thi-kappupu-doru-i

ティーカッププードルの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ティーカッププードル】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ティーカッププードルの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ティーカッププードルのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ティーカッププードルの画像

ティーカッププードルの平均寿命は?

トイプードルの中でも2キロ以下の小柄な個体をティーカップトイプードルと呼んでいますが、ティーカップを注意深くうまくブリーディングを行っているブリーダー出身の犬の中には15歳~18歳まで生きている健康な個体もいます。

それは超小型犬のために、成長がとてもゆっくりなので長寿なのだそうです。

ところが問題はただの栄養失調や奇形のトイプードルの子犬までもをティーカップとして売り出している業者がいることです。

愛護の面でもそういった悪徳ブリーダーにつかまされないで、正しい繁殖を行っているブリーダーの下で購入するようにしましょう。

ティーカッププードルの寿命と長生きするコツ

ティーカップトイプードルという犬種はJKCでは認められていないものの、トイプードルのミニチュ版としてとうに世の中にその認識と知名度が浸透しています。

このティーカップトイプードルの寿命ですが、一説には非常に長寿だといわれています。

しかしあまりにも流行し乱繁殖が行われた結果、ただの未熟児子犬や奇形までもティーカップと呼んだりし、そして自然分娩させないで早くに帝王切開をさせ母体から取り出し大きくさせないように母乳ではなく砂糖水しか飲ませない繁殖業者も存在しています。

こういった「ティーカップ」はむろん短命です。

免疫介在性溶血性貧血、進行性網膜萎縮症、クッシング症候群そして度重なる骨折や脳の異常を持った個体も出回ってしまっています。

購入の際には正しいブリーディングの知識があり、犬の健康を第一に考え作り出しているブリーダーを探し、そこでティーカップサイズのトイプードルを入手することをお勧めいたします。

Sponsored Link

ティーカッププードルのかかりやすい病気は?

ティーカップトイプードルの中には18年生きる個体もいます。

しかし純血種なので、先天性疾患を持っています。

ティーカップトイプードルがかかりやすい病気は白内障、膀胱結石、皮膚腫瘍、気管虚脱、クッシング病です。

これらの特定の病気の発症を阻止するためにできることは、飼い主が常に愛犬を注意深く観察をし続けることです。

また最小限に発症を防ぐためには、どのようにケアをすればいいのか、あなたの愛犬に最も適した予防法を信頼できる獣医とコンサルティングを続けることです。

ティーカッププードルの病気のサイン

ティーカップトイプードルがかかりやすい病気のサインを抑えておくことは非常に重要です。

排尿の回数とその量、そして血が混ざっていないかのときは膀胱結石などの疑いがあります。

また何もないときにぜーぜー苦しんでいないかまたは咳をしていないかというときは気管支虚脱や気管支喘息の可能性も考えられます。

そして歩行中につまづいたり何かにぶつかるようになれば白内障の可能性もありうります。

眼球のレンズが曇ってきていないかチェックをしてください。

病気の予防法と対処法

ティーカップトイプードルは華奢な骨格をした超小型トイプードルです。

よって無理な散歩は逆に腰痛などの原因にもなりかねません。

無理はさせずなるべく土の上を毎日一回は散歩させるようにしてください。

犬の社会化学習のためにも外に連れ出すことは推奨します。

しかし体格の大きい犬と遊ばせることは事故にもつながりやすくなります。

ドッグランなどでも絶対に目を離さないようにしてください。

ティーカッププードルの老化のスピード

ティーカップトイプードルの老化のスピードは緩やかなものです。

しかしやはり純血種なのでこの犬種特有のかかりやすい病気というものもいくつか存在します。

それらの予防に努め、適度な運動もさせ大事に育てれば15歳超えも可能性がある犬です。

ティーカッププードルの老化に伴う外見の変化

ティーカップトイプードルはその名のとおり非常に小さく華奢にみえる超小型犬です。

年老いても子犬と見間違えられることが度々あることでしょう

しかしトイプードルですので、色が抜けていきます。

段々と白っぽくなり、特にシルバーの毛色のティーカップトイプードルは白内障になりやすい傾向もあります。

子犬の時からサングラスや翼のある帽子を被ることを慣らしておくのもいいかもしれません。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ティーカップトイプードルは食が細い個体も多いです。

その場合は食べやすいようにドライをふやかしたり温めて匂いをつけたりまたは手作りフードを与えてみましょう。

シニア期にお勧めなのは生の馬肉や生のラム肉です。

特に生のラム肉はコルステロール値が低く心臓病予防にもなるといわれています。

ただしいきなり生肉食に切り替えると下痢をしやすくなります。

また生肉食に抵抗がある方は信頼あるペット専用の精肉店でお試しサイズのみ購入し、最初は茹でて与えてみることをお勧めします。

生肉食は犬にとって合う合わないはあります。

決して無理はさせず、もしあなたに愛犬にとても合っているようならば獣医に相談の下、生肉食継続もいいと思います。

Sponsored Link

ティーカッププードルに適した散歩の量は?

ティーカップトイプードルは華奢な骨格をした超小型トイプードルです。

よって無理な散歩は逆に腰痛などの原因にもなりかねません。

無理はさせずなるべく土の上を毎日一回は散歩させるようにしてください。

犬の社会化学習のためにも外に連れ出すことは推奨します。

しかし体格の大きい犬と遊ばせることは事故にもつながりやすくなります。

ドッグランなどでも絶対に目を離さないようにしてください。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ストレスをためないように飼い主がすべきことできることは、いくら2キロもないティーカップトイプードルでも犬は犬です

部屋の中の狭いケージに入れっぱなしにしないで、筋力をつけさせ刺激を与えるためにも毎日一回は散歩に連れ出してください。

ただし怖がりなティーカップトイプードルが多いので、無理はさせずまた骨格が華奢なので首輪をぐいぐい引っ張らないように気を付けましょう。

ティーカッププードルの寿命に関するまとめ

ティーカップトイプードルの子犬を購入する際の注意は、そのブリーダーが正しい繁殖技術で生み出した健康なティーカップトイプードルなのか、または栄養失調の未熟児をティーカップトイプードルという名称で売り出しているのかを見極めることです。

健康体のティーカップトイプードルは先天性疾患の早期発見と予防とケアを気を付けながら育てればうまくいけばとても長生きできます。

そもそもこの犬は見た目がとても可愛らしくそこにいるだけで心を和ませてくれます。

あなたにとってかけがないのない愛でる存在になること間違いないでしょう。

コメントを残す

*