アイリッシュウォータースパニエル

アイリッシュウォータースパニエルの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アイリッシュウォータースパニエル】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アイリッシュウォータースパニエルの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アイリッシュウォータースパニエルのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アイリッシュウォータースパニエルの画像

アイリッシュウォータースパニエルの平均寿命は?

アイリッシュウォータースパニエルの平均寿命は10歳から12歳と言われています。

アイリッシュウォータースパニエルは中型犬に分類される犬種で、中型犬の中では長寿の傾向にあります。

健康に気を使った生活を送ることで、更に長生きできる可能性もあります。

アイリッシュウォータースパニエルの寿命と長生きするコツ

アイリッシュウォータースパニエルは中型犬に分類されますが、体格的に大型犬ともいえる大きさをしています。

大型犬と中型犬の間ともいえる犬種ですが、体格に比べて比較的、長生きできる犬種でもあります。

そんなアイリッシュウォータースパニエルが更に長生きできるコツは、「適切な運動で体力を発散させる」や「食事管理」です。

アイリッシュウォータースパニエルはスタミナが多い犬種でもあるため、運動不足はストレスを溜め込んでしまいます。

そのため運動量を散歩以外にも確保する必要があるのですが、過度な運動は逆に股関節を痛める原因にもなります。

飛び跳ねたり体に負担のかかる運動は控えるようにしましょう。

飼い主が適切な運動時間を管理することが大切です。

またアイリッシュウォータースパニエルには、「食事管理」も重要です。

特に成長期に栄養バランスの偏った食事を与えることで、その後の犬生の健康に関わることがあります。

栄養バランスの整えた食事を与えることで、体重の管理ができ健康体な体を保つことができます。

Sponsored Link

アイリッシュウォータースパニエルのかかりやすい病気は?

アイリッシュウォータースパニエルが、かかりやすい病気を学び、日頃の生活から気を配るようにしましょう。

まずアイリッシュウォータースパニエルがかかりやすい病気として、「股関節形成不全」が挙げられます。

この病気は、4ヶ月から12ヶ月の子犬の間に発症することが多く、発育の途中で股関節の形に異常がみられる病気です。

そして「眼瞼内反症」は、下瞼が眼球側に入り込む病気になります。

「眼瞼内反症」と共に、「結膜炎」や「角膜炎」を併発させる可能性が高いとされています。

その他には、喉にある甲状腺が機能の低下により、甲状腺ホルモンが弱くなる病気の「甲状腺機能低下症」や、耳の外耳道という部分に炎症ができる「外耳炎」にも注意が必要です。

アイリッシュウォータースパニエルの病気のサイン

アイリッシュウォータースパニエルがかかりやすい病気は、どれも早期発見が大切なものばかりです。

アイリッシュウォータースパニエルが病気にかかっていたら、すぐに気づいてあげられるように、かかりやすい病気のサインをご紹介します。

まずは「股関節形成不全」は、足の様子がおかしい・動作に時間がかかる・散歩や運動を拒否する、などが挙げられます。

足の変化については、歩くときにつっぱるように歩く・左右に腰を動かしながら歩く・座ったときに横座りをする、などが挙げられます。

「眼瞼内反症」のサインとしては、目に痒みや痛みを与えている場合があります。

目を痒がる仕草・目が白く濁る・目に色素沈着がおきる・涙や目ヤニ、などが見られた病院で一度検査をしてもらってください。

「甲状腺機能低下症」の病気は、皮膚にサインがでることが特徴的です。

皮膚に痒みや痛みが伴うため、体を痒がる仕草が頻繁に見られるでしょう。

また、抜け毛・毛が薄くなる・皮膚の乾燥・フケの発生、などが挙げられます。

「外耳炎」の病気のサインは、黒い耳垢がでる・耳が赤く炎症する・耳を痒がる仕草をする・耳の臭いがキツくなる、というものがあります。

病気の予防法と対処法

アイリッシュウォータースパニエルは、遊び好きで体力もあるので運動量が多く必要な犬種です。

そのため散歩の時間は1日に2回の1時間以上が、理想的の散歩量となるでしょう。

しかし遊び好きで好奇心も旺盛なアイリッシュウォータースパニエルは、散歩の他にも自由に体を動かせる運動も大切になっています。

散歩以外にも1時間ほど時間を作ってあげて、自由に走ったり泳いだりといった運動をさせてあげるようにしましょう。

アイリッシュウォータースパニエルの老化のスピード

アイリッシュウォータースパニエルは、10歳から12歳という寿命で、体格からいうと長生きをする犬種になります。

人間の約4倍のスピードで老化をしていきますので、7歳頃からは「シニア」と呼ばれる時期になるので、ますます観察を怠らないようにしましょう。

アイリッシュウォータースパニエルの老化に伴う外見の変化

アイリッシュウォータースパニエルは、老犬になるに従って、毛の伸びる速さが遅くなる・毛の艶がゴワゴワしてくる・痩せてくる、などが挙げられます。

見た目の変化が少しずつ訪れたら、体調などにも変化が及ぼしている可能性があります。

しっかりと毎日観察をしてあげましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

アイリッシュウォータースパニエルには、肥満は病状を悪化させる大敵になります。

そのため体重管理を行うことは大切で、食事にも気を使わなくてはいけません。

体重管理に役立つ食材として、「寒天」や「キャベツ」といった食べ物がおすすめです。

食事のかさ増しを行ってくれ、栄養もあるので健康にも導いてくれます。

Sponsored Link

アイリッシュウォータースパニエルに適した散歩の量は?

アイリッシュウォータースパニエルは、遊び好きで体力もあるので運動量が多く必要な犬種です。

そのため散歩の時間は1日に2回の1時間以上が、理想的の散歩量となるでしょう。

しかし遊び好きで好奇心も旺盛なアイリッシュウォータースパニエルは、散歩の他にも自由に体を動かせる運動も大切になっています。

散歩以外にも1時間ほど時間を作ってあげて、自由に走ったり泳いだりといった運動をさせてあげるようにしましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アイリッシュウォータースパニエルは賢くて従順な性格なため、飼い主さんへの忠誠心が強い犬種です。

ですが、好奇心が旺盛なので色んな物に興味が向いて、しつけには時間がかかる犬種でもあります。

あまり焦らずに、アイリッシュウォータースパニエルのペースに合わせてあげることで、お互いにストレスのないしつけができるでしょう。

またアイリッシュウォータースパニエルの好奇心を満たしてあげるために、一緒に遊んであげる時間や散歩の時間を大切にしてあげましょう。

また現在でも狩猟犬として活躍する程の体力がある犬種ですので、運動は欠かさず行うことが心身のストレスを解消してくれます。

またアイリッシュウォータースパニエルは大きな体をしているため、関節系の病気には要注意です。

関節にストレスをかけるような、ジャンプや滑るフローリングは避けるようにしてあげましょう。

ジャンプする行動などを抑えるしつけや、フローリングには滑らないカーペットを敷くなどの対策をしてあげてください。

心も体もできる限りストレスを軽減させてあげて、アイリッシュウォータースパニエルが生き生きとした生活ができるといいですね。

アイリッシュウォータースパニエルの寿命に関するまとめ

現在では目にすることが珍しいアイリッシュウォータースパニエルですが、水中回収犬として優秀だと有名な犬種です。

現在でも狩猟犬として活躍していて、運動神経がよく体が頑丈です。

しかしそんな元気なアイリッシュウォータースパニエルにも、注意が必要な病気や、老化に伴って体調の変化が訪れます。

アイリッシュウォータースパニエルが病気になってしまった時に備えて、多くの病気の知識を学ぶことで、一日でも多くの時間を共有できるようになるでしょう。

コメントを残す

*