airissyuuruhuhaundo-i

アイリッシュウルフハウンドの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アイリッシュウルフハウンド】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アイリッシュウルフハウンドの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アイリッシュウルフハウンドのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アイリッシュウルフハウンドの画像

アイリッシュウルフハウンドの平均寿命は?

アイリッシュウルフハウンドの平均寿命は6歳から10歳とされていて、40キロを超える超大型犬としては平均的な寿命になります。

超大型犬は他の小型犬などに比べて、寿命が短い傾向にあります。

現在は犬の健康への関心も高まっているため、平均寿命よりも長生きしてくれる場合もあります。

アイリッシュウルフハウンドの寿命と長生きするコツ

アイリッシュウルフハウンドは、小型犬や中型犬に比べて寿命が短いと言われています。

そんなアイリッシュウルフハウンドの寿命を伸ばすためには、「食事量と運動量の調節」と「生活環境の整備」が挙げられます。

アイリッシュウォーターハウンドは優秀な猟犬種のため、運動量は多く必要になります。

毎日の運動を欠かさずに行うことで、体の健康を維持できるでしょう。

しかし大型犬は過度な運動が体への負担へもなるため、それぞれの個体に合った運動量を把握しておくことが大切です。

また食事の管理については、肥満や栄養バランスの悪さで、老犬になった時に体を壊す可能性が高くなってしまいます。

幼児期から成長期、老後と食事の管理も徹底するようにしましょう。

また超大型犬の部類に入るアイリッシュウルフハウンドは、他の犬種よりも生活環境を整えてあげなくてはいけません。

できれば家に庭があり、自由に動き回れる環境が良いでしょう。

また40キロある体は、硬い床に寝てしまうと床ずれを発症するケースがあります。

アイリッシュウルフハウンドがゆっくりできるスペースに、柔らかい寝床を用意してあげられる環境も必要です。

Sponsored Link

アイリッシュウルフハウンドのかかりやすい病気は?

アイリッシュウルフハウンドは他の犬種に比べて短命な犬種ですが、病気に気をつけることで寿命を伸ばすこともできます。

どんな病気がかかりやすいのかを知っておきましょう。

まずは「胃捻転」という大型犬に発症しやすい病気があります。

胃が捻れてしまい血の流れを止めてしまう病気で、進行すると胃や周辺の臓器の懐死が起きます。

症状を確認してから短時間で、死に至る可能性もあります。

次に「肥大型心筋症」という、左・右の心房の壁が厚くなる病気があります。

心臓自体の中が狭くなってしまうため、体に送る血が不十分になります。

その他にも、股関節が成長期に正常に発達しない「股関節形成不全」という病気も挙げられます。

また、アイリッシュウルフハンドは、被毛の中に暑さを閉じ込めてしまうため「熱中症」にも注意が必要です。

アイリッシュウルフハウンドの病気のサイン

アイリッシュウルフハンドの健康を守るためには、病気の早期発見が大切になってきます。

かかりやすい病気のサインを知って、しっかりと日頃から観察をしましょう。

「胃捻転」は、呼吸が乱れる・落ち着きがなくなる。

腹部が腫れる・腹部を気にする仕草をする・大量の水を飲む・よだれが多くなる・吐き気がある仕草をする、などがあげられます。

「肥大型心筋症」は、サインが現れることがなく、突然死することが多いとされています。

定期的に検査をしてもらうことが大切です。

「股関節形成不全」は、歩き方が突っ張ったようだったり、左右に揺れていたりする場合があります。

また、横座りを良くする・運動をしたがらない・立ったり座ったりがゆっくり、という場合にも注意が必要です。

「熱中症」は、パンディングが収まらない・ぐったりしている・ヨダレが以上に出る、などが挙げられます。

重症化すると下痢や嘔吐・震えや発作・意識がなくなる、と悪化するので、早期の対応を心がけてください。

病気の予防法と対処法

アイリッシュウルフハウンドは、大型の猛獣を狩りしていた歴史もある犬種で、しっかりとした運動がないとストレスを溜めてしまいます。

散歩の時間は1日に2回、1時間ほどの散歩が必要になります。

しかし大型犬のため、過度な運動は足や腰への負担になります。

それぞれに無理のない散歩の時間設定をしたり、年齢に合わせて散歩の時間を減らすなどの配慮が必要になります。

アイリッシュウルフハウンドの老化のスピード

アイリッシュウルフハウンドは、他の犬種よりも一緒にいられる時間が少ない犬種です。

他の犬種では7歳頃から「シニア」と呼ばれますが、アイリッシュウルフハウンドの場合はもっと早くから体を勞ってあげるようにしましょう。

アイリッシュウルフハウンドの老化に伴う外見の変化

アイリッシュウルフハウンドの老化に伴う外見の変化は、口の筋肉がたるむ・毛艶が悪くなる・口臭が気になる・毛が抜け落ちる、などのサインが現れます。

老犬になるに従って、アイリッシュウルフハウンドがゆっくりとした老後を過ごせるように、生活リズムも少しずつスローライフへと変化してみてはどうでしょうか。

老化に伴う外見の変化

アイリッシュウルフハウンドに似た犬種

スコティッシュハウンド

老犬におすすめの食べ物は?

アイリッシュウルフハウンドは、大型犬のため老化に伴い関節系を痛めたり、骨が脆くなる可能性があります。

コンドロイチンやグルコサミン、骨を丈夫にするカルシウムが入っている食材を若い頃から与えるようにしましょう。

コンドロイチンもグルコサミンもカルシウムも入っている食材である、「魚」がオススメです。

Sponsored Link

アイリッシュウルフハウンドに適した散歩の量は?

アイリッシュウルフハウンドは、大型の猛獣を狩りしていた歴史もある犬種で、しっかりとした運動がないとストレスを溜めてしまいます。

散歩の時間は1日に2回、1時間ほどの散歩が必要になります。

しかし大型犬のため、過度な運動は足や腰への負担になります。

それぞれに無理のない散歩の時間設定をしたり、年齢に合わせて散歩の時間を減らすなどの配慮が必要になります。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アイリッシュウルフハウンドは大きくて威圧的な外見とは真逆で、とてもおっとりとして優しい性格の犬種になります。

そのため傷つきやすく、叱られるとショックで体調を壊すこともあるようです。

繊細な部分のある犬種だということをしっかりと理解して、しつけはストレスを過度に与えないような方法で行いましょう。

体の大きな犬種なのでしつけはしっかりとしなくてはいけませんが、気長に見守ってあげることも大切です。

そして超大型犬のアイリッシュウルフハウンドを家に迎え入れたということは、飼育環境には充分にこだわってあげましょう。

しっかりと運動ができる広い敷地や、アイリッシュウルフハンドが横になってゆっくりできるスペースの確保などが必要になります。

また暑さにも弱いため、夏場は室内の温度調節をコントロールできるようにしておきましょう。

アイリッシュウルフハウンドの寿命に関するまとめ

他の犬種よりも平均寿命が短めのアイリッシュウルフハウンドですが、かかりやすい病気を知り予防や対策をして、病気のサインに気づき早期発見をすることで、寿命を伸ばすことができます。

少しでも気になる症状があれば、病院で診察してもらいましょう。

また心臓の病気などは定期的な検査が早期発見へと繋がるので、定期検査などのサポートも受けると安心です。

優しくて穏やかなアイリッシュウルフハウンドとの生活が、少しでも長く続くように日々の観察を大切にしていきましょう。

コメントを残す

*