kyabariakingutya-ruzusupanieru-i

キングチャールズスパニエルの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【キングチャールズスパニエル】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

キングチャールズスパニエルの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、キングチャールズスパニエルのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

キングチャールズスパニエルの画像

キングチャールズスパニエルの平均寿命は?

キングチャールズスパニエルの平均寿命は12年から14年と言われています。

キャバリアキングチャールズスパニエルととても似ていますが体高も体重もキングチャールズスパニエルの方が小さくなります。

見た目もよく見ると違いがあります。

キャバリアキングチャールズスパニエルと比べると鼻が潰れています。

寿命はキャバリアキングチャールズスパニエルもキングチャールズスパニエルも違いはありません。

キングチャールズスパニエルの寿命と長生きするコツ

キングチャールズスパニエルの平均寿命は12年から14年と言われています。

もともと遺伝性の僧帽弁閉鎖不全症という疾患を持っている犬が多いので、少しでも長く一緒にいるために幼少期から定期的に心臓の検査を受けた方がいいでしょう。

僧帽弁閉鎖不全症の完治は残念ながら今のところありませんが、症状の暖和や進行を抑える事はできるので、早期発見、治療はとても重要になってきます。

キングチャールズスパニエルは温度差にも弱い犬種と言われています。

外飼いではなく室内で飼いましょう。

熱中症にもなりやすいので、注意が必要です。

関節がよわいところがあるので、床材にも注意した方が良さそうです。

飼育環境の床材がフローリングならば、とても滑りやすく危険ですので、滑り止め加工がしてある材質のマットを敷いてあげたりなどの工夫が必要になってきます。

キングチャールズスパニエルの被毛は柔らかいのでとても絡みやすいです。

毛玉も出来やすいので定期的なブラッシングが必要です。

抜け毛も多い犬種なので年に2回ある換毛期は大量に抜けますのでその時期は特にマメにブラッシングしてあげると皮膚病にもなりにくくなるでしょう。

Sponsored Link

キングチャールズスパニエルのかかりやすい病気は?

キングチャールズスパニエルのかかりやすい病気としてあげられるのが、まずは「外耳炎」です。

外耳炎は、耳の中にある外耳道が炎症する病気です。

キングチャールズスパニエルは、垂れ耳なので、耳の中が汚れやすいので外耳炎になりやすいです。

次に、膝蓋骨脱臼です。

膝蓋骨は膝にある膝蓋骨と呼ばれる部分が、正しい位置からずれてしまう病気です。

次に「熱中症」です。

キングチャールズスパニエルに限らず短頭種の犬種は体内の熱を逃がすのが苦手です。

次は「遺伝性僧帽弁閉鎖不全症」です。

遺伝性の病気で、心臓の中にある僧帽弁が閉じなくなってしまい、血液が逆流する病気です。

キングチャールズスパニエルの病気のサイン

キングチャールズスパニエルのかかりやすい病気とそのサインをお伝えしていきたいと思います。

まずは「外耳炎」です。

外耳炎を発症すると耳の臭いがキツくなったり、耳を掻こうとする行為が頻繁に見られます。

「膝蓋骨脱臼」は、発症すると足を浮かせて歩くような不自然な歩き方になります。

「熱中症」は、ぐったりして元気がなくなったり、体温が高くなります。

よだれも大量に出て呼吸も荒くなるので、発見しやすいです。

「遺伝性僧帽弁閉鎖不全症」は、あまり症状に現れないので大変見つけにくいですが、元気がなくなったり食欲がなくなり痩せてきたら遺伝性僧帽弁閉鎖不全症の疑いがあります。

早めに病院に連れていきましょう。

病気の予防法と対処法

キングチャールズスパニエルはとても元気な性格なのですが、小型犬ですので、運動量は少ない方です。

しかしストレス発散や気分転換、さらには犬の社会化にも繋がるので、毎日散歩に連れていってあげると良いでしょう。

目安としては、毎日30分程度の散歩が良いでしょう。

しかし、関節に強い犬種ではないので、あまりに激しい運動などはしない方が良いでしょう。

キングチャールズスパニエルの老化のスピード

キングチャールズスパニエルは小型犬ですので、大型犬よりは老化のスピードは遅い傾向にあります。

キングチャールズスパニエルの老化に伴う外見の変化

キングチャールズスパニエルが年齢を重ねると白髪が増えたり、段差などの上り下りが難しくなったり、体臭がきつくなったりします。

どの犬にも言えることですが、シニア期に入れば病気も発症しやすくなるので、普段の動きを観察したり、コミュニケーションを今まで以上にとってあげると早期発見にも繋がります。

老化に伴う外見の変化

キングチャールズスパニエルに似た犬種

キャバリアキングチャールズスパニエル

老犬におすすめの食べ物は?

キングチャールズスパニエルは小型犬ですので、6歳から7歳くらいにはシニア期に入ります。

キングチャールズスパニエルは食欲が旺盛なので沢山食べます。

ですが、シニア期に入ると運動量も代謝も落ちてきているので、ジュニア期の頃と同じような食生活ではあっという間に肥満になってしまいます。

シニア期に入ったら、カロリーの低いフードに切り替えてあげるのが望ましいでしょう。

Sponsored Link

キングチャールズスパニエルに適した散歩の量は?

キングチャールズスパニエルはとても元気な性格なのですが、小型犬ですので、運動量は少ない方です。

しかしストレス発散や気分転換、さらには犬の社会化にも繋がるので、毎日散歩に連れていってあげると良いでしょう。

目安としては、毎日30分程度の散歩が良いでしょう。

しかし、関節に強い犬種ではないので、あまりに激しい運動などはしない方が良いでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

キングチャールズスパニエルは小型犬ですので、運動量もそこまで多くはないです。

しかし散歩はストレス発散にも繋がるので毎日行ってあげると良いでしょう。

関節が弱いところがあるので、滑りやすい床材には滑り止めの素材の敷物を敷くなどの工夫が必要になってきます。

キングチャールズスパニエルの毛は柔らかいので、絡まりやすく抜け毛の多い犬種です。

美しい毛並みを保つためにも毎日のブラッシングはお薦めです。

ブラッシングをすることによって、皮膚病も予防できますし、愛犬とのコミュニケーションにも役立ちます。

キングチャールズスパニエルは温厚な性格なのでしつけはしやすいです。

頭も良い犬種なので、何でもすぐに覚えてくれるでしょう。

キングチャールズスパニエルは甘えん坊な所があるので、飼い主とベッタリすることを好む子が多いです。

しかし留守番しなくてはならない場面も必ず出てくるので小さい頃から一人で留守番を慣れさせておくと良いでしょう。

キングチャールズスパニエルの寿命に関するまとめ

フサフサとした飾り気の耳が魅力なキングチャールズスパニエル。

甘えん坊で、温厚で子供に寛容な性格で周りが明るくするのが大得意。

ずっと長生きして欲しいですね。

キングチャールズスパニエルは遺伝性の疾患を持っている子が多いので、普段の生活の中でのちょっとした変化にも気づくようにしてあげましょう。

定期的に動物病院で定期検診を受けると、病気の早期発見や早期治療に繋がります。

毎日の健康管理とたくさんの愛情を注ぎ、いつまでも健康で長生きしてもらいましょう。

コメントを残す

*