとのコミュニケーションも大切なストレス解消方法です。

遊びの中でスキンシップを図るなどして、積極的にコミュニケーションをとることで満足度もあがります。

また活発な犬種ため、足の怪我などにも注意が必要です。

小型犬のため、小さな衝撃が大怪我にも繋がってしまいます。

家のフローリングなど滑る場所は、マットを敷くなどして足へのストレスを和らげてあげましょう。

またアーフェンピンシャーは「猿顔のテリア」とも呼ばれて、猿のような長い髭や眉毛が特徴的です。

その被毛は、3cmほどの長さの剛毛に覆われています。

換毛期にはできる限り毎日ブラッシングをして、清潔な皮膚を保ち、皮膚病や皮膚の痒みを避けてあげましょう。

アーフェンピンシャーの寿命に関するまとめ

「猿顔のテリア」とも呼ばれるユニークな容姿をしたアーフェンピンシャーは、小型犬ながら活発で好奇心旺盛な元気な犬種です。

比較的、体も丈夫だといわれているアーフェンピンシャーですが、気をつけた方がよい病気もあります。

日本ではあまり見ることがない犬種ですが、病気についてしっかりと学んで、小さな変化も見逃さないようにしましょう。

病気の予防や正しい対処の知識を知ることで、アーフェンピンシャーがいつまでも楽しい毎日を過ごせるようになるといいですね。

コメントを残す

*