アイリッシュセッター

アイリッシュセッターの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アイリッシュセッター】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アイリッシュセッターの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アイリッシュセッターのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アイリッシュセッターの画像

アイリッシュセッターの平均寿命は?

アイリッシュセッターの平均寿命は12歳から13歳で、数いるセッターの中でも比較的長生きの部類に入ります。

大型犬ということで小型犬よりは平均寿命は短めですが、日頃からの体のケアや食事の管理、運動不足解消などで平均寿命よりも長生きをしてくれるかもしれません。

アイリッシュセッターの寿命と長生きするコツ

アイリッシュセッターは大型犬としては、長寿の部類に入る犬種になります。

そんなアイリッシュセッターの寿命をもっと伸ばすためには、「適切な運動と食事の管理」「毛のケア」が大切になってきます。

運動はアイリッシュセッターにとってストレス発散の大事な日課ですが、運動のし過ぎや仕方によっては体に負担をかけ、病気を発症させる原因になります。

個々の適量な運動量を把握して、運動量の管理をしてあげるようにしましょう。

アイリッシュセッターは元々体の大きな犬種ですが、肥満を引き起こすことで寿命を縮める恐れがあります。

肥満によって関節や内蔵に負担がかかり、病気になることがあるからです。

栄養バランスを考えて、適切な量を与えるようにしましょう。

毛のケアについては、アイリッシュセッターの被毛は長くて美しい毛並みをしていますが、換毛期にはそれなりの抜け毛があります。

毎日ブラッシングをしてあげるなどのケアによって、体を清潔に保つことができ、健康にも繋がっていくでしょう

Sponsored Link

アイリッシュセッターのかかりやすい病気は?

アイリッシュセッターは比較的、体が頑丈な大型犬と言われていますが、注意が必要な病気もいくつか存在します。

まずは「胃捻転」という、胃が何らかの原因によって捻じれ、胃やその周辺の臓器に血が巡らないようになる病気が挙げられます。

放っておくと胃や臓器が懐死する可能性があるので、迅速な対応が必要になります。

次は「進行性網膜萎縮症」という、遺伝性の目の病です。

光を受け取る網膜が萎縮し、目が見えにくくなったり失明したりする病気になります。

そして「皮膚炎」にも注意が必要だとされています。

植物や食品にアレルギー反応から皮膚が炎症を起したり、皮膚が不潔なままでいることで汚れから炎症を起こしたりする病気です。

その他には、垂れ耳の犬種に多い、耳の外耳道の炎症である「外耳炎」や、大型犬など活発な犬に多い、股関節が成長期に上手く発達せずに異常をきたす「股関節形成不全」も挙げられます。

アイリッシュセッターの病気のサイン

アイリッシュセッターがかかりやすい病気には、いくつかのサインがあります。

そのサインを知ることで病気を最小限に食い止めてあげましょう。

「胃捻転」のサインは、呼吸の乱れ・腹部の腫れ・腹部を痛がる仕草・よだれ・吐き気があります。

食後などにどこか落ち着きのない仕草をしていた場合は、すぐに病院へと連れて行ってください。

「進行性網膜萎縮症」のサインとしては、暗い道で物にぶつかる・暗い場所を怖がる・止まっている物が見えていない様子、などが見られます。

「皮膚炎」のサインとしては、目・口・耳・わきの下・お腹・足先を仕切りに痒がる仕草をみせます。

その部分が赤く炎症していたら、一度病院で検査をしてもらいましょう。

また「外耳炎」のサインでも、赤い炎症・耳を痒がる仕草、が挙げられます。

外耳炎はそれに加え、耳垢・耳の臭いも現れます。

「股関節形成不全」は、歩行時に腰をふるように歩く・スキップのような歩き方になる・座る際に不自然な足を横に投げだす、などが挙げられます。

病気の予防法と対処法

アイリッシュセッターは猟犬種として優秀な犬種であるため、運動量も比較的多い犬種になります。

散歩の量は毎日2回、朝と夕方の散歩をしてください。

1回の散歩は少なくとも30~60分程度の散歩が必要になってきます。

過度な運動は病気を発生させるリスクが高まるので避けたい所ですが、毎日の散歩や自由に遊べる時間は大切です。

アイリッシュセッターは好奇心が旺盛で体力のある犬種のため、しっかりと運動によってストレスを発散させておきましょう。

ジョギングやボール遊び、水遊びなど、遊びのバリエーションを豊かにすると大変喜んでくれます。

アイリッシュセッターの老化のスピード

アイリッシュセッターの老化のスピードは、人間の約4倍になります。

大型犬になるため寿命は少し短めですが、丈夫な体付きのため健康に気を使うことで、平均寿命よりも長生きすることができるでしょう。

アイリッシュセッターの老化に伴う外見の変化

アイリッシュセッターの老化に伴う外見の変化は、口に緩みができる・毛がパサつく・抜け毛が気になる・筋肉が衰え痩せて見える・すぐに疲れが見られるようになる、などが挙げられます。

活発だったアイリッシュセッターが少しずつ衰えていく姿は、少し切ない気持ちになりますが、子犬の頃に戻ったような愛くるしさも感じられます。

より一層、毎日のスキンシップを大切にしましょう。

老化に伴う外見の変化

アイリッシュセッターに似た犬種

ゴードンセッターイングリッシュセッターアイリッシュレッドアンドホワイトセッター

老犬におすすめの食べ物は?

アイリッシュセッターは「皮膚病」や「外耳炎」など、皮膚に関わる病気に注意が必要です。

食事では消化のよい食材を選んであげることが、好ましいでしょう。

また「オメガ3必須脂肪酸」という成分が、皮膚の炎症を抑えてくれることが分かっています。

「魚」「馬肉」「鹿肉」に多く含まれているようなので、積極的に与えてみてください。

Sponsored Link

アイリッシュセッターに適した散歩の量は?

アイリッシュセッターは猟犬種として優秀な犬種であるため、運動量も比較的多い犬種になります。

散歩の量は毎日2回、朝と夕方の散歩をしてください。

1回の散歩は少なくとも30~60分程度の散歩が必要になってきます。

過度な運動は病気を発生させるリスクが高まるので避けたい所ですが、毎日の散歩や自由に遊べる時間は大切です。

アイリッシュセッターは好奇心が旺盛で体力のある犬種のため、しっかりと運動によってストレスを発散させておきましょう。

ジョギングやボール遊び、水遊びなど、遊びのバリエーションを豊かにすると大変喜んでくれます。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アイリッシュセッターは陽気で明るい性格のため、ストレスとは無縁に思われます。

しかし大型犬ならではのストレスもあるため、しっかりとケアしてあげることが大切です。

まずは大きな体を自由に動かせるスペースがあると、ストレスを溜め込まずにすみます。

特にアイリッシュセッターは活発な性格のため、狭い場所でじっとしておくことは大きなストレスになるでしょう。

広い場所でおもいっきり遊ばせてあげましょう。

また、遊びの時は飼い主も一緒に遊んであげることで、従順で愛情深いアイリッシュセッターは心の充足を得られます。

遊びを通してしっかりと信頼関係を結ぶことで、アイリッシュセッターは毎日を安心して暮らすことができます。

そしてアイリッシュセッターは大きな体に、艶のあるサラサラな被毛が特徴ですが、お手入れを怠ると痒みなどが発生します。

痒みというのは、犬とってもとてもストレスになります。

しっかりとブラッシングやシャンプーをして、綺麗な毛と肌を保つようにしましょう。

アイリッシュセッターの寿命に関するまとめ

外見は優雅で高貴な雰囲気が漂うアイリッシュセッターですが、性格は活発で陽気で少し子供っぽい性格です。

そのため毎日の体のケアや行動の観察が大変な面もありますが、アイリッシュセッターがかかりやすい病気には早期発見が大切になります。

注意が必要な病気の知識を身に付けると共に、アイリッシュセッターとの日々のコミュニケーションを大切にして、病気の早期発見と早期対応を心がけましょう。

そしてアイリッシュセッターが健康的で、いつまでも笑顔で過ごせたらいいですね。

コメントを残す

*