biadeddokori - i

ビアデッドコリーの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

犬種によって寿命はさまざまです。今回は【ビアデッドコリー】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、愛犬とできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。

ビアデッドコリーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

もちろん、愛犬にはいつまでも健康で長生きしてほしいと思いますよね。

そこで、ビアデッドコリーのかかりやすい病気やその予防法、犬種に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。

ビアデッドコリーの画像

ビアデッドコリーの平均寿命は?

ビアデッドコリーは大型犬で平均寿命は14歳~15歳であり、通常の犬と同程度の寿命になります。

ミックス犬ではないため遺伝的疾患により寿命が短くなることがありますが、生活習慣などに気を付けることにより寿命を平均よりも延ばすこともできます。

ビアデッドコリーの寿命と長生きするコツ

ビアデッドコリーは中型犬で平均寿命は14歳~15歳になります。

長生きさせるためのコツは「十分な運動をさせてあげること」「ストレスを抱え込ませないこと」「被毛の手入れをしてげること」などが挙げられます。

ビアデッドコリーは人懐っこく甘えん坊で活発なイタズラ好きな性格をしています。

友好的で他の犬や人ともすぐに仲良くなることができますので多頭飼いをすることもできます。

活発でイタズラ好きで室内などを荒らすことがあるかも知れないですが、それは、人懐っこく甘えん坊なところとイタズラ好きの性格から飼い主に構って欲しいという現れですので、その場合はきつくしかることなくたくさん遊んであげると喜びます。

ビアデッドコリーの被毛は長くて量が多いため最低でも週3~4回のブラッシングとコーミング、定期的なトリミングをしてあげる必要があります。

毛が長いためダニやノミが付着しやすく放置しておくと皮膚病にかかる恐れがあります。

また、特に顔の周りは放置しておくと目を傷つける原因になりますので十分なカットが必要になります。

Sponsored Link

ビアデッドコリーのかかりやすい病気は?

ビアデッドコリーのかかりやすい病気として股関節形成不全、眼瞼内反症、皮膚疾患、濃皮症などがあります。

股関節形成不全では股関節の形成が不全なため歩くたびに痛みがあります。

、眼瞼内反症では目ヤニや涙が多く出るようになります。

皮膚疾患では皮膚が乾燥などによる原因で痒くなります。

膿皮症では非常に強いかゆみや発疹が起こります。

ビアデッドコリーの病気のサイン

ビアデッドコリーのかかりやすい病気のサインは股関節形成不全では「腰を左右に揺らしながら歩行したりする」「スキップして歩行するようなしぐさをするようになる」といった症状がみられるようになります。

眼瞼内反症では「目ヤニや涙が多く出るようになる」「眼をこするような仕草を頻繁に行うようになる」といった症状がみられるようになります。

皮膚疾患では「体を足や手で頻繁に掻くようになる」といった症状がみられますが換毛期でも同じような症状がありますので、頻繁に掻くようでしたら皮膚疾患を疑う必要があります。

膿皮症では「強い痒みが起こるようになる」「発疹が出てくる」といった症状がみられるようになります。

病気の予防法と対処法

ビアデッドコリーは活発で元気、人懐っこくて甘えん坊、イタズラ好きな性格です。

また引き締まった体格の中型犬であり、多くの運動を必要とします。

なので散歩の量では1回1時間程度の散歩を1日2回以上行うことが必要になります。

成犬であれば2回程度で問題ありませんが、子犬や若いうちはこれくらいの量では足りず、4回程度は散歩させないといけなくなります。

1日4回程度も散歩などをすることが難しい場合はドッグランで走らせたり、アジリティなどのスポーツをさせたりすると良いです。

子犬や成犬の時はたくさん散歩させたりすることで問題ありませんが、老犬になると足が弱くなって歩行が困難になってきますが中型犬なので小型犬のように抱っこして散歩をさせてあげることができませんのでいろいろな工夫が必要になります。

ビアデッドコリーの老化のスピード

ビアデッドコリーの老化のスピードは平均寿命が14歳~15歳ということから人間の4倍のスピードで年をとります。

人間に換算すると1年で4歳年をとることになります。

ミックス犬ではないため遺伝性疾患によって病気になり寿命が短くなるリスクはありますが、生活習慣などに気を付けることで寿命を延ばすこともできます。

ビアデッドコリーの老化に伴う外見の変化

ビアデッドコリーの老化に伴う外見の変化は歩行時に足がプルプル震えるようになる、引き締まった体格が筋肉が落ち弛んでくる、活発だった動きが鈍くなるといった外見の変化が現れるようになります。

普段から遊びや散歩を通じてコミュニケーションをとることで変化が多少であっても見逃すことなく気づくことができるようになります。

老化に伴う外見の変化

老犬におすすめのの食べ物は?

ビアデッドコリーは元気で活発ですが、年をとるにつれて元気がなくなったり、引き締まった体格ですが筋力の低下や皮膚の弛みなどが見られるようになります。

この症状が出てくるくらいの老犬になってきた時にはモグワンドッグフードがオススメです。

このドッグフードには皮膚や被毛の健康を維持・促進する効果があるオメガ3脂肪さんという成分が含まれているほかに、体の機能を整えるミネラルやビタミンが多く含まれています。

主原料に動物性たんぱく質が多く含まれているさあーもんやチキンをふんだんに使われており、人工添加物や穀物が使用されていませんので安心して食べることができます。

Sponsored Link

ビアデッドコリーに適した散歩の量は?

ビアデッドコリーは活発で元気、人懐っこくて甘えん坊、イタズラ好きな性格です。

また引き締まった体格の中型犬であり、多くの運動を必要とします。

なので散歩の量では1回1時間程度の散歩を1日2回以上行うことが必要になります。

成犬であれば2回程度で問題ありませんが、子犬や若いうちはこれくらいの量では足りず、4回程度は散歩させないといけなくなります。

1日4回程度も散歩などをすることが難しい場合はドッグランで走らせたり、アジリティなどのスポーツをさせたりすると良いです。

子犬や成犬の時はたくさん散歩させたりすることで問題ありませんが、老犬になると足が弱くなって歩行が困難になってきますが中型犬なので小型犬のように抱っこして散歩をさせてあげることができませんのでいろいろな工夫が必要になります。

ストレスをかけないために飼い主が出来ること

ビアデッドコリーにストレスをかけないために飼い主としてできることは、ビアデッドコリーは引き締まった体格で1日2回以上、1回1時間程度の散歩や運動をしてあげることが必要です。

毎日の運動を疎かにし運動不足に陥ると、運動不足から室内などでの破壊行動やストレス発散の昼夜問わない無駄吠えをするようになります。

もし、たくさん散歩させることが難しいようでしたらドッグランに連れて行ったり、アジリティなどのスポーツをさせてあげることも必要になります。

社交的なので多頭飼いをしてあげることも金銭面などに余裕がある場合ならしてあげると遊び相手が増えて喜びます。

ビアデッドコリーの寿命に関するまとめ

ビアデッドコリーは活発で人懐っこく甘えん坊なイタズラ好きな性格です。

引き締まった体格で1日に多くの運動が必要になります。

平均寿命は14歳~15歳であり、遺伝性疾患による病気のリスクが少し高いですが、日々の生活週間に気を付けることで長生きをすることができます。

1日の運動量は1回1時間程度を2回以上が望ましく、これをクリアできない場合はドッグランに連れて行くなどすることをオススメします。

ビアデッドコリーの被毛は長く多いため最低でも週3回~4回のブラッシングと定期的なカットが必要になり、疎かにするとダニやノミが繁殖したり、目の病気になりますので注意が必要です。

コメントを残す

*