airissyureddoandohowaitosetta--i

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【アイリッシュレッドアンドホワイトセッター】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、アイリッシュレッドアンドホワイトセッターのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの画像

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの平均寿命は?

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの平均寿命は10歳から13歳位だといわれています。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターは大型犬です。

大型犬の平均寿命は10年から13年と言われていますので、アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの寿命はほぼ平均的です。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの寿命と長生きするコツ

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの平均寿命は10歳から13歳位だといわれています。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターはもともと鳥猟犬として活躍していた犬種なので、とても活発で大型犬なので運動量も多いです。

毎日最低でも60分を2回程散歩に連れていってあげましょう。

散歩を怠るとストレスが溜まり、問題行動も起きやすくなります。

散歩の他に、遊びを取り入れた運動や、自由に動き回れる場所があると満足するでしょう。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの被毛は身体の方はやや短めですが、しっぽは長いため、週に一度はブラッシングをしてあげましょう。

大型犬は平均10歳から13歳位まで生きると言われていますが、近年ではフードの種類も栄養も豊富なので長生きをする犬が多いです。

栄養バランスや、アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの特徴、性格、なりやすい病気などを知っておくと長寿にも繋がっていくでしょう。

Sponsored Link

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターのかかりやすい病気は?

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターのかかりやすい病気についてご紹介致します。

まずは、「胃捻転」です。

この病気は、胃が大量のガスによって拡張し、胃が捻れることによって発症します。

特に大型犬に多い病気と言われています。

原因として、早食いや食後すぐに運動をしたり、一気に大量に食べ物を食べることで発症します。

重症になると死に至るので早期発見が大変重症になってきます。

次は、「股関節形成不全」です。

この病気は、太ももの骨と股関節に異常をきたす事で発病します。

次は、「進行性網膜萎縮症」です。

進行性網膜萎縮症は、網膜にある光を受容する部分が何らかの原因で障害が起こり、徐々に見えなくなっていく病気です。

この病気には「早発型」(一歳頃から始まる)と「遅発型」(五歳頃から始まる)の2種類のタイプがあります。

遺伝による発症が多いとされています。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの病気のサイン

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターのかかりやすい病気のサインについてご紹介致します。

まずは、「皮膚炎」です。

症状として、皮膚のかゆみや乾燥などがあるので痒みを伴います。

目の周りが炎症した場合は結膜炎を起こすこともあります。

同じ所を何度も掻いていたり、見た目も赤くなるので発見しやすいでしょう。

次は、「胃捻転」です。

この病気は、アイリッシュレッドアンドホワイトセッターのような大型犬に多い病気と言われています。

一般的に食後に発症します。

食後に元気が無くなったり、落ち着かなくなったり、よだれの量が多くなったり、嘔吐など、苦しそうな呼吸をしていたら発症している可能性があります。

重症の場合は死に至るので、早期発見、早期治療が重要なカギとなります。

次は、「股関節形成不全」です。

この病気のサインとして、階段などの段差を嫌がったり、横座りが多くなったり等があります。

次は、「進行性網膜萎縮症」です。

この病気は目の中にある光を受容する網膜が何らかの原因で障害が起こり徐々に見えなくなっていく病気なので、この病気にかかるとよく物にぶつかったり、暗闇を怖がったり、階段の上り下りが出来なくなったり、飼い主と視線が合わなくなるなどの症状があります。

病気の予防法と対処法

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターはもともと鳥猟犬として活躍していた犬種で、とても運動量の多い活動的な犬です。

最低でも1日に60分を2回程連れていってあげましょう。

更に遊びを取り入れた運動や、自由に動き回れる場所があると満足するでしょう。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの老化のスピード

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターは大型犬なので小型犬と比べると老化のスピードは早いですが、大型犬としては一般的です。

大型犬は性成熟は小型犬に比べると遅いですが、7歳を過ぎた辺りから小型犬と比較すると老化のスピードは早くなります。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの老化に伴う外見の変化

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターは、年齢を重ねると白髪が増えたり、段差などの上り下りが難しくなったり、体臭がきつくなったりします。

どの犬にも言えることですが、シニア期に入れば病気も発症しやすくなるので、普段の動きを観察したり、コミュニケーションを今まで以上にとってあげると早期発見にも繋がります。

老化に伴う外見の変化

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターに似た犬種

アイリッシュセッターゴードンセッターイングリッシュセッター

老犬におすすめの食べ物は?

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターは大型犬なので、運動量が多く、大きいだけに食事の量は多いです。

年齢を重ねると更に運動量も減ってくるので、それに合わせたフードが必要になってきます。

高タンパク、低脂肪、低カロリーを心がけましょう。

Sponsored Link

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターに適した散歩の量は?

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターはもともと鳥猟犬として活躍していた犬種で、とても運動量の多い活動的な犬です。

最低でも1日に60分を2回程連れていってあげましょう。

更に遊びを取り入れた運動や、自由に動き回れる場所があると満足するでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターは大型犬であり、とても活発な運動量の多い犬種です。

運動不足はストレスの原因となり、問題行動にも繋がりやすくなるので、毎日最低でも60分を2回ほど連れていってあげましょう。

また、飼い主と遊ぶことも好きなので、ボール投げなどの遊びをうまく取り入れて、広い場所でおもいっきり走れる自由運動も取り入れてあげると尚良いでしょう。

アイリッシュレッドアンドホワイトセッターの寿命に関するまとめ

ホワイトと、レッドの2色のカラーが特徴のアイリッシュレッドアンドホワイトセッター。

とても穏やかな性格で小さな子供や他の動物たちとも仲良くなれる優秀犬です。

もともと猟犬として働いていたため、動きはとても俊敏です。

日本ではとても希少で珍しく、ペットショップで見かけることはほぼありませんね。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

ブラッシングや散歩、遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

コメントを残す

*