dogoanheruthi-no-i

ドゴアルヘンティーノの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ドゴアルヘンティーノ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ドゴアルヘンティーノの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ドゴアルヘンティーノのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ドゴアルヘンティーノの画像

ドゴアルヘンティーノの平均寿命は?

ガッシリとした筋肉質な体つきに垂れた耳が特徴的なドゴアルヘンティーノの平均寿命は9年~12年と言われています。

大型犬の中でも平均的な寿命で病気が少なく比較的健康な犬種ですが、大きな体は関節や臓器への負担となってしまう傾向があるようです。

ドゴアルヘンティーノの寿命と長生きするコツ

ドゴアルヘンティーノは防衛本能が強く現れる犬種です。

様々な事に警戒し、飼い主にすら噛みつく可能性があります。

その本能を成犬までに落ち着かせる躾が必要です。

あまり社交的な犬種ではないですが、子犬の頃から知らない場所、人、動物に慣れさせるトレーニングをお勧めします。

社会性を身に付けさせる事がドゴアルヘンティーノの躾の第一歩なのです。

飼い主は特に愛犬とのコミュニケーションをしっかりと取る様にしましょう。

飼い主との主従関係がしっかりとできている状態ならどんな事があってもドゴアルヘンティーノは飼い主の指示を待つ体制でいますが、コミュニケーションが不足していると飼い主の言う事に耳を貸さなくなります。

そして、運動量が非常に多い犬種です。

運動不足はストレスとなり、攻撃的で乱暴になる可能性があります。

購入を決める際はご自宅の環境とご自身のスケジュールがドゴアルヘンティーノを飼育するに相応しいかをよく考えてから決断しましょう。

Sponsored Link

ドゴアルヘンティーノのかかりやすい病気は?

ドゴアルヘンティーノは比較的健康な犬種ですが、全く病気にならない訳ではありません。

ドゴアルヘンティーノがかかりやすい疾患だけでも知識として覚えておきましょう。

毛包中症は毛包虫(ニキビダニ)が体に寄生して毛包や皮脂線に炎症を引き起こす病気です。

生後4~9ヶ月のドゴアルヘンティーノの多くみられると言われています。

股関節形成不全は股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、歩行異常などの様々な症状を引き起こすと言われています。

胃捻転は胃が大量のガスで膨れ上がり、胃がねじれてしまう病気です。

発狂すると緊急性が高く、早急に治療をしないとショックで死に至る事があります。

ドゴアルヘンティーノの病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。

どんな病気も重症化すると取り返しがつかない事態になる事があります。

日頃の健康チェックを怠らない様にしましょう。

毛包中症は口や目の周辺、顔面、四肢の先端に脱毛が起き、重症化すると前進に広がってしまいます。

二次感染が起こると出血や化膿といった酷い症状が現れるので初期症状を見つけたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

股関節形成不全は歩行や四肢に異常が出る場合があります。

横座りをしたり、腰を振るように歩いたり、四肢をつっぱるように歩いたり、ウサギ跳びの様に後ろ足を一緒に動かしたり、立ち上がりに時間がかかったり、高い所の上り降りができなくなったりします。

重症化すると歩行が困難になる可能性があるので、歩行に異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

胃捻転はお腹が膨れたり、異常な量のよだれを垂らしたり、ゲップをしたり、吐き気や嘔吐を伴ったり、腹痛、呼吸が苦しそうなどの症状が現れます。

そのままにしておくとショックで死に至る病気なので発症した兆候が見えたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

病気の予防法と対処法

獣猟犬のドゴアルヘンティーノは豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

ドゴアルヘンティーノの噛む力は500㎏を超えると言われていてその力で破壊的行動を取られたらたまったものではないですよね。

散歩は1日2回1回1時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があるので、ご自宅近くの大型犬用ドッグランを調べておきましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定するでしょう。

ドゴアルヘンティーノの老化のスピード

平均寿命が9年~12年のドゴアルヘンティーノは活発な大型犬ですが、7歳を過ぎた辺りから老化が進む可能性があります。

あまり走らなくなったり、食欲が落ちてフードを残す様になったり、寝てばかりいる様になったりなど、若い頃に比べて活発さが無くなるでしょう。

何かしらの病気を発症している可能性がある為、健康診断を怠らないようにしましょう。

ドゴアルヘンティーノの老化に伴う外見の変化

ドゴアルヘンティーノは体高が61㎝~69㎝、体重が35㎏~45㎏の大型犬です。

ガッシリした筋肉質な体型が特徴的な犬種ですが、老齢化が進むと筋肉が落ちて痩せた様な体型になる可能性があります。

お腹は弛み、散歩に出たがらなくなる事もあります。

運動不足で肥満体型になる可能性があるので散歩はしっかりと行う様にしましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ドゴアルヘンティーノは飼育する際に豊富な運動量を必要とします。

なので運動量に見合ったフードを飼い主が選び与える事も大切です。

栄養価が高く良質なフードを選ぶようにしましょう。

運動量が多いドゴアルヘンティーノは肥満になりやすい傾向もある為、高タンパクで脂肪率が少ないフードを選びましょう。

脂肪燃焼を促進させるカルニチンが含まれたものを選びましょう。

関節のケアに良いグルコサミンやコンドロイチン等のサプリメントを与える事も必要です。

老齢化が進んだドゴアルヘンティーノは食欲が落ちてくるので、このフードにミルクをかけたり、ふやかしたり、茹でたささみを細かく裂いて混ぜたりして食欲を刺激しましょう。

缶詰やパウチタイプのフードは脂肪分が多い為毎日与える事はお勧めしません。

Sponsored Link

ドゴアルヘンティーノに適した散歩の量は?

獣猟犬のドゴアルヘンティーノは豊富な運動量が必要です。

運動不足になると退屈からくるストレスで乱暴で攻撃的になったり、破壊的行動が増える事があります。

ドゴアルヘンティーノの噛む力は500㎏を超えると言われていてその力で破壊的行動を取られたらたまったものではないですよね。

散歩は1日2回1回1時間以上行う様にしましょう。

歩くだけではなく、早歩きやジョギングを入れた運動をする様にしましょう。

定期的に広い場所で自由運動をさせる必要があるので、ご自宅近くの大型犬用ドッグランを調べておきましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの遊びを覚えさせてあげるとストレスが緩和されて心身共に安定するでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ドゴアルヘンティーノはストレスが溜まると攻撃的になって破壊的行動が多くなります。

その多くの原因が運動不足によるストレスです。

ドゴアルヘンティーノを飼育する際はご自宅の環境とご自身のスケジュールが飼育に向いているかを良く考えてから購入しましょう。

運動時間をしっかり確保するとともに栄養バランスの良い食事を与えるようにしましょう。

ドゴアルヘンティーノの寿命に関するまとめ

獣猟犬として生産されたドゴアルヘンティーノは躾次第では子供や他の動物と十分仲良くできる犬種です。

初期の躾をしっかりと行う事が大切で、躾に自信が無い方はブリーダーに一定期間預ける事も必要です。

運動時間をしっかり確保する必要があり、運動不足になる事は避ける様にしましょう。

飼い主がしっかりと躾をして、心身共にケアができれば人間に対してとても友好的で忠誠心が強くまじめな性格の犬種です。

そんなドゴアルヘンティーノの健康をしっかりと守っていきましょう。

コメントを残す

*