no-fo-kuteria-i

ノーフォークテリアの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ノーフォークテリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ノーフォークテリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ノーフォークテリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ノーフォークテリアの画像

ノーフォークテリアの平均寿命は?

短い足に毛むくじゃらな体のノーフォークテリアの平均寿命は12年~15年と言われています。

室内で飼育した方が寿命が延びるとも言われています。

あくまでも平均寿命なので飼育環境や健康管理をしっかり行っていればもっと長く生きる事もあるでしょう。

ノーフォークテリアの寿命と長生きするコツ

ノーフォークテリアは比較的大人しい犬種です。

飼い主やその家族と一緒に過ごす事が好きな犬種なのでコミュニケーションがしっかりと取れる飼い主向きです。

小型犬である為、大きな段差を頻繁に移動しなければならない環境で飼育すると膝や腰に大きな負担がかかってしまいます。

運動量が小型犬の割には多い犬種なので運動時間はしっかりと確保しましょう。

気が強い性格なので躾ではしっかり怒る事も大切です。

褒めると叱るのメリハリをしっかりとつける様にしましょう。

躾の段階では無駄吠えをさせない躾も大切です。

忠誠心が強く、独占意欲も強い犬種なので飼い主が他の動物に愛情を注いでいるのを見ると嫉妬心で悪戯をしたり、他の動物に意地悪をしたり、破壊的行動に走ったりします。

多頭飼いはあまりお勧めしませんが、万が一他の動物と一緒に飼育する際はノーフォークテリアにも大げさなくらいの愛情表現してあげましょう。

体毛が長い為毎日のブラッシングやコーミングが必要です。

Sponsored Link

ノーフォークテリアのかかりやすい病気は?

ノーフォークテリアがかかりやすい疾患は様々ですが、知識として覚えておく事は発症を早期発見する為にとても重要です。

重要性の高い病気だけでも覚えておきましょう。

後ろ足にある皿の部分が正しい位置から内側や外側へとずれてしまう膝蓋骨脱臼、眼圧が異常に高くなる事が原因で発症する緑内障、瞳の水晶体が白く濁ってしまう白内障、股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、歩行異常などの様々な症状を引き起こすと言われている股関節形成不全、耳に炎症が起こり悪臭を放つ外耳炎などがあります。

ノーフォークテリアの病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

それを飼い主が見つける事で重大な病気の早期発見に繋がります。

膝蓋骨脱臼は足を引きずって歩いていたり、曲げにくそうにしていたら脱臼の可能性があります。

股関節形成不全は歩行や四肢に異常が出る場合があります。

横座りをしたり、腰を振るように歩いたり、四肢をつっぱるように歩いたり、ウサギ跳びの様に後ろ足を一緒に動かしたり、立ち上がりに時間がかかったり、高い所の上り降りができなくなったりします。

重症化すると歩行が困難になる可能性があるので、歩行に異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

緑内障は眼球に痛みを伴う事がある為、目を気にしたり瞑ったままになる事があります。

白内障は瞳の水晶体が白く濁ります。

外耳炎は耳に炎症が起きて痒がったり、酷い悪臭がします。

病気の予防法と対処法

とても活発で運動量が多いノーフォークテリアは朝と夕に1時間づつ運動をする必要があります。

ただ歩くだけではなく、ジョギングを交えたり、ダッシュなどを組み込んだ散歩をしましょう。

賢い犬種なのでボール遊びやフリスビーなどを覚えさせて遊んであげる事も良いでしょう。

定期的にドッグランへ連れて行き自由運動をさせてあげる事も必要です。

飼い主とのコミュニケーションがしっかり取れていると心身共に安定するので、頻繁にコミュニケーションが取れる運動や遊びをする様にしましょう。

ノーフォークテリアの老化のスピード

平均寿命が12年~15年ノーフォークテリアは元より元気いっぱいな犬種なのですが10歳を過ぎた辺りからあまり走らなくなったり、ジャンプができなくなったり、食欲が落ちてフードを残す様になったり、寝てばかりいるようになったりと老齢化が見える様になってきます。

ノーフォークテリアの老化に伴う外見の変化

ノーフォークテリアは活発な犬種の為、あまり見た目に老齢化が見えない可能性があります。

かなりの年齢になっても元気に歩いている事が多いです。

しかし、老齢化が進む白内障や緑内障等の目の病気を発症したり、フードを残したり、躓く事が多くなったりと行動や病気が老化現象の一つとして見られる事が多くなるでしょう。

10歳頃を過ぎたら様々な老化現象が出てくるので、日頃の健康チェックは忘れなようにしましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ノーフォークテリアはとても活発な犬種です。

一日の運動量が多い上に元気な愛犬には栄養バランスが整ったフードを選ぶ必要があります。

動物性タンパク質が豊富で脂肪燃焼を助けるビタミンB1、B2などを多く含むものが最適ち言われています。

中にはアヒル肉を使用したフードなどもあり、活発な犬種には最適と言われています。

皮膚が弱い犬種でもある為、皮膚のケアに良いとされている栄養素が入っているとさらに良いです。

アレルギー性皮膚炎になる可能性があるr為、フードは無添加で、グルテンフリー(穀物を一切使わない)ヒューマングレード(人の口に入るものと同等の品質基準の食材を使用)のものを選ぶようにしましょう。

ノーフォークテリアの老齢化が進んだらこのフードをふやかしたり、缶詰めやパウチタイプのフードと混ぜたりし食欲を刺激しましょう。

ミルクをかけてあげるのもお勧めです。

茹でたささみやラム肉を細かくしてフードに混ぜて与える事も食欲増進の一つの手です。

Sponsored Link

ノーフォークテリアに適した散歩の量は?

とても活発で運動量が多いノーフォークテリアは朝と夕に1時間づつ運動をする必要があります。

ただ歩くだけではなく、ジョギングを交えたり、ダッシュなどを組み込んだ散歩をしましょう。

賢い犬種なのでボール遊びやフリスビーなどを覚えさせて遊んであげる事も良いでしょう。

定期的にドッグランへ連れて行き自由運動をさせてあげる事も必要です。

飼い主とのコミュニケーションがしっかり取れていると心身共に安定するので、頻繁にコミュニケーションが取れる運動や遊びをする様にしましょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

社会的で協調性があり、犬を飼育する初心者も安心して飼う事ができるノーフォークテリアは、飼い主とのコミュニケーションを大事にする犬種です。

ひとりぼっちの状態で飼育するとストレスから閉鎖的な性格になり攻撃性が出る可能性があります。

ノーフォークテリアと触れ合う時間をしっかり取る様にしましょう。

運動量が多い犬種なので毎日しっかりと運動をこなしてあげましょう。

ノーフォークテリアの寿命に関するまとめ

短い足と小さな体が可愛らしいノーフォークテリアは飼育のしやすさも魅力の犬種です。

飼い主と一緒に行動するのが好きなので、ちょこちょこと足元をついて回る姿はとても可愛らしいですよ。

とても賢い犬種なのでトレーニングや躾もすぐに理解します。

芸を覚えさせるのも楽しいですね。

何か一つでも良い事ができたら沢山褒めてあげて下さい。

そんなノーフォークテリアの寿命が少しでも長くなるように環境や食事を飼い主がしっかり管理しましょう。

コメントを残す

*