ka-ri-ko-tetdoretoriba-i

カーリーコーテッドレトリバーの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【カーリーコーテッドレトリバー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

カーリーコーテッドレトリバーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、カーリーコーテッドレトリバーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

カーリーコーテッドレトリバーの画像

カーリーコーテッドレトリバーの平均寿命は?

カーリーコーデットレトリバーの平均寿命は大体12歳から13歳と言われています。

大型犬の平均寿命はおよそ10~13年と言われていますので、カーリーコーデットレトリバーの寿命は大体平均的と言えます。

カーリーコーテッドレトリバーの寿命と長生きするコツ

カーリーコーデットレトリバーの平均寿命は12歳から13歳前後ですので、大型犬としてほぼ一般的です。

カーリーコーデットレトリバーは大型犬なので運動量も多いです。

1日に1時間程度の散歩を2回するようにしてください。

たっぷり運動することによってストレスも溜まりにくく病気も発症しにくくなるでしょう。

また、水遊びが大好きな犬種なので、泳ぎも得意です。

カーリーコーデットレトリバーは大型犬が発症しやすい「股関節形成不全」になりやすいので、滑りやすい床などで生活する場合は滑り止めの素材の敷物を敷くなどの工夫が必要になってきます。

普段と歩き方が違うなど、おかしいなと感じたら病院に連れていくようにしましょう。

カーリーコーデットレトリバーの被毛はアンダーコートと呼ばれる下毛がありませんのでお手入れは簡単ですが、巻き毛の犬種なので毛が絡まりやすいです。

定期的なブラッシングを怠らないようにしましょう。

Sponsored Link

カーリーコーテッドレトリバーのかかりやすい病気は?

カーリーコーデットレトリバーのかかりやすい病気としては、大型犬に多く発症する太ももの骨と股関節に異常をきたす「股関節形成不全」、先天性要因と後天性要因がありますが主に加齢が原因で発症が多い「白内障」、遺伝性の病気とされていて、角膜に白濁が見受けられるのが特徴の「角膜ジストロフィー」、胃がねじれてしまう「胃捻転」、遺伝性の病気と言われていて、レトリバー種に発症しやすい「進行性網膜萎縮症」等があります。

カーリーコーテッドレトリバーの病気のサイン

カーリーコーデットレトリバーのかかりやすい病気としては、まず「股関節形成不全」があります。

この病気のサインとして、階段などの段差を嫌がったり、横座りが多くなったり等があります。

次に「白内障」です。

白内障は視力が低下してくるので、物によくぶつかることが増えたら早めに病院に受信することをお薦めします。

次は「角膜ジストロフィー」です。

症状として角膜に白い斑点が現れる病気です。

白内障と似ているので間違えやすいですが、角膜ジストロフィーは白内障と違い光を嫌がります。

失明することもないので全く見えなくなるということはありません。

斑点が出る箇所も違います。

白内障は黒目全体が白っぽくなりますが、角膜ジストロフィーは目の中心部分のみ斑点が見られます。

よく観察してみれば区別が付きやすいので、ある程度見分けがつくことが出来ます。

「胃捻転」は文字通り胃がねじれてしまう病気ですので腹部をさわると痛がります。

一般的には食後数時間以内で発症し、元気がなくなったり、ヨダレをダラダラと垂らしたり、ゲップ、嘔吐や、呼吸が苦しそうであれば注意が必要です。

このようなサインがあればすぐに病院に連れていくようにしましょう。

食べるときに、食器の高さを首の高さにしてあげるだけでも発症しにくくなります。

「進行性網膜萎縮症」は網膜になんらかの障害が起こり、少しずつ見えなくなっていく病気です。

症状としては、よく物にぶつかる、暗闇をいやがる、飼い主との目線が合わない等があります。

どの病気もなんらかのサインがあるので、少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に連れていくようにしましょう。

病気の予防法と対処法

カーリーコーデットレトリバーは大型犬で運動量も多いので、毎日の散歩は欠かせません。

1日に1時間程度の散歩を2回してあげることで、運動不足を解消することが出来るでしょう。

カーリーコーテッドレトリバーの老化のスピード

大型犬なので小型犬と比べると老化のスピードは早いですが、大型犬としては一般的です。

大型犬は性成熟は小型犬に比べると遅いですが、7歳を過ぎた辺りから小型犬と比較すると老化のスピードは早くなります。

カーリーコーテッドレトリバーの老化に伴う外見の変化

カーリーコーデットレトリバーは年齢を重ねると白髪が増えたり、段差などの上り下りが難しくなったり、体臭がきつくなったりします。

どの犬にも言えることですが、シニア期に入れば病気も発症しやすくなるので、普段の動きを観察したり、コミュニケーションを今まで以上にとってあげると早期発見にも繋がります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

カーリーコーデットレトリバーは運動量の多い犬種ですが、年齢を重ねると運動量も減ってくるので、それに合わせたフードが必要になってきます。

高タンパク、低脂肪、低カロリーを心がけましょう。

Sponsored Link

カーリーコーテッドレトリバーに適した散歩の量は?

カーリーコーデットレトリバーは大型犬で運動量も多いので、毎日の散歩は欠かせません。

1日に1時間程度の散歩を2回してあげることで、運動不足を解消することが出来るでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

カーリーコーデットレトリバーは大型犬なので、十分な運動が必要になります。

また泳ぎも得意なので水遊びをさせてあげるとストレス発散にも繋がります。

カーリーコーデットレトリバーは人間に従順なのでしつけもしやすいです。

しかし、繊細な面もあるので褒めて伸ばしてあげてください。

カーリーコーテッドレトリバーの寿命に関するまとめ

クルクルとした巻き毛がとても可愛らしいカーリーコーデットレトリバー。

賢く芸も覚えるので飼い主の良きパートナーとなってくれることでしょう。

少しでも長く元気で過ごしていく為には毎日の健康管理は重要です。

ブラッシングや散歩、遊びなどを通して少しでもいつとも違う変化を見逃さないようにしましょう。

観察眼にも優れています。

強い信頼関係できっと飼い主が喜ぶことをしてくれるようになるでしょう。

いつまでも健康で居てくれたら最高ですね。

コメントを残す

*