ノーリッチテリア

ノーリッチテリアの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ノーリッチテリア】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ノーリッチテリアの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ノーリッチテリアのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ノーリッチテリアの画像

ノーリッチテリアの平均寿命は?

人懐っこく甘えん坊な性格のノーリッチテリアの平均寿命は14年と言われています。

遺伝性の重い病気も無く、ネズミ捕り様の犬種だった為体力があり、病気にも強い抵抗力を持っています。

しかし、小型犬特有の病気には注意が必要です。

ノーリッチテリアの寿命と長生きするコツ

ノーリッチテリアは活発な犬種なので購入を決める際はご自宅に思いっきり走る事ができる環境を用意してあげましょう。

運動量はあまり多くないですが狭い環境で飼うとストレスが溜まってしまい閉鎖的な性格になる可能性があるので気をつけましょう。

コミュニケーションをしっかり取る事が必要な犬種なのでスキンシップを取る時間を作る様にしてください。

針金のように固い毛を持っているので、古くなった毛を定期的に抜いてあげる事が必要です。

小さい頃からグルーミングには慣らしておきましょう。

寒さには弱い犬種なので冬場は室内で飼育する事をお勧めします。

必要なら洋服を着せて温かくしてあげると良いでしょう。

テリア種の中でも比較的飼いやすい犬種なので躾やトレーニングもちゃんと覚えます。

しかし、一度自分の方が上だと判断すると途端に言う事を聞かなくなり、攻撃性や破壊的行動、飼い主に噛みついたりするので主従関係はしっかりと作る様にして下さい。

Sponsored Link

ノーリッチテリアのかかりやすい病気は?

ノーリッチテリアは遺伝性の疾患が少ない比較的健康な犬種ですが、小型犬特有の病気に気をつける必要があります。

重要度の高い病気は知識だけでも覚えておきましょう。

後ろ足にある皿の部分が正しい位置から内側や外側へとずれてしまう膝蓋骨脱臼、眼圧が異常に高くなる事が原因で発症する緑内障、瞳の水晶体が白く濁ってしまう白内障、股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、歩行異常などの様々な症状を引き起こすと言われている股関節形成不全などがあります。

ノーリッチテリアの病気のサイン

病気には様々な初期症状があります。

飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。

どんな病気も重症化すると取り返しがつかない事態になる事があります。

日頃の健康チェックを怠らない様にしましょう。

股関節形成不全は歩行や四肢に異常が出る場合があります。

横座りをしたり、腰を振るように歩いたり、四肢をつっぱるように歩いたり、ウサギ跳びの様に後ろ足を一緒に動かしたり、立ち上がりに時間がかかったり、高い所の上り降りができなくなったりします。

重症化すると歩行が困難になる可能性があるので、歩行に異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

膝蓋骨脱臼は足を引きずって歩いていたり、曲げにくそうにしていたら脱臼の可能性があります。

緑内障は眼球に痛みを伴う事がある為、目を気にしたり瞑ったままになる事があります。

白内障は瞳の水晶体が白く濁ります。

病気の予防法と対処法

小型犬で可愛らしい見た目ですが、ノーリッチテリアは元々ネズミ取り用の犬種の為、運動量は小型犬にしては多い方です。

毎日30分の運動を1日2回行う様にしましょう。

定期的にドッグランへ連れて行き自由運動をさせると良いですよ。

雨などの悪天候で散歩が難しい日はお家の中で放して遊ばせてあげると良いでしょう。

ノーリッチテリアの老化のスピード

英金寿命が14年のノーリッチテリアはかなりの年齢になっても老齢化を感じない場合があります。

活発なノーリッチテリアは老齢化しても元気に走り回る事が多く、食欲もしっかりとある個体が多いそうです。

しかし、臓器や関節は老齢化に伴い弱くなっているので走り過ぎたりしない様にしましょう。

ノーリッチテリアの老化に伴う外見の変化

ノーリッチテリアは活発な犬種の為、老齢化しても外見に出ない可能性があります。

しかし、10歳を過ぎた頃から歩行や仕草に老齢化を感じる事があるでしょう。

白内障や緑内障等の目の病気を発症したり、フードを残したり、躓く事が多くなったりと行動や病気が老化現象の一つとして見られる事が多くなるでしょう。

様々な老化現象が見えるようになってくるので定期的な健康診断を怠らない様にしましょう。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ノーリッチテリアはとても活発な犬種です。

元気な愛犬には栄養バランスが整ったフードを選ぶ必要があります。

動物性タンパク質が豊富で脂肪燃焼を助けるビタミンB1、B2などを多く含むものが最適ち言われています。

中にはアヒル肉を使用したフードなどもあり、活発な犬種には最適と言われています。

皮膚が弱い犬種でもある為、皮膚のケアに良いとされている栄養素が入っているとさらに良いです。

アレルギー性皮膚炎になる可能性があるr為、フードは無添加で、グルテンフリー(穀物を一切使わない)ヒューマングレード(人の口に入るものと同等の品質基準の食材を使用)のものを選ぶようにしましょう。

ノーリッチテリアの老齢化が進んだらこのフードをふやかしたり、缶詰めやパウチタイプのフードと混ぜたりし食欲を刺激しましょう。

ミルクをかけてあげるのもお勧めです。

茹でたささみやラム肉を細かくしてフードに混ぜて与える事も食欲増進の一つの手ですよ。

Sponsored Link

ノーリッチテリアに適した散歩の量は?

小型犬で可愛らしい見た目ですが、ノーリッチテリアは元々ネズミ取り用の犬種の為、運動量は小型犬にしては多い方です。

毎日30分の運動を1日2回行う様にしましょう。

定期的にドッグランへ連れて行き自由運動をさせると良いですよ。

雨などの悪天候で散歩が難しい日はお家の中で放して遊ばせてあげると良いでしょう。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

好奇心旺盛で活発な犬種のノーリッチテリアは陽気で人懐っこい性格です。

社交性が高い為子供や他の動物とも仲良くなれますが、小動物に関しては本能的に追いかけてしまう可能性があるので注意が必要です。

独占欲が強く、飼い主の愛情を独り占めしたい性格なので多頭飼いには向いてないかもしれません。

躾はあまり怒らず褒めて伸ばすを基本に行いましょう。

毛が固い犬種なので換毛期はブラッシングを毎日行って古い毛を落としてあげて下さい。

ノーリッチテリアの寿命に関するまとめ

人懐っこく愛らしい表情を見せるノーリッチテリアは人間に対してとても友好的で社交性がある為、テリア種の中でも飼育がしやすい犬種として人気があります。

頑固な一面もある為、あまり怒らず、褒めて伸ばすを基本に躾をすると様々な事をすんなりと覚えるでしょう。

活発で運動量も多い為、インドアな飼い主にはあまり向かない犬種ですが、ジョギングなどの体を動かす事が好きな飼い主には良いパートナーとなるでしょう。

そんなノーリッチテリアの健康を飼い主がしっかりと守ってあげましょうね。

コメントを残す

*